ま、さすがに大相撲の5月場所は無理だろうな…。

大相撲夏場所、中止へ 複数の感染者で困難と判断か 新型コロナ(毎日新聞)

さすがに3月場所と違って、「緊急事態宣言」の中、しかも実際に患者さんが出てしまった以上は「限りなく厳しい」だろうなとは思ってましたが…。何より体調不良の力士とかが無理しかねないからなあ。

日本相撲協会が新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、2週間延期した大相撲夏場所(24日初日、東京・両国国技館)を中止する方向で検討していることが3日、複数の協会関係者への取材で分かった。政府の緊急事態宣言が延長される方向になったことに加え、4月に角界で複数の感染者が出たこともあり、通常開催は困難と判断したもようだ。本場所の中止は、戦争で被災した旧両国国技館の改修が遅れた1946年夏場所、八百長問題が起きた2011年春場所に続き3回目。

 協会は4月3日の臨時理事会で、夏場所と7月の名古屋場所をそれぞれ2週間延期すると決定。当初は大型連休後の状況を見極めて、本場所の開催可否を判断する考えを示していた。

 大相撲では3月の春場所を初めて無観客で開催したが、4月10日に幕下以下の力士1人の感染が判明。同25日には高田川親方(元関脇・安芸乃島)と弟子の十両・白鷹山ら新たに6人の感染が明らかになった。

何より「不祥事」で中止に追い込まれるわけではないし、むしろ年6場所でなかなか怪我や体調不良(それは生活習慣病の方で、ですね。例えば食べすぎの糖尿病とか痛風とか…)を抱えながら、本場所と巡業で絶え間なく体のケアもできてない幕内上位の力士とかもいるでしょうし。それは八角理事長だからこそできる「英断」という事で評価するべきだと思いますね、はい。

スポンサーリンク

絶対に「無理して出場する」力士とかも出てくるでしょうから。

何より一番恐ろしいのは「国技館自体がクラスターになりかねない」という可能性であって、それこそ土俵の上で裸でぶつかり合う力士同士ですらリスクがあるのに、無症状でPCR検査を受けてない「実は陽性だった」力士や相撲関係者だってゼロというわけではないでしょう。

勿論、特に国技館の場合は確か20社・店ほどの「相撲茶屋」があるわけで(3月場所の大阪は確か8社・店ぐらいだったと記憶してますが)、この人たちへの休業補償等の難しい点も出てくるとは思いますが…「クラスターになってからだと正直、遅い」とも思うので、そこは相撲協会でケアできる部分と、国などの助成金をうまく活用したりしてできれば7月の名古屋…はまだ厳しそうだから9月の両国で再び本場所が開催できるようにしっかりと予防と対策と準備をしてほしいなと思いますね。

あとは個人的に一番気になるのが、

いやー、高田川親方と白鷹山関、本当にお大事に…。

2020年4月25日

自らの部屋がクラスター状態になってしまった高田川部屋の親方、すなわち元・安芸乃島の高田川親方が「俺のせいだ…」と過剰に気にしてないといいんですけどね。いやいや、こういうのはもう「ロシアンルーレット」みたいなもんで、通常に相撲部屋の(特に幕下以下の力士たちがひとつの大部屋で暮らしているような)生活をしてれば、どこの部屋だって罹患してもおかしくないでしょうし、ましてやあれだけ大食いの巨漢の力士たちがいれば、そりゃ食料品の買い出しとかで外に出ないわけもいかないんすから。

なのでそこは八角理事長ほか首脳陣がちゃんとフォローすると共に、高田川部屋も加わってる二所ノ関一門でちゃんと気持ちの方でケアしてあげつつ、「しっかり治して高田川部屋一同で、”次の”本場所の際に、一丸となって頑張る」ぐらいの気持ちで今はいいと思いますね。現役時代、若貴兄弟を筆頭に大相撲では「ガチンコ」で有名だった藤島→二子山部屋出身の親方だけに、余計に気を揉んでないかどうか本当に不安ですな…。

そう考えると、この5月場所が(2週間延期が決定した上で)開催してたとしたら、無理矢理に師匠も仕事に出勤しそうだし、力士たちも「部屋で迷惑をかけた分」、無理しそうでそっちの方が心配ではあったんですけどね(おそらく開催となってた場合でも高田川親方とか罹患した白鷹山関とかには相撲協会から直々に「休場宣告」はしたと思うですけどね)。

いずれにしても今の時点では、近い将来に確実に「禍転じて福となす」ように、健康に留意してなんとか気持ちとして頑張れ。ついでに怪我とか持病とかケアできるもんは今のうちにやっておけ、と言いたいですね、はい。

ウソまでついて無理しても何も良いことがない、という「実例」が。

「無理すんな」という意味ではたまたまこういうニュースが有りまして、今日。

山梨に帰省の感染女性が虚偽報告「犬心配だった」 上京は発覚後 濃厚接触者も陽性(毎日新聞)

いやーその気持ちはわからんではないが、どえらく傍迷惑な話で…。

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。女性が虚偽の説明を保健所にしていた。女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。

 同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。

 県の担当者は「この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。

 県は3日、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。県内56例目。女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。

ま、下手するとネット界隈から人物特定とかもされちゃうんだろうなこの人…。ウソにウソを重ねちゃってるからもうフォローのしようもないって感じだけど。しかも「濃厚接触者」まで陽性反応が出ちゃってるし。特に無症状でも実は陽性でした、という人もかなり多数いるらしいんで、今の時期、安直に遠出をするのは地雷原をスキップしてハイキングするぐらい危険な行為、と思ったほうがよさそうですね、こりゃ。

しかし大相撲の話に戻しますが、なんとなくだけど「もし可能であれば」の話ですが、相撲協会のツテをたどって全相撲協会の関係者にPCR検査を受けさせて、陽性であれば隔離と治療を、陰性であれば予防と健康維持を徹底させたほうがいいような気がしますね。次の7月の名古屋もおそらく5月に続いて中止か、よしんば開催できても無観客ぐらいの「制限」はつくと思うんで、治せるんだったら今のうちに治しておいて…という方がいいような気がするんだけど、無理っぽいかなあ、これ。

以上です。

※追記

この翌日に、「ところでペットに新型コロナウイルスって伝染るの?」という素朴な疑問が出てきまして、この上記の記事の「続き」を別に書きました。いやーまさかな…。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ