評論家・西部邁氏が入水自殺のニュースにしばし絶句してしまった。

今しがた、夕方のウォーキングと備蓄用のバファリンが切れてしまったのでドラッグストアで買ってきて帰ってきて、Twitterを見始めたら、最初に目に入った落語家の立川キウイ師匠のツイートを見て「絶句」してしまった。

( ゚д゚)ポカーン←こんな感じで5分ほど

評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳(産経新聞)

産経新聞にこのような記事が載ってました。

21日午前6時40分ごろ、東京都大田区の多摩川河川敷で、通行人から「男性が川に飛び込んだようだ」と110番通報があった。駆けつけた警視庁田園調布署が男性を救助し、病院に搬送したもののまもなく死亡が確認された。

 同署によると、死亡したのは評論家の西部邁(すすむ)さん(78)。目撃情報などから自殺とみられ、同署で当時の状況を調べている。

どちらかというと保守系論客で私自身の若い頃は基本的に相容れない感じの論客の方だったんですが、それでも「博覧強記」の言葉の通り、保守系でも左翼系でも何でもよく知っていて全てをいったんは咀嚼した上で淡々と話される語り口と、その広く深い知識・含蓄は凄い人だなーと、少しずつ年齢を経ていく度にしみじみ思うようになっていただけに…。

スポンサーリンク

そんなに急いで談志師匠に会いに行かなくても…(泣)

ただ、近年奥様に先立たれたり、ご自身も重い病気を患ったり…と、かなり大変だったそうで以前に比べれると表舞台・公の場には出てこられなくなってましたしね。一昔前の「朝まで生テレビ」なんかでは単純に口喧嘩と勘違いしてそうな「相手を論破するだけの論客」じゃなくて、それらをわかった上で受け止めるスタンスやその姿勢とかが物凄く印象的だったんですよねー…、それと東京MXテレビで共演してた立川談志師匠が物凄く「一緒に居て楽しそうな顔をしてた」ことも。

個人的に最も記憶に残ってるのが、テレビ朝日の深夜帯にやっていた討論番組で(テレビ朝日で毎週、田原総一朗氏が司会で4人ぐらいの論客が討論する番組でした。朝生のミニ版みたいな番組でしたね。タイトルは忘れましたが)、評論家の宮台真司氏と相対する時に、「この人と討論しても無駄だから」って番組開始早々に帰っちゃったことと、「大人は漫画なんか読むんじゃない」とか書いたのをきっかけに「ゴーマズム宣言」の小林よしのり氏と大喧嘩になって漫画上でコテンパンにヤラレてたことかなあ…、いずれも後年両氏と「和解」してる記事みたいなのを見た時にはびっくりしましたけどね。

前者なんかは橋下徹氏と水道橋博士氏が揉めて博士が番組途中で降板して帰っちゃった件を知った時にすぐにそれを思い出したんですが、たぶん20年前にTwitterがあったら、西部氏はこてんぱんにネットでヤラれてたんだろうね…。ある意味でかろうじて「古き良き」時代だったんかもしれませんね。

いやただただ驚くばかりです。でもさ談志師匠とそんなに急いで再会しなくてもなー(泣)。

ご冥福をお祈りいたします。