【千葉ロッテ】まさか本当に大船渡・佐々木朗希投手を引き当てるとは…(;゚Д゚)

佐々木朗希はロッテ、奥川はヤクルト、森下は広島(日刊スポーツ)

で、大船渡・佐々木投手は、楽天・日ハム・ロッテ・西武のパ4球団の抽選になって「どうせ日ハムか楽天でしょう?」とか余裕こいて見てたら、井口監督がガッツポーズしていてまさに( ゚д゚)ポカーンと(爆)

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

プロ野球のドラフト会議が17日、都内のホテルで行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は1位指名で西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。くじを引いた井口監督は昨年競合した藤原に続き2年連続で競合選手を引き当てた。

また、星稜・奥川恭伸投手(3年)は巨人、阪神、ヤクルトの3球団が入札し、ヤクルトが交渉権を獲得。

広島が1位指名を公表していた明大・森下暢仁投手(4年)は単独指名で交渉権を獲得した。中日が1位指名を公言した東邦・石川昂弥内野手は中日、オリックス、ソフトバンクの3球団が競合し、中日が交渉権を獲得した。くじを引いた与田監督は昨年のドラフト会議で4球団競合した根尾に続き、2年連続で引き当てる強運ぶりを発揮した。

DeNAは森敬斗内野手(桐蔭学園)を単独で指名し交渉権を獲得した。

いやー、井口監督が引き当てた瞬間、去年の藤原恭大に続いて「また当てたんか!!」と驚愕しましたわ。

スポンサーリンク

ちゃんと「日本の球界の宝」の選手を責任持って育てろよ?

個人的には「佐々木は外すのを前提として…誰をハズレ1位で獲るかがポイントかな」と思ってたんすけど、

「いやー、ロッテ、本当に突っ込んでいったわ」と。

で、気づけばパ・リーグ4球団の競合でした。

その後、奥川選手や石川選手の抽選が行われまして、

で、井口監督が2番目に引きまして、「さすがにないだろー、去年の藤原くんだって3球団競合だったんだし」とか外すのを前提で見てたんですけども。

井口、やりやがった…( ゚д゚)ポカーン

↑仕事はえー(苦笑)

しかしロッテ球団よ。これほどの「日本球界の宝」、預かったからにはちゃんと育てろよ?数年後には、佐々木千隼と共に「W佐々木」で共に2ケタ勝利できるぐらいまで鍛え上げてくれ。本当に頼む(泣)

以上です。

強運 ピンチをチャンスに変える実践法
元谷 芙美子
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 3,145

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。