カヌーの日本選手権で、ライバル選手の飲み物に禁止薬物を入れたアホウが…。

カヌー男子選手がライバルの飲料に禁止薬物、陽性に(日刊スポーツ)

そんな嫌がらせ、一昔前のスポ根ドラマとか、大映テレビのドラマじゃあるまいし(失笑)

昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)に出場した男子選手(32)が別の男子選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入し、入れられた選手がドーピング検査で陽性となっていたことが9日、関係者の話で分かった。ともに昨夏の世界選手権代表で2020年東京五輪を目指すトップ選手で、異例の事態。

 加害選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、東京五輪を目指すライバルを陥れようとしたと説明しているという。被害選手が検査で陽性反応を示した後、同連盟による調査の中で加害選手が禁止物質の混入を認めた。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は加害選手を8年間の資格停止とする処分を固め、近く公表する。被害選手には資格停止処分を科さず、救済する。

そういえば、世界の自転車レース、例えばツール・ド・フランスとか、ジロ・デ・イタリアなんかでは沿道の観客などから飲み物や食べ物の差し入れみたいなものも受けることが結構少なくないらしいんですが、あれも「実際何が入ってるかわかったもんじゃないし、ドーピング検査があまりに厳しすぎて、うっかり陽性反応とか出たら後が大変だ」ということで、帯同するチームスタッフが管理している食べ物以外は決して口にしないようにしてるそうですしね。

↑陸上の為末大選手もこんなツイートをされてましたし。

それと漫画の話ではありますが、医療漫画「K2」で五輪や世界選手権を目指すようなマラソンランナーが交通事故でK先生からの手術・リハビリを受けて立ち直りかけた大会でドーピングにひっかかった…という話もありましたね。結局事の真相は「ライバル選手の指導者が、沿道スタッフに扮して、給水所のスポンジにドーピングにひっかかる薬を染み込ませてそれを取らせた」という話でしたが。

スポンサーリンク

「ひとまず」永久追放ぐらいしないと割が合わんわ(呆)

近年は国体レベルの大会でもドーピングをやらかす選手が出てきたり(逆にいえば国体レベルの大会でもドーピング検査を徹底するようになった証左でもありますが)、まあ「負けず嫌いもほどほどにしろよ」とツッコミを禁じ得ない話も出てきますが、それにしてもこの被害選手、ドーピング検査で陽性反応が出た時のショックを想像するに、その絶望感たるや。それは加害選手本人からの謝罪を受けたところで「はい、そうですか」で済む話ではないでしょうよ。

だってこの被害選手だってひとりで全てのことをやってるわけではないでしょうし、そばにはトレーナーや指導者、もしかしたら練習パートナー、そして五輪に出るぐらいの世界的な大会に出るためには周りの支援者や家族・身内などのたくさんの人たちもいるでしょうに。いくら「自分はそんなもんはやってない」と確信はしていても、疑いの目で見てた周りの目もあるでしょうし、この約3ヶ月の忸怩たる思いを想像するに…いやあこれは加害選手の永久追放ぐらいやらないとダメだわ、これ。

たぶん思うに、この被害選手、今後は「こういうことがないように」と言葉は悪いけど疑心暗鬼になると思いますよ。練習中に口に含む水ひとつにも過度に気を使うことになりそうですし。こんな嫌がらせをしてまで五輪に出たってどうせ上位にも入れないような「世界から見ればポンコツ」な奴が企てた一件ではあるんでしょうが(第一、超一流の選手だったまずこんなことは考えないでしょうよ)…いやあ8年程度の資格停止ぐらいでお茶を濁す気かね? 懲役8年だったらまだわからんでもないけどさ…。

いずれにしてもこんなベタなやり方。「やり方があまりに古典過ぎる」っつーの。伊藤かずえとか松村雄基が出てた頃の大映テレビ制作のスポ根ドラマじゃねえんだから(宮沢りえ主演の「スワンの涙」とかはあまりにもコテコテすぎてむしろギャグドラマとして見てましたなー)。こんなくだらねえ事を思いつくヒマあんなら冬山にこもって滝行とかの修行でもしてろバカタレ(失笑)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。