【千葉ロッテ】5年ぶりの対ソフトバンク戦「3連戦3連勝」だったそうで…(笑)

ロッテ3連勝!カモメ祭りで鷹を“カモ”本拠地では6年ぶり(サンスポ)

去年なんかは何度3連戦3連敗をしてきたことやらソフバン戦(泣)。しかしソフバン戦自体で5年ぶり、本拠地では6年ぶりだったとは…。

(パ・リーグ、ロッテ8-4ソフトバンク、7回戦、ソフトバンク4勝3敗、20日、ゾゾマリン)

ロッテは20日、ソフトバンク7回戦(ZOZOマリン)に8-4で勝ち、今季初の同一カード3連戦3連勝を飾った。ソフトバンクに同一カード3連勝は5年ぶりで、本拠地では6年ぶり。苦手な相手を撃破して借金を「3」まで減らした井口資仁監督(43)は、交流戦前の貯金を目標に掲げた。

マリンブルーのユニホームに染まったスタンドも、思わず息をのんだのは4-2とリードしていた五回二死二塁だ。

 「チームとして勝たなくてはならないですから。ちょっと球威も落ちてきていたし」

 井口監督が迷わず投手交代を告げた。プロ初先発だった2年目の土肥(どひ)にしてみれば、アウトあと1つで勝ち投手の権利を手にする場面。だが監督は「一発が出れば同点。決めていました」と“非情”ともいえる采配にも迷いはなかった。代わった益田が失点を防ぎ、勝利への道筋をつくった。

 ソフトバンクには昨季7勝18敗と大きく負け越し、今季も開幕から4連敗。井口監督は「苦手意識というわけではないが、なめられるわけにはいかない」と常に強く意識してきた相手だった。

 今カードでは18日の1戦目に涌井が快投。前日19日はバンデンハークを打線が打ち崩し、この日も足を絡めた攻撃で好調の武田攻略に成功した。

 それでも、指揮官はただ冷徹に勝利を追求したわけではない。土肥を「内容もよかった」と評価。降板後には「次もあるから、しっかり準備しておけ」と声をかけた。その土肥も「いい経験になった。無死で走者を出したり反省もある。次のチャンスももらえたし、首脳陣に信頼してもらえるよう頑張りたい」と、白星にも劣らない大事なものを得た。

 借金はまだ「3」ある。それでも井口監督は「3連勝で自信にもなった。交流戦までに貯金をつくりたい」と、視線を高く向けた。

しかし昨日は甲府戦と同時刻試合開始の同時開催(?)で、DAZNとパ・リーグTVを同時に見てたんですが、

千葉ロッテも甲府も意外に「あっさりと」先制点を入れて共にびっくり、でした(苦笑)。

スポンサーリンク

よくスクイズを阻止したよなあー。

たぶん昨日の試合の最大のポイントはここではないか…と思うのは、2回表に1死3塁の場面があったんですが、

高谷がスクイズに失敗してバントフライになってダブルプレーというシーンがあったんですね。

去年までだったら確実にここは「手堅く」決めているソフトバンクにしては「あれ?」って感じでした。勿論、千葉ロッテの2年目の初先発・土肥と、バッテリーを組んだ田村がそれをしっかりと読み切って阻止したのも大きかったんですけどね。

それ以降はデスパイネの一発は浴びましたが、先発の土肥→益田→大谷→シェッパーズ→内…とよくぞ逃げ切ってくれました(感涙)。

1番の荻野貴司がめちゃくちゃ「効いて」ますね…。本当に去年から大きな怪我をしなくなっただけにありがたい…。

↑昨日は勝ち投手の権利が付く直前に降板となりましたが…いやいや、本当にナイスピッチングでした。

そして謎の魚氏はまたハワイで(苦笑)

しかしきゃつの活動範囲はよくわかんねえなー(汗)

果たしてそれは「営業=仕事」と言えるんだろうかと(爆)

つーか、早いとこ幕張に帰ってこい。出るタイミングなくしちゃうぞ、これw

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ