サガン鳥栖の赤字が20億円…少し前の千葉ロッテ球団のようなえらい巨額な(大汗)

鳥栖赤字20億円「天文学的数字。明日はあるのか」(日刊スポーツ)

いやーなんか少し前の千葉ロッテのような赤字額に結構驚いた。しかもNPBの143試合(+CS←3位以内に入ればの話ですが)に比べれば、どんなに多くてもJリーグだと3大タイトルの公式戦でも60試合ぐらいしかできないし…。

存続危機が伝えられているJ1サガン鳥栖は26日、株主総会と19年度決算報告を行い、一昨年度を大幅に上回る約20億1400万円の赤字を計上した。

12年のJ1昇格以来、最大赤字だった18年度の約5億8100万円を大幅に更新した。一方で純資産は2100万円。債務超過は回避しているものの、オンラインで取材に応じた竹原稔社長(59)は「天文学的な数字の赤字を出しているので、存続危機という言葉が合うのか、明日はあるのかということですが、これも経済」と言葉を絞り出した。

19年度の売上高は、約25億6000万円にもかかわらず、チーム人件費が約24億2000万円。主力協賛社離れなど、昨期の半分以下となる大幅な広告料収入減も影響した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でJリーグ開幕は白紙状態の今季は、さらにイバラの道が待ちかまえる。収入がない過酷な状況下、竹原社長は、危ぶまれる資金繰りについて「(資金が持つ期間は)他のJ1のクラブより早いと思っていただけたら。時期の想定は分かると思う」と危機感を募らせた。

融資などを受ける可能性にも触れ「市中銀行であろうと、なんであろうと、生き残っていくことを最大限にしていきたいので、全ての可能性を模索します」と言い、Jリーグからの支援については「使いますか(と問われれば)、使いたい」。今期は、チーム人件費を昨期の半分近い約11億円に圧縮予定。不要不急の支出を減らすなど徹底した経営努力を行う覚悟だが、深刻な経営難に陥っている。

そしてこれ、「今年の赤字見積額」ではなく「去年の赤字額」であって「今年はたぶん更にもっとひどい事に」という可能性も物凄く高い、という現実も待ってるんですけどね。

今年は言うまでもなく、新型コロナ禍の影響で公式戦もなかなか開催できないし、よしんば開催したとしても無観客試合とか、お客さんの数を制限して「間隔を空けて」の試合観戦にもなるらしいですし、おまけに天皇杯もJリーグのチームは2チームのみが準決勝から登場に変更されてしまい、ほとんどのJ1-3のチームにとっては参加できない状況にもなってしまったわけですしね…。

え、本当にサガン鳥栖にフェルナンド・トーレスが加入すんの?(;゚Д゚)

2018年7月10日

しかもどえらい世界的な選手を獲得するも、超大口なメインスポンサー(例えばDHCさんとかCygamesさんとか…)が諸事情で離れてしまったりと、「いやー本当に身の丈経営は大事だよね」とは簡単には言えないような「ついてねー、てか俺たち何か悪いことやったのか?」と嘆きたくなるような不運も立て続けに起きてますし。…ま、「それでもJ2に降格しないで良かったね」という言い方はできなくはないですけど。

スポンサーリンク

少し前の千葉ロッテの年間赤字額を思い出しますな…。

いやー、これを考えると、もう結果論ではありますが、

【千葉ロッテ】今季の黒字額が5億円超は凄いな…。そして鈴木大地が選手会長に。

2018年11月21日

毎年、20億だの40億だのの大赤字を出して親会社におんぶにだっこ状態だった千葉ロッテを、徹底的な経営努力とファンサービスによる集客などで単年黒字決算に持っていった、

【千葉ロッテ】山室前球団社長の新天地は…なんと清水エスパルスとは!!(;゚Д゚)

2019年12月27日

千葉ロッテの山室前球団社長、いっそ清水の兄貴のとこじゃなくてこの鳥栖の社長になってここからの「回復への手腕・豪腕」を見たかったかもしれないな…。たぶん「現時点でも既に」鳥栖の社長さんとか上層部が自費で補填してる可能性もあるわけで。いやー、たぶん厳しいだろうけど、ここから超大型な契約を結べるメインスポンサーさんとか探すしかないんだろうなあ。果たして人口が7万人しかいない鳥栖市界隈だけではたぶんしのげないだろうなあ(なお、県境をまたぐと福岡県の久留米市という人口30万人超の大きな街はあるんですけどね。あのブリヂストンのお膝元の企業城下町でもありますし…)。

※ちなみにそのブリヂストンさんは、このサガン鳥栖のユニフォームスポンサーのうちの一社でもあります。これはまさに「地獄に仏」的な存在で本当にありがたいなあ(感涙)

…とは言え、ここまでではないにしろ、個人的には千葉ロッテ同様に贔屓にしてるヴァンフォーレ甲府も昨季は10数年ぶりに僅かながら(約265万円の)赤字決算だったそうですし、最近は新潟や札幌あたりも「秋あたりにはキャッシュが尽きてしまう」とか社長さんあたりが嘆いている今日この頃で。悪い意味での「ガラガラポン」、要はチームの倒産や統廃合で今までJ1-3まで数々の積み重ねでここまでやってきた「Jリーグ100年構想」にとっては最大の危機なのかもしれないですね、本当に。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。