【VF甲府】首位・大分に胸を借りて…と思ってたら6得点大勝って(;゚Д゚)

甲府“仕上げのリンス”でクラブ最多得点タイ!大敗の首位大分はクラブワースト失点タイ(ゲキサカ)

今日はJ2で首位に立っていて、下手すると独走されちゃうかな?と思うぐらい調子の良い大分トリニータ戦。正直、甲府は「苦戦するんだろうし、大相撲でいえば先輩や兄弟子に胸を借りる行くような気持ちで」という気持ちで見てたのですが…いやいやいや(大汗)。

[5.26 J2第16節 甲府6-2大分]

 首位の大分トリニータがJ1を戦った13シーズン以来となるクラブワーストタイの6失点を喫して大敗した。

 ヴァンフォーレ甲府が序盤で試合を決めた。3分にパス回しをしていた相手バックラインからボールを奪うと、FW金園英学がゴールネットを揺らしてあっさり先制。直後の4分にはMF小塚和季、同6分にはMF佐藤和弘が得点して、早くもリードを3点に広げる。

 勢いを緩めない甲府は前半15分に金園のシュートのポスト跳ね返りをMF堀米勇輝が折り返して、DF小出悠太が押し込む。同27分にはカウンターから小塚とのワンツーで抜け出したDFエデル・リマが鮮やかに得点した。

 まさかの5失点を喫した大分は、前半38分のFW馬場賢治の2試合連続弾で前半のうちに何とか1点を返す。MF川西翔太とFW伊佐耕平を投入する2枚替えを行った後半には、32分にFW後藤優介が得点し、3点差に詰め寄る。

 しかし甲府は後半43分、CKを途中出場のFWリンスが頭で合わせて6点目。“仕上げのリンス”が決まった甲府はリーグ4連勝。負けなしは7戦に伸びた。大分は4戦ぶりの敗戦となった。

 なお甲府のリーグ戦での6得点はクラブ史上4度目となる最多タイ。大分の6失点は、J1では過去に2度記録しているワーストタイ記録で、J2では初となった。

さすがに甲府が吉田達磨氏から上野展裕氏に監督が替わって以降、ルヴァンカップを除けば負けてないという好調さをずーっと維持しているとはいえ、更に好調で首位をひた走る大分には苦戦するだろうと思ってたんですけども…。

前半4分で2得点…だと?(;゚Д゚)

「よしよしいいぞいいぞ」とベンチの面々が立ち上がってました。

しかし今日の甲府はこれだけでは終わらず、

前半15分の時点で4-0、そしてCBのエデル・リマまで自陣のゴール前からスルスルスルーとカウンターに成功して、

まあ大分サポもそうでしたでしょうけど、たぶん全国の甲府サポも、

( ゚д゚)ポカーン

ってなってましたわ。

でまあ、前半に大分に1点取られたんですけど、

ボール支配率は大分がややリードしてたのにも関わらず、甲府のシュート数に比してのゴール数が半端ない。どうも枠内シュートはほぼ全部ゴールに繋がっていたようで。

スポンサーリンク

「仕上げのリンス」ここで炸裂かー(笑)

で、後半は、

DAZNで甲府戦、パ・リーグTVでロッテ戦、そしてテレビでは関西学院大アメフト部の記者会見を見てました(←器用なマネを…)。

で、甲府戦と同時に見てた千葉ロッテは(ま、あとで記事を書くんですけど)、

ドミンゲスが同点弾、更に角中の逆転タイムリーの後にまたドミンゲスが2打席連続ホームランをぶちかましまして、

6対2に。

そして甲府は大分に1点取られて5-2となったんですが、

後半から出てきたリンスがCKから頭で合わせてゴールイン。これで6点目となりまして、

図らずともこの時点で、千葉ロッテ6-2オリックス、甲府6-2大分…と、

スコアが全くおんなじになる始末(爆)

ま、サッカーの6点だと野球だと15点ぐらいの価値があるんですが、近年、千葉ロッテと甲府が同じ時間帯に試合をやっていて勝った記憶がそんなにないため、「スコアまで合わせなくても」と思わず失笑してましたねー。

ついでに書くと今日の試合は、

「お風呂デー」ということで、「仕上げのリンスボトル」なるボトル(中身は入ってないそうですが)が発売されてたんですね。で、通常だったら5点も取ってさすがにストライカーとはいえ出番はないだろうと思ってたら、大分に2失点目を食らって、監督が散々悩んだ挙げ句、リンスを出したら本当に「仕上げのリンス」のゴールが出ちゃうんですから…。なんだろうこの「持っている」っぷりは(苦笑)

2失点で「勝って兜の緒を締めよ」にもなれそうだし。

結果、

6-2で首位・大分を「撃破」してしまいました…(^_^;)

ま、千葉ロッテはその後、オリックスに1点取られるも、

6-3になるんですが、それでも最後はシェッパーズのナイスピッチングをクローザーの内竜也が締めてました。これで千葉ロッテ戦および甲府戦の同日同時開催で3連勝となりました(爆)

これでシーズン序盤の「なかなかホームで勝てない」「1点差で、どえらい得失点力不足で負ける」のを見てきた甲府サポの皆さんは、まさにこの勝利で今までのもやもやを精算する、「溜飲を下げる」「スカッ」とした試合になったでしょうね。

てなことを5点目の時には呟いてましたけどね。長い目で見ればこの失点も悪くはないんじゃないか、とも。

個人的には、これに加えて実は「2失点を食らった」ことが、天狗にならずに更にチーム内競争が激しくなって「勝って兜の緒を締めよ」になったんで、ちょうど良かったんではないでしょうかね? 最終的には「シーズンが終わった時に、他のチームよりも「より上位」で、「最善の結果」が出れば」いいわけで、これからも一試合一試合大事に戦って欲しいと思いますです。

…で、今日の千葉ロッテ対オリックス戦の記事はまた後ほど、と。

以上です。

↑あの早実→日ハムのルーキー・清宮くんのお父上です。本当に風貌が父子そっくりだ(爆)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ