甲府2-1横浜FC。ピーター・ウタカ覚醒…と、大相撲の朝乃山の優勝の件。

ウタカが7戦ぶり弾含む2発!甲府が2連勝、横浜FCはイバ追撃弾も及ばず(ゲキサカ)

で、前の記事で書いたロッテ対ソフバン戦と16時からは同時刻で甲府対横浜FC戦も見てました。ここしばらく不調だったウタカ氏が2ゴール。後半は守備のミスで「あぶねー」と思うシーンも結構有りましたが、まあ逃げ切れて何より何より(笑)

https://twitter.com/vfk_official/status/1132212575838466050

↑最高の週末だ!!(感涙)

[5.25 J2第15節 甲府2-1横浜FC 中銀スタ]

 J2リーグは25日、第15節を行った。山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府と横浜FCと対戦。FWピーター・ウタカの7試合ぶりゴールを含む2発で甲府が2-1で競り勝ち、2連勝を挙げた。

 試合が動いたのは前半36分だった。甲府は自陣からMF横谷繁が一気に最終ラインの裏へパスを送ると、PA右からMF田中佑昌が中央に折り返す。これをFWピーター・ウタカが左足で流し込み、均衡を破った。さらに43分には、PA内からFW曽根田穣が左足シュートを放つが、惜しくも左ポストを直撃。リードを広げることはできなかった。

 横浜FCはハーフタイムでDF川崎裕大を下げ、DF田代真一を後半から送り込む。5分にはカウンターの流れからMF中山克広が右サイドを突破してクロスを供給。フリーのFWイバが滑り込みながら左足で合わせたが、ボールは枠の上に外れる。すると、9分に甲府が待望の追加点を奪う。

 甲府はGK竹重安希彦のゴールキックから力強いヘッドを前線へ送ると、田代の処理ミスを見逃さなかったウタカが抜け出してPA左から左足を振り抜く。鋭いシュートをニアに決め、甲府が2-0とリードを広げた。

 まずは1点を返したい横浜FCは後半12分、MF松浦拓弥を下げてFW戸島章、22分にはDF田所諒をMF渡邊一仁に代え、交代カードを使い切った。33分には、自陣右サイドから渡邊が相手の裏へロングパスを入れ、抜け出した戸島がループシュート。GK河田晃兵の頭上を越えたボールはゴール方向に飛んだが、わずかに枠を外れた。

 それでも横浜FCは後半38分、右から横にパスをつなぎ、PA左手前からDFカルフィン・ヨン・ア・ピンがクロスを入れ、イバがヘディングシュートをゴール左に決めて1-2。しかし、反撃も及ばず、試合はそのままタイムアップを迎えた。逃げ切った甲府は2連勝。横浜FCは3試合ぶりの黒星を喫した。

ここまでウタカ氏は試合には出てるものの、対戦相手に研究されてなかなか前線でシュートが打てずに悶々とするような事が多かったんですが、前節の盟主戦で、ウタカ氏が起点となってドゥドゥ様などのゴールをアシストする「いい仕事」をするようになりまして、「これはウタカ氏のプレーに幅が広がれば、きっと対戦相手も迷いが生じて近い内にウタカ氏にゴールが生まれるかもしれん」と思うようになりましたね。

スポンサーリンク

ウタカ氏が千葉ロッテのレアード様のような事を(笑)

…そしたら次の横浜FC戦でゴールが生まれた次第で。横谷から田中ユースケにパスが繋がり、ゴール前まで切り込んでの中央の折返しにウタカ氏が反応して先制点という次第でした。

そしたら、

何やらかき回して、

相棒のドゥドゥ様に何からのブツを食わせるパフォーマンスを(笑)。それを見て私、

ロッテのレアード様の、ホームランを打った後の「魚を釣って、捌いて、寿司握って、なぜかそれを三木亮に食わせる」といういつものパフォーマンスを思い出しましたわ。いやああれは盛り上がっていいですね、もっとやれ(笑)。

そしたら2点目は、

https://twitter.com/J_League/status/1132260776805191681

エアギター弾いてましたw

で、今日は甲府は35度近い「酷暑」で、しかも夏場の連日の猛暑だったら練習で汗かいたりして「体が慣れていく」んですけども、まさかの5月の猛暑で横浜FCの選手も、そして甲府の選手も守備で何度かポカミスをやらかすシーンが有りまして、最終的には甲府が2-1で勝ったという結果になりましたが後半の1失点を食らう直前には「マジか?(;゚Д゚)」と思うようなゴール前のミスが発生して甲府のGKの河田がその後好守備をしてなかったら、下手すると2-4というスコアになってたかもしれないし、お互い様で4-4という凄まじいスコアになってたかもしれないしで。いやー、後半ロスタイムの4分がこれほど長く感じるとは(苦笑)

そこらへんはウタカ氏の2得点、そして先制点のアシストをした田中ユースケをはじめとして甲府の各選手が体力を惜しまずに走りまくってくれたおかげだなあ、としみじみ思いましたね。で、今日は水戸が勝って、山形は明日なので特段の順位変動はない模様ですが、できるだけ首位に近いとこで勝ち点差をキープしつつ、2012年の「6月猛攻」…のようなものができればいいですね、はい。

ちなみに次節は、アウェイでの新潟戦。つまりは「川中島ダービー」ってやつですね。決して油断なさらぬよう。

トランプ大統領の目の前での優勝決定ならず(笑)

平幕の朝乃山が初V!三役経験なしは58年ぶり(日刊スポーツ)

で、甲府戦のロスタイムの時間帯に、パソコンが有る寝室のテレビで見てたのが大相撲中継でした。高砂部屋の朝乃山、本当に優勝しちゃった(;゚Д゚)

<大相撲夏場所>◇14日目◇25日◇東京・両国国技館

令和最初の優勝は、西前頭8枚目の朝乃山(25=高砂)が飾った。

大関豪栄道(33=境川)を寄り切って12勝目を挙げ、結びの一番で1差で追っていた横綱鶴竜(33=井筒)が関脇栃ノ心(31=春日野)に敗れ、14日目で自身の初優勝を決めた。1場所15日制定着の49年夏場所以降では昨年初場所の栃ノ心以来、21度目の平幕V。三役経験のない力士の優勝は、61年夏場所の佐田の山以来、58年ぶりとなった。

取組後インタビューに答えた朝乃山は「先に上手を取られたのでじっくり攻めた。勝ったことが1番。まだ実感はないです」と淡々と話した。今場所は優勝争いをする中で、自分の相撲をとることに集中してきた。「プレッシャーはあったけど、平常心でやってきたことが良かった」と振り返った。

ま、個人的には、今日来日した米国のトランプ大統領が明日、大相撲本場所の千秋楽に来てしかも正面のマス席をすべて買い取って椅子に座ってみる…という話を聴いてからは、

「ようし、14日目で優勝決めちゃって、トランプ涙目にしてやれ」

という悪魔のような(?)期待を抱きつつ、甲府戦と同時に中継を見てた次第でした。そしたら、

結びの一番の手前で、朝乃山が豪栄道に逆転勝ちし、

結びの一番で栃ノ心が鶴竜に勝って、マジで朝乃山の優勝が14日目に決まってしまった、という始末に(爆)

いやー、朝乃山に関しては以前から高砂部屋のホームページが大好きでよく拝読してたので、以前は朝弁慶さんが十両昇進した話とかもここの記事で書いたことがあるんですが、「おお、三段目付け出しでデビューした石橋(←本名および朝乃山の最初の四股名)がよくぞここまで」と、目を細めて見てましたねー。

ちなみに朝乃山の師匠の高砂親方はこの日はNHKラジオ第一の相撲中継の解説の担当で、テレビ中継にもそのラジオブースのとこが映ってました。幕内総合優勝だとそれこそ10年近く前に引退した横綱・朝青龍関以来の高砂部屋の優勝でしょうから、いやー、明日の打ち上げパーティーは盛り上がるんだろうなあ。

…ところでひとつ気になったのは、朝青龍が優勝の常連だった頃の日記を見てると、朝青龍が「もしかしたら今日、優勝するかも」という日、つまりは12日目から14日目あたりになると思うのですが、「優勝が決定すると」高砂部屋にものすごい数の報道陣が取材に来るのが恒例になっていて、報道陣に対して100個以上のおにぎりや飲み物を用意して振る舞ってたそうなんですね。

で、もし優勝が決まらないと当然、報道陣も来ないわけですから、飲み物はまだしも100個以上のおにぎりは幕下以下のお弟子さんのお腹におさまる、というある意味で「お約束」な出来事がたびたび日記に書かれてたんですが…今日はどうだったんだろう。明日の日記あたりがものすごく楽しみだ。

それと確か高砂親方は来年あたりが65歳の定年になる(調べたら昭和30年12月生まれなので、九州場所が終わった翌月になります)んで、親方からすると、朝青龍の後に幕内総合優勝するような凄い弟子が出てきたのと同時に、たぶんご自身が部屋の親方でいるうちに(※)自らが名乗っていた高砂部屋伝統の「朝潮」の四股名を名乗らせるかもしれないですね。それを朝乃山関が受諾するかどうかはわかりませんが…なんか「大関に上がれたら襲名します」とかになりそうな予感が(苦笑)。

※大相撲の年寄(親方)は65歳で一旦定年になるんですが、数年前から定年を迎えて退職した年寄の再雇用制度が導入されて最長で5年間協会に残れるようになりました。ただし部屋を持てない、理事・副理事になれない、給料が7割になるという制限はあるそうです。

ちなみに高砂部屋の力士としては、幕下5枚目の玉木さん(この人は朝乃山関と近畿大学の同期だそうです)が4勝3敗でもしかしたら次の次の場所ぐらいに十両を狙える位置に居て、さきほど名前が出た朝弁慶さんは怪我で一度は三段目まで落ちるも幕下18枚目で今日4勝3敗で勝ち越してやはり次の次の場所あたりに大勝ちすると再十両を狙えるような番付まで上がるようなんですね。その他、幕下・三段目に合わせて9人もいるので、稽古場での稽古も白熱するでしょうし、できれば切磋琢磨して皆でひとつでも出世できるように祈りたい次第です、はい。

しかし今日は、エアコンをつけずに窓を開けて外の風と、扇風機だけで我慢してたらなんか頭が痛くなった。うーん、これは早寝シたほうがよさそうですね。以上です。

 

ヴァンフォーレ甲府あるある
コマツサトル
ティー・オーエンタテインメント
売り上げランキング: 918,437
平成三十一年(2019年) 大相撲力士名鑑
ベースボール・マガジン社 (2019-01-17)
売り上げランキング: 2,515

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。