愛媛0-0甲府。「ただまあ、打つ手はないです(大泉洋風に←ん?)」

甲府、押せ押せの展開も…愛媛が耐え凌いでスコアレスドロー(ゲキサカ)

DAZNで見てました。ま、後半の途中、15分ぐらい晩飯食べるんで席は外してましたが…。

[4.21 J2第10節 愛媛0-0甲府 ニンスタ]

 J2リーグは21日、第10節を行った。ニンジニアスタジアムでは愛媛FCとヴァンフォーレ甲府が対戦し、スコアレスドロー。ともに3試合白星なし(2分1敗)となった。

 前半は甲府がボールの主導権を握った。前半25分、MF堀米勇輝のパスをPA右で受けたFWリンスが右足を振り抜くが、相手のブロックに阻まれる。29分には、PA左角付近でFKを獲得すると、堀米がクロスを供給。FWジネイが競ってこぼれたボールからMF窪田良が立て続けにシュートを放つが、ライン上でDF前野貴徳にクリアされた。

 今季ホーム初勝利を目指す愛媛は、前半ほとんどチャンスを作れなかった。31分に、ハーフェーライン付近でルーズボールを回収したMF神谷優太がGK岡大生の位置を確認し、意表を突いたロングシュートを放ったが枠外。前半のシュートはこの1本にとどまった。

 後半も甲府ペースで進んだ。2分、敵陣中央でFKを獲得。堀米がゴール前に蹴り込むと、DF今津佑太が打点の高いヘディングシュートを放つが、GKの正面。12分には、ゴール正面の絶好の位置でFKを得たが、堀米のシュートは枠を大きく外れた。直後に堀米に代えてFW森晃太、16分にはジネイに代えてFWジュニオール・バホスを入れた。

 なかなかチャンスを作り出せない愛媛は、後半20分に2枚替え。FW丹羽詩温とFW小暮大器を下げ、FW有田光希とFW吉田眞紀人を投入した。甲府は30分、最後の交代カードで窪田に代えてMF島川俊郎を送り込む。
 終盤になるにつれ、甲府の押せ押せの展開。後半42分、右サイドのFKからMF小塚和季がPA内へクロスを送り、島川が頭で合わせたが、枠を外れた。試合は最後までスコアが動かず、スコアレスドロー。勝ち点1を分け合った。

とりあえず思うのは、

【甲府】“負けられない3連戦”初戦へ一丸…できなければ吉田監督進退も(スポーツ報知)

前節の松本戦の試合後にゴール裏のコアサポと監督・GMのお話し合い(?)で「負けられない3連戦」と銘打たれた試合の緒戦、ではありました。

J2ヴァンフォーレ甲府は21日、敵地での愛媛戦(ニンスタ)に臨む。チームは20日、昭和町内で最終調整を行った。ここからリーグ戦で3連勝を達成しなければ、吉田達磨監督(43)の進退問題が浮上する可能性もある中での“初戦”。指揮官は「一丸」をテーマに必勝を誓った。

 ピッチに強い日差しが照りつける中、大事な一戦に向け、イレブンは闘志あふれる表情でボールを追いかけた。吉田監督は「緊張していると思うが、ピッチに立って、一度ボールが回ればね。みんな、気合が入っている」と語った。

 14日のホーム・松本戦で0―1の敗戦。現在2勝3引き分け4敗と黒星が先行している状況で、試合後には一部のサポーターが居残り、佐久間悟・代表取締役GM(54)と吉田監督が説明する事態に発展した。同GMによると、リーグ戦3連勝を“約束”。成績次第では指揮官の進退問題が浮上する騒動となった。

 だが、「(選手は)難しいことを考えずにサッカーをすればいい」と吉田監督。さらに「彼らはひとつになってやって、力を出すことが大事。それだけを守ってくれれば」。あくまで目の前の相手に集中し、一丸で勝利を目指すことを求めた。

 選手も分かっている。主将のDF山本英臣(37)は「勝利のために90分間、ひとつの隙もつくらないこと」とポイントを挙げた。MF堀米勇輝(25)は2014年に在籍した古巣との一戦となるが「プレッシャーがかかった状態で自分らしくプレーできるかが大事。持てる力を全て出し切ることに集中したい」と気合。総力を結集して白星を奪う。

…とまあ、「ひとつのすきも作らないこと」は実践できた試合でしたね。実際、愛媛のチャンスはほぼ無かったに等しかったですから。

で、あえて「監督の進退問題はさておき」としたい、いや、「したかった」んですが…。

スポンサーリンク

「ただまあ打つ手はないです」。

ただ、甲府サポの方々にはお叱りを受けてしまうのも承知であえて厳しく辛いことも書きますが、

なのも事実なんスよね。

これが「攻撃のパターンの連携を含めた練習が少ない、もしくは軽視してる」のか「対戦相手へのデータ分析が足りてない(だから対戦相手に対応したサッカーができてない)」のか、それとも「特定の選手がゴールを決めさせないと罰金みたいなチームの「規律」があるのか」は知りませんが、いずれにしてもですね、

「現実は正解である」という事を、辛いけど最早全身で認めなきゃもう駄目なリミットに来てるんでしょうね、たぶん。

ゆえにそれの打開をするのに「しっかりとしたデータ分析担当を置く」とか「ボールをFWに供給できるようにポジションをいじる」か「前線のFWにボールを供給できる有能な司令塔・パサーを取る」とか、そして「(もっと攻撃のバリエーションが豊富な)監督に交代させる」とか、その軽重は別にしてもチームとして「手は打たないと」そろそろやばい、というのはあえて書いておきましょうかね。

個人的には、松本戦の後の言った「3連勝しないと進退問題に関わる」の件に関しては、このまま吉田達磨氏が監督を続けるにしても、試合後ロッカーで佐久間GMが更迭を通達してたとしても「全く驚かない」ですな。ボールポゼッションを圧倒してほとんど愛媛の攻撃陣(とはいえあの新潟を撃破したチームですから弱いわけはないです)に”仕事をさせなかった方”を取るか、イップスのごとき状態になっている得点力不足の方を取るか…。ここらへんを天秤にかけて佐久間GMや甲府上層部がどっちを取るか、でしょうな。

※なので甲府の上層部が「今年は育成の方を重視するんで順位は目をつぶる」とか「6月ぐらいまではチーム作りに専念して、そこから攻勢をかけるように努力する」ですでにシーズン前から一致していて、育成に定評のある吉田達磨氏を切らないという手で、あえて腰を据えて頑張るつもりだったらそれはそれで構わないと思いますけどね。ただ、観客動員的にどうなるかは知らんけど…(調子が上がって順位が上がれば動員も増えていくでしょうけど)。

いずれにしても、今までの対戦相手も、そしてこれからの対戦相手も、J2で対戦する全21チームの殆どはほぼ全て甲府のデータを丸裸にして対戦に及んでるのは間違いないです。逆に甲府が対戦相手のデータをどのぐらい重要視してるのか…は、正直さだかではないですが、まあ今のままだとまさに「ただまあ、打つ手はないです」って感じですね。

んな、インキーマンの鈴井さんぢゃないんだから(意味不明)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ