【千葉ロッテ】予想してた以上に佐々木朗希投手はプロ向きかもしれないな…。

【ロッテ】佐々木朗希、入団秘話…柳沼スカウトが明かす“令和の怪物”(スポーツ報知)

ドラフト会議当日の「舞台裏」の動画で一役注目されることになった(?)担当の柳沼スカウトが話してた記事なんですが…佐々木投手の日常の練習話とかを聞いて、予想よりもこの人はプロ向きなんでは?といい方向で驚いた。

↑くじ当たりの瞬間は直前の3分5秒あたりからどうぞ。それにしても動画の再生回数37万回は凄いな…(^_^;)

ロッテからドラフト1位指名された佐々木朗希投手(18)=大船渡高=の入団が30日、決まった。岩手・大船渡市内のホテルで入団交渉を行い、高校生ながら新人選手の最高条件となる契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意。最高条件での合意は球団高卒投手史上初、甲子園未経験の高卒選手としても史上初となった。背番号は17番に決定。担当の柳沼強スカウト(45)が“令和の怪物”獲得の秘話と素顔を明かした。

 ブルペン捕手から2月にスカウトへ就任し、初めて佐々木君のことを見たのは3月31日、栃木・矢板で行われた作新学院との練習試合でした。気温5度くらい。ブルペンでは軽く投げていましたが、マウンドではひょう変。躍動感が一気に上がりました。足があんなに高く上がるのに、バランスが崩れない。ホームベースまでの18・44メートルが近くに見える。これまで多くの高卒投手の球を受けてきましたが、あんなに大きく見える投手はいなかった。ビックリしました。

 スカウトは練習中の姿を見るのも仕事。練習への姿勢や性格も知ることができます。忘れられないのが4月16日からの3日間。他球団がいない中、高校のグラウンドで練習を見ました。

 そこで見えたことは1球1球、考えながらピッチングができていること。サインを出して変化球も織り交ぜながら実戦をイメージできていた。当たり前にできることじゃないですよ。打撃、走塁、ランニングの量、一つひとつ考えながら黙々と練習ができるタイプ。自分のペースも崩さないですし、常に良いものを目指している。プロ向きですよね。公式戦では他球団より少しでも良い席で見ようと、午前4時から並んで、場所取りしたこともありました。

 交渉権を獲得してから佐々木君と話す機会がありました。「プロではどんなトレーニングをしてるんですか?」「どれくらい走ってますか?」など、熱心に聞いてくる。さらにレベルアップしたいという意欲を感じました。おとなしいイメージを持ってましたけど、実際に話すとしっかりした若者です。こちらから質問しても簡単には答えを出さない。ひと呼吸置いてから考えて話し出す。物事を理解してから動くタイプかなと思います。

 現在の佐々木君の最速が163キロ。本人は大谷君の165キロを超えたいという目標を持っていると聞きましたが、僕は「170キロを出してほしい」という思いを込めて、17番を提示しました。今後は12球団NO1の投手になってほしい。けがせずに慌てずに。日本一のピッチャーになれる逸材ですからね。日本でシーズン20勝を挙げてほしいです。

正直言って思ったのは、「なんだ、日ハムの新人時代のダルビッシュ投手よりも全然「大人」じゃないか…」と(苦笑)。ダルビッシュ投手の時はパチンコやってタバコ吸ってたのが週刊誌に乗ってえらく物議を醸してましたが、それに比べると全く浮かれてないし、考え方が早くもプロ向きっぽいのに驚きですね、これは。もっともダルビッシュ投手もそこからあれだけのすごい投手になったんですし、まだまだ一概にも言えないのも事実なんすけどね。

…で、気になったのは佐々木朗希投手と同郷の大谷翔平投手はやはり日ハムに新人入団する際の高校生の時はどうだったんすかねえ。以前、ラジオで日ハムファンの伊集院光御大が言ってたのは「大谷投手は良くも悪くも野球バカで、その他の趣味がほとんどない」との事でしたから、妙な誘惑にははまらなかったのかもしれないですね。

とはいえ、高校出ていきなり首都圏の生活(浦和の2軍寮とはいえ)で戸惑うことも多いと思うし、練習メニューや量が本人が想像してたのよりも格段に「きつい」かもしれませんが、そこは回りのコーチやスタッフさん、寮の仲間に支えられて少しずつ本格的な先発投手を目指して頑張ってほしいですね。いやあロッテ球団、これだけの逸材、本当に大事に育てろよ?(大汗)

スポンサーリンク

来年も春季キャンプは石垣島で…と。

実は当初のメイン(一番上の)記事は「こちら」でした。いや、アイキャッチャー用の画像フリーのサイトで「背番号17」のちょうどよい画像をみつけちゃったんで前後を入れ替えまして…(苦笑)

チーム本隊は1月30日にキャンプ地・石垣島に入り、2月1日にキャンプイン(Full-Count)

少し前に新人合同自主トレをZOZOマリンで、そして途中から春季キャンプ開幕前の石垣島でやる…みたいな話は出てたのでほぼほぼ確定してたんですが、改めて千葉ロッテ球団から発表がありました。

ロッテは1日、2020年の春季キャンプの日程を発表した。石垣島での春季キャンプは今季で13年目となる。

 チーム本隊は1月30日に石垣島に入り、2月1日からキャンプイン。2月13日にキャンプを打ち上げると、那覇へと移動する。休日等は決まり次第発表するとしている。

 また、新人選手を含む一部選手はチーム本隊よりも早く1月26日に石垣島に入り、合同自主トレを行う方向で調整しているとしている。

昨年今年と、石垣島キャンプを招致するきっかけとなった大嶺兄弟が弟が引退、兄貴が怪我で戦力外通告→育成契約に切り替わって「ああ、これは石垣島から撤退するかもな」とそんな予感もしてるんですが…もしかしたら数年来の間にそれが本当にあるかもしれませんが(そしたらたぶん他球団との練習試合とかしやすい環境も含めて沖縄本島になるんだろうな)、ひとまず「来年は」引き続き石垣島で、というのは地元ファンはほっと安堵したんでしょうね…。

で、昨年同様、「身体づくりは自分らで自主トレである程度仕上げてこい。キャンプの後半からは沖縄本島に移って実戦が中心だ」ということになるんですけども、今季はその「身体作り」がしっかりできてなかった選手が何人かいたのも事実で。逆に言えば1軍半から2軍の活きの良い若手がしっかり身体づくりもしていてキャンプでアピールできて「抜擢」されるような選手が出てくると楽しみなんだけどなーとも思いますです、はい。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。