【千葉ロッテ】若き左腕・成田投手は巨人・田口投手に弟子入りしてきまして…。

ロッテ成田、3年目の飛躍誓う 巨人・田口から「最低10勝」(スポニチ)

こういう師弟関係は本当にありがたいねえー。

巨人はさして好きではないが田口投手だけは応援したくなるわー(笑)

ハワイ自主トレから前日帰国したロッテ・成田が、さいたま市内の球団施設で約50球の投げ込み。降り積もった雪には秋田出身でも「やばい!」と驚いたが、「感覚を忘れたくなかった」と弟子入りした巨人・田口から学んだ新カーブも試投。今季プロ初勝利を狙う19歳は「開幕までに田口さんのカーブに追いつきたい」と意気込んだ。

 「投げ方が似ているので参考にしたかった」と、共通の知人を介して昨季13勝左腕に合同自主トレを直訴。現地ではキャッチボールの仕方からカーブの握りまで学んだ。「今まで曲がり方も一定じゃなかったし、回転数も少なかった」。1メートル71と同じ小柄な体で2年連続2桁勝利を挙げた田口のフォーム動画も携帯電話に保存。田口に「最低10勝」とノルマを課された左腕が、3年目の飛躍を目指す。

にしてもハワイから戻ってきた日に関東の大雪とは。秋田出身でも「やばい」って驚いたあたりに今回の大雪っぷり凄さが(苦笑)

まあ以前も書きましたが、去年のロッテの左腕投手で先発して勝ったのはチェン投手の1勝のみ。今年は補強や新人選手とかも含めて何人か有望な左腕投手が出てくる…とは思うんですが、いきなり10勝は無理かもしれないけど、出来る限り通年で先発ローテの一角を占められるな選手に成ってくれると嬉しいんですけどね。ヤクルトに行った成瀬投手みたいな次世代のロッテのエースになってくれれば…と。

ちなみに巨人の田口投手も成田翔同様、高卒でドラフト3位で指名されて入団してたんですね。で、2年目から先発ローテの一角を占めて2年連続で2ケタ勝利、と。2年目が10勝10敗、3年目が13勝4敗…っていきなり負け数が減ってるのが凄いなあ、これは。ついでに書くとこの年の巨人のドラフト1位は小林誠司捕手。ということは巨人はロッテに入った五右衛門(石川歩投手)を1位指名のくじで外した年のドラフトなんだなあ、と。もし五右衛門が巨人に入ってたらその後の指名選手にも多少の影響があっただけにここらへんの塩梅はifで考えると結構おもしろいかもしれないですね。

スポンサーリンク

で、絶好調男の人がこんなことを書いてました。

【中畑清 キヨシスタイル】他球団との“仲良し自主トレ”に疑問(スポニチ)

前日の同じスポニチにて。良し悪しは別にしても、ここらへんの懐の広さはいいねー、スポニチさん(笑)

2月1日のキャンプインに備えて選手が自主トレに励んでいる今、「これってどうなの?」と思っていることがある。

 他球団の選手が一緒になって行う合同自主トレだ。

 プロ野球にとって一番のファンサービスは緊張感あふれる対決、勝負を提供すること。シーズンに入れば敵味方に分かれて戦う相手同士が和気あいあいの仲良し軍団でいいのだろうか。

 グラウンドは戦場。星野仙一さんは常に「なれ合いはいかん!」と訴えていた。「相手チームの選手とあいさつしている姿をファンに見せるんじゃない」とあいさつも禁じていた闘将の遺志を継いで言っておきたい。

 携帯やメール、SNSで簡単に連絡が取れる時代。侍ジャパンで一緒になったり、出身校が一緒だったりする選手が交流するのは分かる。トレーニング方法や技術を共有したい気持ちも分かる。でも、それはシーズン終了後から年内で収めてもらいたい。

 年が明け、シーズンに向けての準備に入ったら戦闘モード。体づくりと同時に闘争心を高めていかなきゃ。この時期に他球団の選手が仲良く情報や技術を共有してるってのは決していいイメージじゃない。

 角界でもモンゴル出身の力士が以前、場所前に集まってゴルフを楽しんでいたと言われたよね。もし事実だとしたら残念。他球団の選手の合同自主トレにはそれに似た空気を感じるんだよね。

 最近は厳しい内角攻めや荒いプレーが減って乱闘がなくなり、コリジョンルールで本塁ベース上の激突プレーも消えた。今季から導入されるリクエスト制度で監督の猛抗議もなくなる。

 決してラフプレーや暴力を礼賛するわけじゃないけど、これも野球の一部という見せ場が減り、かつて球場にあった「殺気」がどんどん薄れていっている。これでいいのかな。

 プロ野球に求められるのはファンがワクワク、ドキドキする対決。選手がヒリヒリするような緊張感で勝負に臨む環境をどうやってつくっていくか。その第一歩として自主トレはどうあるべきか。みんなで考えていきたい。

ま、FAがなかった頃はこういうのもアリかもしれないけど、巨人なんかはガンガンFAで選手取ってるし、同じリーグだと「殺気」も必要かもしれないけど、セリーグパ・リーグのチームの間柄だったら田口投手に弟子入りする成田投手の件も大いにアリなんじゃかな、と。

ダチョウ倶楽部と上島竜兵、偉大なり(笑)

これで思い出した話がひとつ。野球ではないんですけども、

柏レイソルのパク・ジョンスとクリスティアーノの間で小競り合い再び!?まさかの結末が……(ドメサカブログ)

昨年の天皇杯の柏レイソル対横浜マリノス戦で試合後に衝突した柏のクリスティアーノ選手(個人的には甲府時代にお世話になりました)と、横浜Mのパク・ジョンス選手の一件。パク選手がシーズン後に柏に移籍してきて、「因縁(?)」のクリスティアーノ選手と遺恨再燃か、と思ったらしっかりダチョウ倶楽部ばりのオチに持っていってるとこがさすが(笑)

https://twitter.com/Rey_kun/status/955106187921338368?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fblog.domesoccer.jp%2Farchives%2F60096167.html

ダチョウ倶楽部ばりにしっかりネタにしてくるんだもんなー、しかしこういう柏レイソルの和気あいあいさももちろん素晴らしいんですが、ここはやはり上島竜兵、偉大なりと(苦笑)


↑個人的にはこっちの始球式のネタも大好きですなー。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ