【千葉ロッテ】結局、五右衛門が2年連続で開幕投手という事に。

【ロッテ】石川歩、2回2安打0封で2年連続開幕投手「できることをやる」(スポーツ報知)

昨日もZOZOマリンで紅白戦でした。本来は美馬が開幕投手をつとめるところでしたが左脇腹痛になったのと新型コロナ禍で開幕延期になったのが重なり、改めて五右衛門が2年連続で決定という事に。

◆ロッテ紅白戦 白組7―2紅組=7回特別ルール=(31日・ZOZOマリン)

 ロッテの開幕投手が石川歩投手(32)に決定した。石川は31日、ZOZOでの紅白戦に先発して2回を2安打無失点。試合後、井口資仁監督(45)は「昨年に引き続き石川でいくことになりました」と、2年連続の大役を託したことを明らかにした。

 当初は楽天からFA移籍の美馬学投手(33)が有力だったが、3月のオープン戦期間中に左脇腹痛を発症。井口監督は「(美馬に)違和感がある時に、石川に『開幕いくぞ』という話をしていた」と指名の経緯を説明した。美馬もこの日の紅白戦で2回1失点と復調をアピール。指揮官は「先発陣の状態が上がってきた」と満足そうだ。

 昨年の開幕戦(対楽天)は6回途中4失点で勝敗はつかなかった石川は「光栄です。チームを勢いづける投球ができたらいい」と、いつも通りの淡々とした口調で意気込みを語った。練習試合での先発機会は2試合程度。「日があんまりないが、できることをやる」と、一気にギアを上げていく。

去年の五右衛門は前半戦がボロボロで、交流戦の巨人戦では1回はナイスピッチングだったのに2回から(菅野剛士のまずい守備もあったりして進塁を許したりして)いきなり崩れたりしたのを生観戦で視てまして「いやいやいや」と(苦笑)。

その後、8月のソフバン戦で先発の岩下が1回表に一塁ベースで足を怪我して降板したあとに3番手あたりでロングリリーフで投げた際にこれがいいピッチングで、ここから調子を取り戻した印象がありますね。ちなみにこの試合も奇しくも見に行ってました(^_^;)

「勝因は菅野、敗因も菅野」…と帰り際、巨人ファンのお子さんが(苦笑)

2019年6月9日

↑この五右衛門が突然乱調した巨人戦はこちら。

【千葉ロッテ】いやあ、清田のサヨナラホームランを生で見たかった(苦笑)

2019年8月7日

↑そして五右衛門がロングリリーフで調子を取り戻したソフバン戦はこちら。

で、去年の開幕戦は結局、(今年から楽天でプレーすることになった)酒居知史の1球勝利投手という稀有な結末を迎えたわけですが、今年は果たしてどうなるんだか。おそらくビジターでのソフバン戦6連戦になるんでしたっけ?(大汗)

スポンサーリンク

そしてレアード様もお元気そうで何よりで。

ロッテ・レアード「幕張寿司店」営業再開!左越えソロで寿司パフォ披露(スポニチ)

さすがレアード様だ(ノД`)シクシク←感涙

◇紅白戦 白組7―2紅組(2020年5月31日 ZOZOマリン)

 ロッテのレアードが白組の「4番・DH」で出場し2安打2打点をマーク。2回は先頭で左越えソロを放ち「打ったのはツーシーム。実戦もだいぶ空いていたので、久々の感覚」と笑顔。

 無観客ながら本拠地で恒例の寿司パフォーマンスも見せ「これからどんどん状態を良くしていきたいね」と「幕張寿司店」の営業再開を喜んでいた。

 ▼ロッテ・荻野(6回2死二塁から左越え2ラン)小島は本当にいい球が来ていて、自分もスイッチが入った。集中した打席になりました。

昨日はマーティン様とアジャ井上もホームランを打ちましたし、これで散発に終わらずに「打線がつながった上での一発」が出ると本当に効果的でうれしいんすけどね。

あと、昨日の記事で、アジャ井上がホームラン後に披露(?)した西武・山川穂高ばりのどすこいパフォーマンスについて、

うちの嫁から「これって「すしざんまい」のポーズなんじゃないの?ちぃたんもやってるアレの」とツッコミを受けまして、

あ、もしかしたら、レアード様の寿司パフォーマンスに対抗して「すしざんまい」を(以下略)

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ