ロッテの松中氏、阪神の川相氏の両臨時コーチには、ぜひ技術伝承と新風を吹き込む存在に(笑)

ある意味で「似たような(?)」2つほどの話題を。

【ロッテ】松中信彦臨時コーチと契約熱望 井口監督「1年間通してやってほしい」(中日スポーツ)

さすがにコーチのベンチ入り枠とか松中氏にも野球解説等の別の仕事もあるだろうから「コーチ専担で」というのは今季いきなりは厳しいんでしょうが、こういう話はいいなあ(笑)

ロッテが春季キャンプで臨時コーチを務めている松中信彦氏(47)との契約を熱望していることが5日、分かった。井口監督は「本人が(たくさん)練習していた人なので、練習方法も含めてしっかりやってくれている。選手の結果が出るようにやってくれているので、1年間通してやってほしい。短期じゃもったいない」と明かした。

 キャンプ初日から安田、藤原ら若手へ打撃を熱血指導。特打を終えた後も負荷をかけながらの連続50スイングなど選手が倒れるほどの“鬼メニュー”で追い込み、成果が出てきている。視察した河合オーナー代行も「ぜひシーズンを通してアドバイスいただけたら。契約という形にするかは、これから球団で考えます」と前向き。課題の打撃力アップへ“チーム残留”を願った。

まあ井口監督と松中氏は同期入団、しかも松中氏のほうが1歳年上なんで目上・目下の関係ではないのですが、まさに「三顧の礼」(目上の人が格下の者の許に三度も出向いてお願いをする)ってやつですねえ。

これで思い出したのが昔、長嶋選手が現役晩年の頃、当時はフリーの野球解説者だった関根潤三氏が長嶋氏の自宅まで訪れて地下室で素振りのトレーニングなどを見守っていたというエピソードがあったそうで。更にそのちょっと前に広島のコーチをやっていた頃は、若き頃の衣笠祥雄氏か門限を破って夜遊びに行ったその帰りに寮の入り口で待ち伏せしていて、衣笠氏も説教を覚悟してたら「じゃ、素振りをやろうか」と一切叱責もせずにほぼ徹夜になるまでそれを付き合ってた…という話も好きですねえ。

なんか松中氏も、安田・藤原両選手を、幕張の室内練習場や浦和の寮、更に松中氏の地元のペイペイドームとかで待ち構えて「おう、バッティング練習するぞ?」とかやってくれそうで…一件無茶な、死なない程度の練習を課せる反面そのアドバイスが実に的確で、という評判がさらに評判を呼んで、もしかしたら数年後は千葉ロッテ・(もともとは古巣の)ソフトバンクはもとより、他球団からコーチや2-3軍監督として招聘される事になるかもしれないですね(笑)。

スポンサーリンク

意外に「非常勤」的な臨時コーチ契約ってのも大いにありかもしれないね。

【独占】なぜ巨人OBの川相昌弘氏は”ライバル”阪神の臨時コーチを引き受けたのか…「阪神がするべき野球とは」(The Page)

この「松中氏がロッテ球団が臨時コーチ」にという話と同じぐらい、「おお、それは凄い」と思ったのは川相氏の阪神臨時コーチ招聘の話ですねえ。

巨人、中日のOBで今春の阪神の沖縄キャンプで臨時コーチを務めている川相昌弘氏(56)が5日、独占インタビューに応じ、ライバル球団への協力を快諾した理由や阪神のエラー撲滅、バント強化に向けて「何を教えているか」について語った。ゴールデングラブ賞6度の名手にして世界記録533犠打のバント職人。指導者としても経験豊富な川相氏は、果たして阪神を変えることができるのか。

意外だった阪神からのオファー

 沖縄・宜野座のグラウンドには、相当な量の”ウロコ”が目から落ちているようだ。巨人ー阪神という永遠のライバル球団の枠を超え、守備力向上と勝負所のバント成功率アップを求められて、今春キャンプで臨時コーチを務める川相氏は、たった4日間で、虎のメンバーにある種の”カルチャーショック”を与えた。第1クールの初日から、その指導法やアドバイスに投手、野手問わず「目からウロコ」発言が相次いでいる。
「技術面、気持ちの面でもしっかり準備はしてきました。それでも選手もスタッフも初めて会う人ばっかりだったので、正直言って不安はありましたが、すんなりと入れました。例年だと満員のお客さんの中で練習するんでしょうが、今は球団の関係者とマスコミの人だけ。お客さんがいないのは寂しいけれど、逆に野球に集中できている。僕自身も落ち着いて指導にあたれています」
 川相氏にとっても充実のワンクールだったようだ。
 
 24年の現役キャリアを誇る川相氏は、巨人時代は藤田元司氏、長嶋茂雄氏、王貞治氏、原辰徳氏といった名将の下で活躍。不動のショートストップとしてゴールデングラブ賞を6度受賞し長嶋監督からは「守備だけで1億円の価値がある」といわれた。
「勝利にもっとも貪欲だったのは王さん。怖いってもんじゃなかった」
 40歳を過ぎた晩年には、落合博満監督が率いる中日にテスト生として入団。脂が乗り始めたころの荒木雅博、井端弘和氏の”アライバコンビ”に多大な影響を与え、年下の立浪和義氏の守備固めとして試合を締めた。さらにコミュニケーション力と下積みの経験も買われ、若手育成のための「メンタルアドバイザー」の肩書も持っていた。
 その後は、中日の1軍内野守備走塁コーチから2軍監督を務め、古巣巨人に復帰してからも、1軍監督代行、ヘッド、2軍監督、3軍監督と、あらゆるカテゴリーを経験した。
 今回、阪神から臨時コーチを要請されたのは、その野球人としての豊富な経験と知識に加え人間力、総合力を買われてのものだが、ライバル球団のOBに協力を依頼するのは異例のことだ。”窓口”になったのは、川相氏の岡山南高時代の後輩で、現在、阪神で査定を担当している横谷総一だったそうだが、さすがに想像もできなかったオファーに驚いたという。
「阪神さんから声をかけてもらうのは意外でした。しかし、当然、僕が読売グループに所属していることを知った上でお願いされたわけですからね」
 川相氏は、切羽詰まった阪神の本気度に心を打たれた。

迷いはしたが、ライバル球団を強くすることが、ひいては、球界全体のレベルアップ、発展につながるのではないかとも考えた。それが、ずっと球界をリードしてきた巨人軍のOBとしての使命でもある。それでも自分の一存だけでは決断することはできず、巨人の山口オーナーにお伺いを立てたという。
「阪神で臨時コーチをすることを許可してくれた巨人のオーナーにも感謝しています。だからこそ、責任があるし僕がこれまで経験したこと、感じていることを全部伝えたいと思いました。何も隠すことはしません」
 依頼された最重要課題は、失策数が3年連続リーグワーストの守備の強化である。矢野監督からも電話で「守備をお願いします」と直接、依頼された。それ以上の細かい話をあまりしなかったというが、それだけ信頼されている証だろう。
 川相氏は言う。
「主に内野、二遊間を見ることになりますが、それだけではない。連携プレー、カットプレーと守備は全体的に絡んでくる。バッテリー、内外野全員が守備に対する意識を高めないといけない。そこに向け、個々の守備力を上げること。いまは手順を追って取り組んでいます。やっていることは基本中の基本。キャンプは基本を見直す機会でもあるし、それを継続して行っていかなければならないのです」

 昨季の阪神は85失策。12球団ワーストである。今回、川相氏は臨時コーチをスタートするにあたって球団から、その失策シーンをまとめた「エラー特集DVD」を渡された。川相氏は、それを何度も繰り返しチェックした。
「過去5年で4回がリーグワースト失策でした」と苦笑いする。
「まず打球を捕らないことには次に投げられない。大事なのはボールを捕ること。そのためには正しいボールへの入り方、グラブの差し出し方をして、捕球成功の確率を上げ、そこからステップして送球につなげる。そりゃプロに入ってくるぐらいだから適当にやっても捕れますよ。しかし、基本を繰り返すことで、その確率は高まる。野球で同じ打球はまずないし、土でも人工芝でもボールは思い通りに来ない。自分は変化しないで変化するボールを捕ることが大事。基本を怠り、油断したり気を抜くとミスが出るんです」
 阪神のエラーが多い理由のひとつは、「捕る」動作を含めて、その守備の基本が徹底されていないことだという。
今回のキャンプインに際しては、前夜に守備、バントを担当する久慈照嘉、藤本敦士コーチとミーティングをして「何をどう教えるか」の考え方を共有した。指導することに遠慮はしないが、現場コーチの理解がなければ結果にはつながらない。
「僕はこの時期しかいないわけで、継続してやってもらうためには選手はもちろん、コーチにも理解してもらわないといけない。大切なのは継続することですから」

第1クールの守備練習で、まず具体的に試みたのは久慈、藤本コーチに手でボールを転がしてもらい、ボールへの正しい入り方、グラブの出し方、足の運びを確認する基本練習だった。
「反復練習、選手もコーチも理解して取り組んでくれました。見るポイントも2人ともショートを守っていたので共有できました」
 ノックは2人に任せ、川相氏はスマホを駆使して映像を撮影し、その場、その場で、すぐ本人にそれを見せ細かく捕球動作、姿勢の確認作業を行っている。
 実は、阪神のエラー数は多かったが、昨季の守備率は.982あった。
 川相氏は、逆説的にこうも言った。
「守備が課題と言われていますが、実際に、その数字を残しています。これからはより成功率を高めるため、基本に忠実にやり続ければ、もっと数字はアップするし、ベンチからも投手からも信頼される選手になれます」
守備練習ではベース上で構える選手に向かってノックするという異例の練習も取り入れた。ハンドリング技術を高めるとともにタッチプレーの極意を会得するのが狙い。
「大切なのは自分から捕りに行かないこと。ボールが近いところまでくるまで、いかに我慢して捕球するか。当然、悪送球は捕りにいかないといけないので、だから送球する方もラインを間違えないように投げることが大切。そうすることによって、チームとしていままで取れなかったアウトが取れるようになるし、そうなれば、勝利に近づくことができます」
 考え方や意識、つまり視点を変えるだけで何かが変わる。
 中日時代に川相氏は、荒木氏にもこんな視点の変え方を教えたことがある。併殺プレーの際、ベースカバーに入る二塁手は走者と絡むことになるが、川相氏が伝えたのは「スライディングを警戒して逃げようとするからランナーが向かってくる。二塁ベースを利用して、ベース上でプレーすれば、走者はベースに衝突するから襲ってこない」というもの。基本の反復プラス意識の変化。それがエラー撲滅への近道なのである。

川相氏は、守備の指導と並行してバント指導も進めた。投手、野手の2班に分けてバント講座を開講した。
 川相氏には“世界記録”を生み出したバント3箇条がある。
(1)まずは転がせ!「空振り、フライはダメ」
(2)次に方向を選べ。「自分のやりやすい打球方向を決める」
(3)打球を殺すのは最後でいい。「無理に芯を外してバットに当てて打球の勢いを殺すことはしなくていい」
 これが川相氏のバントに対する基本的な考え方だ。
「いつでも、どこでも、この話をします。まず一番は転がすこと。次にどこに転がすか。漠然とこの辺に転がしたり、闇雲にこっち側に決めようとするのではなく、少々強くても成功する場所を知っておけば、気持ちに余裕が出る。打球の勢いを殺すのは最後。もちろん、確率を上げるためには継続して練習するしかないんです」
 実を言うと昨年の阪神の犠打成功率は.819でリーグ1位だった。しかし、9回無死2塁というような重圧のかかる場面での成功率はどうだったのか、というと疑問符がつく。
「成功率が高いのはいいこと。でも、その年で終わりではないわけで、毎年精度を高めていかないといけないし、チームとしての意識も常に高めていくことが大事なんです」

 気の早い虎ファンは”川相効果”に期待を寄せるが、川相氏は、当然、今回の指導が即結果に結びつくとは考えていない。実際、紅白戦の初戦では大山悠輔と、新人の中野拓夢が初歩的なエラーを犯して失点につながった。
「これから実戦的な練習に入れば、どんどん課題も出てくると思います。そのとき、ひとつひとつに対応し確認していく。キャンプを経て開幕までしっかり準備をして、シーズン中も同じ基本練習の繰り返しです。いい結果を出し、それをまた繰り返し続けて行く。何度も言いますが、継続が大切なんです」
 そして、川相氏は、こうも言う。
「私から余計なことは言いませんが、求められれば守備とバントだけでなく何でも伝えようと思っています。例えば、反対方向への打撃、進塁打などについても伝えていきたい」
 阪神にとってはありがたい提案だろう。
 守備、バントの名手として知られる川相氏が、どのようにしてプロの世界を生き抜くことができたのか。阪神の選手は、守備、バント技術以上のものを川相氏から学びとる必要もある。沖縄・宜野座のグラウンドに目から落ちた”ウロコ”の数が増えれば増えるほど阪神は強くなる。
 
 巨人、中日時代に甲子園でプレーし続けてきた川相氏は「甲子園で対戦するときの阪神は強い」と感じていた。
 だから最後にこんなメッセージを送る。
「とにかく、甲子園を本拠地にしているんだから土のグラウンドを味方にして確率良くアウトを重ねることです。自分たちで自滅するのではなく相手チームがミスして勝手に転んでくれるような野球をやらないといけないと思います」
 これこそが阪神が今季“打倒巨人”を果たし優勝するための条件だろう。

ちょっと長くなりましたが…さすがに昨季、あんだけ藤浪投手をエラーで足を引っ張りまくってて阪神も危機感を感じたんだなあ(苦笑)。

昨日のヤクルト対阪神戦。さすがにあれでは藤浪晋太郎がかわいそうだ…(;゚Д゚)

2020年7月31日

しかしまー自分が巨人ファンだった頃(1985-1996年あたり。小5から大学生ぐらいの頃でした)を思い出せば、巨人の川相、阪神の久慈…ってのはもう名遊撃手の代名詞のような選手でして(藤本選手が現役の頃はもうロッテファンになってましたけど、でも藤本選手もいい選手でしたね)、そういう元名手が手を携えて若手を教えるというシーンはあの頃のファンとしては胸が熱くなります(笑)

で、さらにえらいなあと思ったのは川相氏が(たぶんこれは巨人軍とのアドバイザー契約とか日テレ系の野球評論の仕事もしてるからだろうと思うのですが)、ちゃんと巨人のオーナー氏に連絡をしてしっかり話を通したってことと、それに対して巨人のオーナー氏も快く送り出したって事ですねえ。そういう意味では故あって長年在籍していた巨人を退団して、落合監督の頃の中日に移籍してチームを日本一に導いてまさに「現役生活を全う」してから、中日で指導者経験を始めて更に巨人に指導者として戻ってきて…という「現役も指導者も巨人一筋」ではなかったのが良かったのかもしれないですね。

それと以前、川相選手を取り上げてた本に書いてあった印象深いエピソードとして、当時のプロ野球選手の中では珍しい「酒の席でも野球の話をする」タイプだったようで、更にいつでもどこでも(遠征先への移動中の新幹線の駅や空港などでも)、その場にある通路や廊下に書かれている線を見つけては脳内でバントでボールを転がすシュミレーションをしてたそうですね。しかも一塁or三塁のライン上、フェアゾーンぎりぎりにボールをピタッと止めるという技を脳内でも何度もシュミレーションしてたんだそうで…そういう技術や考え方がうまく阪神の選手や、口コミでその他のチームの選手達、更にプロ・アマ問わず(最近は元プロの選手が高校野球やアマチュア野球の指導者になることも多いですから)伝わっていくといいですねえ(笑)。

…と考えると、意外に「あえてチームに帯同せずに、臨時コーチとして契約をして必要な時に(勿論本人の都合も鑑みて)」来てもらって指導してもらうという選択肢は今後もありかもしれないですね。勿論、チームに帯同してる1-2軍のコーチの皆さんとは常々情報交換・意思疎通をしていく必要もあるんですが、意外にチーム内だけで凝り固まらずに外からの新鮮な空気、気持ち良い風を取り入れるというのはこれまた簡単な作業ではないと思うので、松中氏も川相氏も良い意味で新風を吹き込むような存在になってくれれば、更にプロ野球もおもしろくなっていくんではないでしょうかね。まさに「技術伝承」と「新風を吹き込む」存在に。

その上で各年のチーム成績はともかくとしてこういう任務が特化された(?)半ばフリーな立場の「臨時コーチ」っていう制度がもっとあちこちのチームでも確立していくと良い方向に発展いきそうな感じでいいですね。…ま、個人的にはロッテの田村龍弘には特に(それをわかってて指示する井口監督もどうかと思う反面)、あんだけバントが下手くそで正直見る側が困っちゃってるんで、川相氏に直々にバントを教えてもらいたいぐらいなんですが(以下略)

以上です。

↑こちらの本、結構好きでして今でもiPadに入れて半身浴の際にはよく読んでます(笑) 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ