現役ドラフト。ロッテの成田翔投手がヤクルトに、そしてロッテにはオリックスの大下誠一郎選手が。

【現役ドラフト】ロッテはオリックスから大下誠一郎を獲得 成田翔がヤクルトへ(スポーツ報知)

さて今日は現役ドラフト。ロッテの選手から誰が指名され、ロッテは誰を指名するんだろうと思ってたら、成田翔投手がヤクルトに行き、ロッテに来るのはオリックスのヤジ将軍の元気者・大下選手でしたか(笑)

出場機会の少ない選手の移籍活性化を目指す「現役ドラフト」が9日、初めて開催され、ロッテはオリックスから大下誠一郎内野手を獲得した。

 パンチ力のある打撃が魅力でガッツあふれるプレーでもチームを盛り上げるムードメーカー的存在。今季は1軍出場5試合にとどまったが、21年9月7日のオリックス戦(ほっと神戸)で代打で同点ソロを放つなど、勝負強い打撃を披露していた。

一方、チームからは中継ぎ左腕・成田翔がヤクルトへの移籍が決まった。プロ7年目の今季は1軍出場無しもファームでは46試合に登板し、3勝0敗、1セーブ、防御率2・27をマークしており、それぞれが新天地での活躍を目指す。

なんとなくあちこちで予想されてたのが、ポニョ菅野か、成田翔かもしくは平沢大河か…と、20代中頃から後半に入ってきて「今までの井口監督の下でのアレな使われ方をされていて、そろそろロッテ以外のチームに移籍して心機一転頑張った方がいいんじゃないの?」と心配されていた選手たちが現役ドラフトにかけられるのでは、と。そしたら成田翔投手でしたか。

【千葉ロッテ】ドラ3・成田翔の、高校の卒業式の記事になんか気持ちがぽかぽかする思いに…。

2016年3月4日

千葉ロッテの成田翔投手が、物凄い場面で1軍初登板を…。

2017年9月6日

↑ここらへんが懐かしいですねえ…。

ただ、なんとなくですが、ロッテ→ヤクルトだとかつての成瀬投手(この人も左腕でした)とか、野手だと大松尚逸選手とかが移籍して特に大松選手に関しては2度もサヨナラのチャンスで代打で使ってくれてその期待に応えてサヨナラホームランを打たせてくれたってこともありましたし、もしかしたらセ・リーグに移籍してそのワンポイントでの使われ方などで「化ける」可能性もあるかもしれませんね。何より課題は制球力。2軍施設だと浦和から戸田(近々、茨城に移転するという話もあるそうですが)、1軍施設だと幕張→神宮に移るわけですが、ベストを尽くせるように頑張ってほしいっす。

スポンサーリンク

「うぎゃー!」でおなじみの(?)ヤジ将軍・大下選手がロッテに来るとは(^_^;)

そして一方でロッテが選んだのは、オリックスの大下誠一郎選手でした。去年は「うぎゃー!!」でおなじみの(?)ベンチでのヤジ将軍でえらいうるさい…もとい、えらい賑やかにチームを盛り上げてくれていて、しかもロッテ戦では同じ試合で佐々木千隼から同点弾、更にタナヤスからサヨナラ打まで打ってましたからねえ。

【千葉ロッテ】昨日は中継見ていて久々に胃が痛くなるような試合ですた。

2021年9月8日

↑この日は先発の美馬投手が好投し、更に俺達の荻野貴司が5打数4安打の大活躍だったのにねえ…。

で、今年はなんかオリックスのベンチは静かだなあと思ってたら今年は1軍出場が5試合だけだったようで…なるほど大下選手がいなかったんですね(^_^;)。

ま、元々オリックスとロッテは似た者同士(投手陣が素晴らしく、打撃陣は火がつく時とつかない時のギャップが激しすぎて(号泣))ですし、大下選手は学年で言えば平沢大河とか佐藤都志也、高部瑛斗などなどとても同世代が多い97年生まれらしいので(ちなみに今回、ヤクルトに移籍する成田翔も同学年になります)、キビキビとしたプレーをしてくれて頑張ってくれれば、ロッテの場合はさほど生え抜き・外様の差別はない(少なくても巨人とか阪神とかは)と思われるので、一応ラストチャンス、そしてがけっぷちとしてプレーでの頑張りもそうですが、周りが活性化するような元気のあるベンチの声掛け等々もよろしくおねがいします(笑)

※ちなみに成田投手は背番号41、大下選手は背番号40だったんで、大下選手はロッテに来たらそのまま41をつけることになるんだろうかな?

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ