甲府、新潟、大宮、千葉、京都…。何だこの「後方待機からマクレ」的な(汗)

※えーと今回の記事は千葉ロッテではありません。ヴァンフォーレ甲府の記事です(爆)

【甲府】20位愛媛にドローで3戦勝ちなし、吉田監督の去就に社長「いったん持ち帰る」(スポーツ報知)

ま、正直良く朝起きたら監督交代、とかなってない事を祈る。とだけ思ってたのだが、今のところはそうなってないようでひとまず…。

◆明治安田生命J2リーグ第10節 愛媛0―0甲府(21日・ニンジニアスタジアム)

 ヴァンフォーレ甲府はアウェーで20位・愛媛と対戦し、0―0で引き分けた。この愛媛戦からリーグ戦で3連勝を達成することができなければ、吉田達磨監督(43)の進退問題が浮上する可能性もある中での“初戦”だったが、守備を固める相手にゴールを割ることはできず。勝ち点1を積み上げるにとどまった。試合後、クラブの藤原弘・代表取締役社長は指揮官の去就について「すぐに判断することはない。いったん持ち帰る」との方針を明かした。

 夜空に試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、ヴァンフォーレ甲府イレブンがガックリと肩を落とした。遠く愛媛まで駆けつけた甲府のサポーターが陣取るスタンドは静まりかえった。吉田監督は「選手は戦おうというところを見せてくれていた。ただ、ゴールを割ることはできなかった」と厳しい表情で語り出した。

 立ち上がりからボールを支配する時間が続いた。だが、主将のDF山本英臣(37)が「相手が守りを固めていたが、それを崩すアイデアが足りなかった」と話すように、最後の決定力を欠いた。シュートは甲府の10本に対し、愛媛はわずか2本。押し込む場面は多かったものの、ゴールは遠かった。

 14日のホーム・松本戦では0―1の敗戦。第9節終了時点で勝ち点9の17位に沈む状況に、試合後一部のサポーターが居残り、佐久間悟・代表取締役GM(54)と吉田監督が説明する事態に発展した。同GMによると、リーグ戦3連勝を“約束”。成績次第では指揮官の進退問題が浮上する騒動となった。そんな非常事態で迎える大事な“初戦”だったが、無情のスコアレスドローに終わった。

 これでリーグ戦3戦連続で勝利なし。早くも“ノルマ”は達成できない結果になったが、試合後、吉田監督は自身の去就について「基本的にはクラブに任せるしかない」と明言は避けた。一方、クラブの藤原社長は「すぐに(進退を)判断することはない。(監督交代で)様々なリスクもある。もう少し見るという話しになるかもしれないし…。いったん持ち帰って話し合いたい」と語った。1年でのJ1復帰を目指す甲府が、長いトンネルに迷い込んでいる。

昨日、DAZNで観てた感想の記事も書きましたが…。

正直言って、たぶん吉田監督の現状の戦略では「打つ手はない」ですね。

スポンサーリンク

「監督交代ブースト」には期待しないほうが良い。

だからといって監督交代させて、例えば佐久間GMが三度監督として登板して、いわゆる「監督交代ブースト」でどーなるか、と思うと、

↑画像検索からお借りしてきました(多謝)。

…としか思えないんだよなあ。

だってFWにジネイ、リンス、バモスという「超J2級、その気になればJ1でも2ケタ得点取れそうな選手」を擁して「これ」でしょう? 今年に関して言えば、浦和レッズが大槻の親分、もとい大槻暫定監督の元でどうにか立て直しに成功はしましてオリベイラ新監督に引き継ぎをできましたけど…(大槻のおやびんは引き続きトップチームのヘッドコーチを務めるそうですね。まさにボスのそばに控える若頭に(←こらっ))。

今の甲府にとって「劇的な変化」があるとすれば、よほどシステムをいじって彼ら(および彼らにボールを供給できる司令塔的なパサー)が仕事しやすいようにするぐらいしか思いつかないですもの。例えばいっそのこと4バックにするとか。…ただ失点のリスクは高くなるから臨機応変にシステムを試合中に変動できるような理解度を深める必要性もありますけどね。

そこらへんの「戦術浸透」がしっかりしてくるのは…吉田達磨氏がこのまま指揮をとっても、仮に監督交代して「監督ブースト」を期待してもたぶん早くても5月下旬、遅くても6月半ばから7月先までかかるでしょうね。そりゃ監督交代しました→選手に「申し訳無さ」で気合が入ります→ちょっとは結果が出ます…ってことはあるかもしれないけどね。長期的に見ればやはりあと1ヶ月から1ヶ月半はかかるんじゃないでしょうか。

※無論、吉田達磨氏が「この選手欲しい」と言って獲得した選手たちが「ようやく甲府の水に慣れて思い通りのプレーができるようになる」という伸びしろがある可能性も全然ありますし、ここらへんでひどく悩んでるんじゃないでしょうかね。現場もフロントも。ただ無闇矢鱈なファウルやカード、それに伴う怪我には気をつけろよ、とも。

とりあえず若手の小塚とか高野とか佐藤、更に堀米あたりはもっと好きにやれ。「リンスやジネイを得点王に引っ張り上げて俺がアシスト王になってやるぜ。そして甲府を踏み台にして、もっと高い年俸出すチームに行ってやるぜ(謎)」ぐらいの強気なプレーでいいと思うよ? 皆が皆、下を向いてても仕方がないし(ま、活躍したらしたで黙ってないチームがあるでしょうよ、な、JFK氏…?)。

※ま、Mr.ヴァンフォーレ・石原克哉の背番号7を引き継いだ堀米勇輝が引き抜かれたらそれはそれでショックはでかいんだけどさ…。

一応フォローすれば「失点力を減らす」ことに関してはほぼほぼ成功してるのも事実です。セットプレーでヤラれた一発がそれが致命的になってるだけで(「だけ」と言うにはめちゃくちゃダメージが大きいのも事実だけど)。現在J2リーグ戦で10試合終わって9失点。これは上から5番目に「失点が少ないチーム」なんですね。一方で8得点、これは下から3番目の「得点が少ない」のが(以下略)。

※つーか、8点のうち、4点が岐阜戦ってのもすごすぎる(^_^;)

ん、皆さん馬群を避けての「後方待機」ですか?(謎)

それにしても今年のJ2は、

京都ついに初の最下位転落 千葉は19位 元J1クラブ苦戦続く(スポニチ)

甲府が17位、千葉が19位、京都が最下位って。

明治安田生命J2リーグは22日、各地で第10節最終日の7試合が行われ、大分が1―0で金沢を下して7戦負けなし。勝ち点21で並んだ岡山を得失点差で上回って今季初の首位に立った。大分は0―0で迎えたアディショナルタイム突入後の後半48分に丸谷が決めた今季初ゴールが決勝点となった。

 山口は高木、小野瀬のゴールで町田を2―1で下して3位をキープ。昨季J1同士の対戦となった新潟と大宮の1戦は、アウェーの大宮が大前のゴールで1―0で勝ち、4戦ぶりの勝利を挙げた。新潟は4連敗となった。福岡は3―1で千葉に勝って4戦負けなしの2連勝。敗れた千葉は19位に後退した。

 四国勢同士の対決となった1戦は、讃岐が1―0で徳島を下して8試合ぶりの勝利をマークし、6試合ぶりに最下位脱出。代わって京都が今季初の最下位に転落した。徳島は5戦勝ちなし。松本は1―0で山形に勝ち、5戦負けなしの2連勝。横浜FCと栃木は0―0で引き分けた。横浜FCは3試合連続ドローで5戦勝ちなし。51歳のFW三浦知良は3試合連続で出番がなかった。

いやあこれ、見方を変えれば、

「今は後方待機。勝負は4コーナーもとい夏休みに入ってからだ」

的な感じにも…いやいやいや(大汗)。いくら新潟14位、大宮15位だからって。無論、単純に言えば「J2をあなどるなよ?」って事になるのは言うまでもないんですけどね。

ただまあ、今後の立て直しおよび伸びしろを期待するとして…いっそのこと我が甲府の「目標」としては、

「Jリーグの「鬼脚」ブロードアピール」の異名でも狙いますか(←をいw)

↑いやあ今年の甲府のスローガンこそ、「マクの方が良かったんじゃねえの?(ノД`)シクシク

しかしこれで11月の時期に最終順位を見た時に「後方待機」の連中が上位を占めてたらもう笑いしか無いけどな。だとすれば各チームのデータ分析担当は「今のうちにお互い食い合っとけ食い合っとけ。そんでもって日替わりの「FC首位」ぶっ倒して、首位から15位ぐらいまで勝ち点差10の中の団子状態で夏まで行ってくれ」…と鬼のような顔してニヤニヤと(意味不明)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ