【千葉ロッテ】若武者・平沢大河「負けたら次が無いと思ってやっている」。

ライバル“不在”の間に…ロッテ平沢が猛アピール、OP戦打率.444「毎試合勝負」(フルカウント)

結果としては藤岡(裕)を取ったことによって、平沢大河の尻に火がついたのは良かったのかもしれないね。

ルーキー藤岡は負傷で離脱中「負けたら次が無いと思ってやっている」

ライバル不在のチャンスにロッテの3年目・平沢大河内野手が明日なき戦いを続けている。

「毎試合が勝負。負けたら次が無いと思ってやっている」と13日のオリックス戦(ZOZOマリン)では0-2の4回1死一塁で、エースの金子から三遊間を破るヒットエンドランを成功させるなど2安打を放ち、打率も.444(18-8)に上昇した。

 4回のヒットは、高めの138キロ速球にバットをかぶせるように上から叩いた。1死一、三塁となり、荻野貴、根元に連続タイムリーが飛び出して3-2と逆転。平沢のバットが勝利を呼び込んだ。

 下半身主導を意識して、練習では自分のバットより3センチ長い、中村から借りた約89センチのバットで打っている。「下半身で打つことが、少し実になってきた。身体に覚えさせていけたら。藤岡さんがどうというより、自分が何とか食らいついていく気持ちがヒットにつながっている」と平沢。開幕遊撃スタメンの呼び声が高かったドラフト2位ルーキーの藤岡裕が首筋を痛めており、アピールの機会は今しかない。

 体重は80キロ弱とあまり変化はないが、見た目にも下半身は一回り大きくなっている。「いい筋肉がついた?」に「そう思ってもらえると嬉しいです。もっと強い、ケガしない身体をつくりたい」とさらなるスケールアップを目指している。

 守備も課題で、柔らかさ、足の運びとキャンプからコーチ陣に指導を受け続けている。一塁への送球ミスを2度繰り返した7日の巨人戦では試合後に特守とやることは多いが、遊撃のレギュラー争いはさらに激化しそうだ。

まあ個人的には「今年もオープン戦で勝ちすぎてるなあ。公式戦に入ったらガクッとこないといいけどなー」とは多少は思ってるんですが(苦笑)。

https://twitter.com/nakamura0403/status/973520208152293376

いやあ「1敗しかしてねえ」ってのは怖いなー。

スポンサーリンク

これは尻に火がつかざるを得ない(笑)

もっとも平沢大河の場合は、まだ若いんで仮にオープン戦や練習試合などで課題の守備のエラーが出ても、試合後に特守する時間や場所があれば、コーチがつきっきりでマンツーマンで鍛えてもらえるってのは「環境としては最良」なのかもしれませんね。で、「負けたら次が無いと思ってやっている」という、どえらい社会人経由の即戦力ルーキーが入ってきたことによって「尻に火がつかざるをえない」環境になったことも。

となると、他の内野手も藤岡(裕)、平沢大河というライバルを相手にしないといけないわけで、根元俊一とか大嶺翔太とか三木亮とかの「どこでも内野ならば守れる」系の選手たちの尻にも火がついてるのは当然ですしね。これで藤岡(裕)が強肩を買われて「外野も守れます」という守備範囲の広さを売りにし始めたら、それこそ外野手の方にも危機感が走ってくるわけですから。

いやあこういうヒリヒリ感満載なチーム内競争はいいですね。願わくば、昨年、正遊撃手まであと一歩のとこまで近づきつつも、シーズン終盤に怪我で離脱してしまった三木亮もここの藤岡(裕)、平沢大河との正遊撃手争いに加わってもらって、井口監督やコーチ陣を「困ったなあ。誰を使おう」って頭を悩ませるぐらいの大競争を見せてくれれば嬉しいですね。そして三木亮も活躍して、井口監督に「俺も監督の背番号6、欲しいんすけど」と言えるようになれれば(笑)。

※そしたら数年後、困った井口監督が「引退した後の福浦の9番じゃダメか?」と言ってきたりして(をい)

やはりそういう「小ネタ」も忘れねえな、謎の魚(爆)

昨日、謎の魚inハワイという記事を紹介しましたが、ツイッターを見てて、

やっぱりonちゃんと同じような小ネタを(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。