4月7日の日曜日は、恒例の「クイズサークル岩Q槻」の定例会でした(後編)

昨日の記事の続きになります。日曜日の岩Q槻の4月例会報告の後編になりますが…。

スポンサーリンク

続いては「Qさま!」風の人物当てクイズでした。

4Rの企画は、このサークルでは唯一の学生さんの参加者である「磯部」さんの企画でした。「ご指名カルタ」という写真を見ての人物当てクイズでした。

最初にこのような形で回答する順番を決めまして、

ひとりずつ、プロジェクターに映された人物を当てる、という企画でした。

全部で問題は8テーマほどありまして、最初の問題は「2018年に話題になった人物」という問題。「お笑い」だの「スピードスケート」だのと書いてあります。

例えば「スピードスケート」のとこを開くと、こんな感じで出題されます。これをわかれば「小平奈緒」と答えるわけですが、実はこのクイズ、自分では好きなヒントの場所を選べないというこれまたテクニカルな(?)ルールもありまして、前の人が正解すれば前の人が、外すとMCの磯部さんが指名するので、何が飛び出してくるかわからん、という形式でもありました。

甲斐キャノンのソフトバンクホークスの捕手でしたな…(苦笑)。

それと、1テーマにつき設問は25問ありまして、それを全部正解し、更に生き残っていないと点が入らない、というなかなか厳しいルールもありまして、実は昨秋やった際にはかろーじて1テーマだけ2人が同時に生き残って加点された2人がそのまま優勝…という結末もありました。

…で、磯部さんは「それで大丈夫なんすかね?」とおっしゃったので、番頭役の私・むろかつとしては「いやあ、磯部さん。そのヒリヒリ感がたまらなくいいんすよ。いいじゃないすか、誰もポイントが取れなくても。それはそれでおいしい。」と(爆)

そして問題の難易度もそこそこに散りばめられてまして、少しずつプレイヤー同士が連帯感を持って「ひとりでも多く抜けよう」という風になっていくのですから、やっぱり不思議なもんですわ(笑)

クイズ界のマーフィーの法則(?)が大炸裂(笑)

そしてこのローリングクイズでは「マーフィーの法則」のようなものがありまして、それは「自分の出番以外では自分にわかる問題が頻繁に来るのに、自分の番になると途端に難易度が乱高下する」という法則でした(笑)

テーマとなる設問が幾つか経ていくと…、

なので、知らない問題に遭遇するともうお手上げ状態となり、

自分の出番じゃない時に超得意問題が来るとダウンして悔しがり、地団駄を踏むという(爆)

しかし磯部さんという方は、歴史やクラシック音楽などにも造詣が深いので、ジャンルの広さはすごいものがありました。「宇多天皇」とは平安時代の菅原道真の頃の天皇なんですが、この人物問題と、

いきなり女優の土屋太鳳がドーンと出てきたり(笑)。

「昨年亡くなった著名人」のテーマの際には「常田富士男」氏が出てきて、「あー、あの人あの人、名前なんだったっけ…」と悶え苦しむ面々が続出してました。

結果的には、9テーマのうち7テーマを開催しまして、

かろーじて、1テーマでひっさつ会長とキム兄ぃさんが同時に生き残り、共に10ポイントが入ったので同点優勝ということになりました。いやあこのヒリヒリ感、たまらねえっすわー。企画終了後に一段落した後、磯部さんには「お疲れ様です。いやあ楽しかった。またそのうちよろしくおねがいしますね」と笑顔で声をかけた私でした。

そして最後は早押しクイズ企画でした。

で、最後はサークルの重鎮・ハマクドーさんによる早押しクイズでした。「石槌山登山クイズ」と銘打って、100問のクイズを出題しまして、途中、50問目の時点で最下位だった人は足切りで失格、更に3回誤答するとやはり失格となりまして、その失格ルールのことを「下山」と呼んでいたので、「なるほど、山登りに見立てたんすね」と(笑)

※なお石槌山とは四国最高峰の山だそうで、結構登山をするには危ない箇所も多い、その道の人たち(?)には有名な名峰らしいです。

…で、ここは全員参加の早押しクイズだったので写真が少なかったんです(泣)。結果としては、

私が優勝となりまして、

Suicaのカードケースと、コースターをいただきました(笑)。私も指勝負に自信がないので、とにかく間違えずに慎重に押していこうと思ってたら、ノーミスで逃げ切れたのが幸いでした。ちなみに帰宅後に全5企画の勝ち点を計算したら、共に2勝していた私とキム兄ぃさんのうち、私が若干ポイントが上回っていて、おおよそ1年半ぶりのメインレース制覇となってました(苦笑)。

で、片付けをしまして18時半ぐらいに終了となりまして、片付けをして撤収となり、皆とは岩槻駅前で流れ解散となりました。私はそのままコインパーキングに停めてた車で行きに来た反対の圏央道ルートで帰ることにしまして、行きは入間から乗ったんですが帰りは青梅まで高速を使いまして、帰りは青梅市内のからあげ屋さんで晩飯を食べてから帰宅したのでした。

最後に。

この岩Q槻というサークルは1月と8月以外の毎月、この埼玉の岩槻界隈でクイズや屋内ゲームで「のんびり遊んでいる」サークルです。問題傾向としては時にガチやおバカな企画もあるんですが、基本的には「折角の日曜日、皆で差し入れおやつでも食べながら、わいわい過ごそう」というのがメインですので、クイズの経験者の方でもそうでない方でも勿論大歓迎です(むしろ「昔、クイズ番組をよく見ていた」とか「雑学に長けていて意外なことを知っている」クイズ未経験者の方がうちのサークルは多いかもしれません(苦笑))。

なお余談としてはこの日は、贔屓にしている千葉ロッテ戦と甲府戦が両方共開催されてまして、千葉ロッテは2連勝してたソフバンにボロ負けし、一方で甲府の方は町田相手に先制されるも同点に追いついて引き分けに持ち込み、開幕からの無敗記録を未だに継続しているという対照的な結果になってました。いずれもスマホでちょこちょこスコアをチェックしながらクイズやゲーム企画をやってたんですが…まあ、「うーん、集中しろ、オレ」ということで、すんません(号泣)。

後日、クイズサークルの公式ブログの方に詳細な定例会報告を掲載する予定です。そちらの方ももしよろしければどうぞ…。

以上です。

 

まんが版 人生に奇跡が起こる マーフィーの法則: 欲望が100%かなう驚異の方法 (単行本)
Joseph Murphy’s無限の力研究会 水島 みき
三笠書房
売り上げランキング: 35,342

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ