【千葉ロッテ】昨日は本当に、ボルシンガー「様」に救われた(感涙)

ロッテ・ボルシンガー、涌井と作戦会議でトップ8勝(日刊スポーツ)

昨日は序盤まではパ・リーグTVで、後半は甲府へ向かう電車の中でスポーツナビのスコア速報を随時チェックしてましたが…よくぞ隅イチの1点を守りきってくれましたわ(感涙)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ1-0巨人>◇16日◇ZOZOマリン

 ロッテのマイク・ボルシンガー投手(30)が来日初完投初完封で、ハーラートップタイの8勝目を挙げた。初回のリードを守りきる「スミ1完封」。巨人打線に三塁を踏ませず、散発4安打に抑え込んだ。シーズン7連勝は球団外国人史上初の快挙。ともに完投の巨人田口との投手戦を制し、チームの連敗を2で止めた。

 ボルシンガーは入魂の112球目に、勝負球ナックルカーブを選んだ。大きく内角に落とす。巨人の代打大城に空を切らせると、両手で力強くガッツポーズ。両腕を広げ歩み寄った女房田村と、熱い抱擁を交わした。「少ないチャンスから味方が1点取ってくれた。楽しく自分のピッチングができた」。初回の1点のリードを守りきった。

 4月6日ぶりの中5日も何のその。糸を引くように変化球を操った。投手コーチとのミーティングには前日投げた涌井に入ってもらい、打者の傾向をインプット。唯一のピンチといっていい無死一、二塁の場面を初回に迎えたが、「要注意の打者」に挙げていた陽岱鋼と阿部を、ともに内角を意識させてからの外角球で手玉に取った。

 「ポジティブ・シンキングは偉大」が信条。スライダーとカーブ、動く速球でゴロの山を築く投球スタイルが持ち味だ。「ランナーを出してもパニックにはならない。ゴロを打たせてダブルプレーにすればいい。取れると思っている」。初対戦の相手を研究する勤勉さに加え、自信と、余裕がある。

5月4日の日本ハム戦から、すべて違うチームを相手に7連勝。外国人投手の球団連勝記録を更新した。これまでは援護点の多さに助けられたこともあった。だが今回は来日初完投にして完封勝利。井口監督は「一番いい投球だった。安心して任せられる」と信頼を寄せた。

 まもなく一緒に来日しているローレン夫人(31)が第1子の男児を出産予定。「今日は何回投げるの?」と送り出され、朝、幕張の空を見上げながらゲームプランを考えた。9回投げたと、愛妻に胸を張って言える。

しかもボルシンガー、1回表の1番坂本をミス(センター前ヒットにはなりましたが二塁の中村奨吾とセンターの荻野貴司の両名が取りそこねてポトリとフライが落ちてしまいまして)、2番田中をショートの藤岡裕大のフィルダースチョイスで共にセーフにしてしまい「おいおい」って出だしだったんですが、そこからクリーンナップをびしっと抑えたのは圧巻でしたね。

スポンサーリンク

足を引っ張った3人がきっちり点を取り(苦笑)

ついでに書くと、決勝点になった1点は1番の荻野貴司のツーベースヒットで二塁まで進み、2番の藤岡裕大のバントで三塁を進めて、3番の中村奨吾のセカンド強襲のゴロの際に三塁から荻野貴司がホームインした1点でして、結果的には「足を引っ張った3人がきっちり1点を取って、ボルシンガーがその1点を守りきった」という次第でした。

…まあ贅沢を言えばもうちょっと追加点をプレゼントしてあげられればよかったんですけど、巨人の田口も9回まで完投して1失点…と、なかなか素晴らしいピッチングでしたし、昨日は仕方ないんでしょうけどね。

あとは記事を読んで「へー」と思ったのは、前日、敗戦投手になった涌井にも助言を求めてそれを「ちゃんと活かす」ってのがいいなあ、と。正直シーズン序盤はどうなるか、って思ったんですけども…。いやはや、本当に千葉ロッテを救ってくれてありがとう(感涙)。

ボル様8勝目!投手3冠狙える 巨人戦での完封はロッテ球団史上初(スポニチ)

え、巨人相手に完封勝利したロッテの投手はいなかったのか…(^_^;)

ロッテのマイク・ボルシンガー投手(30)が16日、巨人打線を散発4安打に抑え、来日初完封でリーグトップタイの8勝目を挙げた。巨人戦での完封勝利は球団史上初の快挙。球団助っ人の「1―0」完封は1996年のエリック・ヒルマン以来22年ぶりで、15日に菅野に零封されたばかりのチームにとっても、痛快な「完封返し」となった。

 背番号86は女房役の田村と抱き合った。112球目のナックルカーブで代打・大城を空振り三振。年俸9000万円の優良助っ人が来日初完封で、ハーラートップタイ8勝目。菅野に完封された前夜の屈辱をお返しした。

 「初回を切り抜けたことで調子良く、投げることができたよ」

 初回無死では不運な安打と野選で無死一、二塁とされたが、ひるまない。「内角を攻めて打者に考えさせた」。3番・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)には内角をえぐり、スライダーで空振り三振。2死後、阿部は3球連続で内角直球を見せた後、最後は外角のナックルカーブで見逃し三振だ。警戒していた2人を抑えて勢いに乗った。

 球団助っ人では96年のヒルマン以来の「1―0」完封で、さらに「スミ1」。7連勝は助っ人の球団新記録だ。当初は“お騒がせ”助っ人だった。開幕前の3月3日の日本ハム戦では食事が合わず、嘔吐(おうと)し、2回5失点。公式戦初先発の3月31日の楽天戦では試合前に賞味期限が1年過ぎた栄養ドリンクを飲み、周囲を慌てさせた。

 序盤は6回で交代する試合が多く、今月、第1子男児を出産予定のローレン夫人から「いつ、7回投げるの?」と尻を叩かれた。これに発奮。この日も千葉市内の自宅で「今日は何イニング?」と聞かれ、満点快投した試合後に来場した本当の妻と抱き合った。

 負ければ、交流戦勝率第1位の可能性は完全消滅する中で「初回はずるずるいってもおかしくないところをよく抑えた」と井口監督。防御率2・06もリーグ2位となった。助っ人は「これからもチームが勝つチャンスをつくりたい」と謙虚だった。 

つーか、「隅イチ」の完封勝利自体が、千葉ロッテの投手としてはヒルマン以来22年ぶりってのが凄いわ…。ボビー・バレンタイン監督時代にもなかったんだね…。まあ伊東勤監督だったら「念の為」という事で内竜也とかに9回は任せちゃうと思うしな(苦笑)

で、昨日の「We are」だったんですが、

一度は「ベンチへ遁走」しようとした荻野貴司がやってくれてました(苦笑)。まあ唯一ホームベースを踏んだんだしたまにはいいでしょうよ(笑)

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。