【VF甲府】今日はアウェイの熊本戦です。午後から雨予報なんですけども…。

By: othree

【甲府】バホス、3戦連発で白星導く「精度を上げる」(スポーツ報知)

今日はアウェイ・熊本戦。天気があまりよくないらしいんですけども…。ところでくまモンには会えるんだろうか(←どうでもいいわw)

J2ヴァンフォーレ甲府はきょう6日、敵地で熊本戦(えがおスタ)に臨む。5日は山梨県内での練習はせず、現地で調整した。リーグ戦直近6戦で5発と波に乗るFWジュニオールバホス(25)が、クラブ所属選手としては6年ぶりとなる3試合連続ゴールを誓った。

 才能を開花させつつある背番号29は、悔しさを胸に刻んでいた。「ゴールを決められるのは、もちろん、うれしい。でも、勝利を目指している。結果としては悔しい」。ともにホームの4月28日の千葉戦、今月3日の山口戦と先制点を決めたが、終了間際に失点して1―1の引き分けに終わった。

 2戦連発も、白星に結びつけるゴールを挙げられなかったことに、歯がゆい思いを感じている。「全てを決めるのは難しい」と冷静に話しつつも「勝つためにゴールを決めないといけない。精度を上げることが大切」と意気込んだ。

 熊本戦でゴールを決めて3試合連続弾となれば、クラブに所属した選手としては、2012年・J2リーグ戦第35節から5試合連続7得点を挙げたFWダヴィ以来となる。ジュニオールバホスは「自分の毎試合の役割は、もちろん、点を取ること。その準備をしているので、ベストを尽くして100%のエネルギーを出す。それが勝利につながると思う」と誓った。今度こそ自らのゴールを勝利につなげる。

しかしまあ、バホスがジネイを押しのけてスタメンに出て連続してゴールをゲットしてるとはねえ…。できればジネイもそうだけど2点目、3点目がもうちょっと取れるチームになってくれると嬉しい(たぶん上野監督になってからの最大の課題はそこでしょうね)。

と、同時にそういえば…と思い出したのは、「5試合連続7得点」のダヴィはその2012年の年は、後半ロスタイムで逆転弾…ってのを何度かやってましたね。特に北九州戦と栃木戦はよく覚えてます。しかもどっちもなかなかの泥仕合で決勝点のシーンは「シュートを決めた」ってよりも「ゴール前の大混戦の中、むりやりボールを押し込んだ」ってのが。どちらもアウェイでしかも自分のチームのサポーターがいるゴール裏だったんで、まあ大喜びだったでしょうね。

特に栃木戦は、その日は悪天候予報で実際に夜から大嵐になったんですが昼間は天気が良くて「宇都宮まで行こうかどうか悩んだ」ってのを。スカパーで中継見ていて逆転弾に大喜びしつつも「行けばよかったなあ」と苦笑いしたのも…まあ行ったら行ったで当時は自家用車がまだなかったんで、電車乗り継いで青梅線沿線まで帰ってきた頃には外にも出たくないような大嵐だったんで痛し痒しだったんですがね(汗)

ちなみに今日の熊本の天気は、というと、

確か13時キックオフだったと思うんですが、これを見る限り、後半ぐらいから雨がポツポツ…って来るかもしれませんね。いやあナイターじゃなくてよかったかもしれないね。

スポンサーリンク

誰かパトちゃんに有能な弁護士でも紹介してやれ。

広島FWパトリック、日本帰化ならず「僕はすごく望んでたけど…」(ゲキサカ)

甲府にも在籍してた事がある(そしてJ1残留に大貢献してくれた)、広島のパトちゃんの話なんですが…あれほど日本を愛してる外国人選手も珍しいのに法務省、気が利かねえなあ。

サンフレッチェ広島のFWパトリック(30)が4日に自身のインスタグラム(@patrigol)を更新し、日本への帰化が叶わなかったことを明かした。

 パトリックはポルトガル語で「僕の帰化はうまくいかなかった」と報告すると、続けて日本語で「僕はすごく望んでたけど、残念ながら変えることははうまくいきませんでした。日本の為にプレーできる何かチャンスはあるかなあ?I love japan」と綴っている。

 パトリックはG大阪所属時の2016年1月にツイッター(@patricaguiar)で「日に日に更に日本のことが好きになります。僕の事をオープンに受け入れてくれた国です。私はいつの日か帰化する事が出来ればそれがおこればとても幸せに感じるだろうなあ。私の夢はそれと支持される日本の色、名誉のあるこのユニホーム」と日本国籍取得へ意欲を示していた。

 その後、パトリックは2017年6月に広島へ加入。今季J1リーグ戦では12試合に出場して得点ランキング2位タイの7ゴールを挙げ、J1通算では123試合で41得点を記録している。

誰か帰化に精通していてそっち方面にめっぽう強い(法務省に顔が利くとか)弁護士とか行政書士とか紹介してやれよ。それこそよくわかんないへっぽこモンゴル人力士ですらあっさり帰化が通っている…というか力士で却下された人って聞いたことないんだけど…戦前のプロ野球選手のビクトル・スタルヒン投手なんかは帰化を熱望してたのに却下され続けていた逸話は有名なんですけどね。

というか政財界に顔が効きそうなサッカー協会、こういう時に身元引受人みたいな形で動いてやればいいのに。そこで悪評ふんぷんの田嶋会長が大義名分はどうでもいいからちょっと水面下で動いてやれば名誉挽回できるかもしれんのに。とりあえず今は好調・広島で頑張れ。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ