【J2第5節】甲府0-1徳島。とにかく球際の勝負が…。

甲府0-1徳島(スポーツナビ)

DAZNで見てました。まあ後半はいつ点を取られてもおかしくない試合でしたな…。

岩尾のFKからオウンゴール誘発!終盤に均衡破った徳島が甲府を下して3連勝(ゲキサカ)

ゲキサカさんに今日の試合概要が載ってましたので…。

[3.21 J2第5節 甲府0-1徳島 中銀スタ]

 J2リーグは21日、第5節を全国各地で行った。山梨中銀スタジアムでは、ヴァンフォーレ甲府と徳島ヴォルティスが対戦し、1-0で徳島が勝利。3連勝を飾った。

 17日に行われた前節・福岡戦(2-0)で今季リーグ戦初白星を飾った甲府は、その試合から先発4人を変更。DFエデル・リマとMF新井涼平、MF佐藤和弘、FW田中佑昌がスターティングメンバーに名を連ねた。2連中の徳島は、前節・千葉戦(4-1)と同じ11人を選択し、3連勝を狙う。

 入りが良かったのは甲府だったが、前半15分にFWリンスが負傷交代を余儀なくされ、FW金園英学を投入。早々にアクシデントに見舞われたが、27分にゴールネットを揺らす。MF佐藤和弘の右CKからFWジネイがヘッドでつなぎ、金園が横に出したパスを田中が右足で押し込んだが、オフサイドの判定。惜しくも先制点とはならなかった。

 徳島は前半30分、PA右手前でFKを獲得。MF岩尾憲が右足で壁の外から巻いたシュートを放つと、枠を捉えていたが、GK河田晃兵の横っ飛びセーブに阻まれ、先制点とはならず。アディショナルタイム1分には、右サイドからMFシシーニョが精度の高いアーリークロスを供給。ゴール前に走り込んだFW呉屋大翔が頭で合わせたが、わずかに枠を外れた。

 スコアレスで折り返した後半13分、甲府は右サイドをドリブル駆け上がった田中がセンタリング。ファーサイドに走り込んだ金園が頭で合わせるが、GKカルバハルにキャッチされてしまう。

 均衡した状況が続く中、徳島は後半16分に呉屋を下げ、FW山崎凌吾を投入。すると、直後の17分、シシーニョが左サイドへ送ったボールをDF内田裕斗がダイレクトで中央へ送り、山崎が左足で合わせたが左ポストを直撃。18分にもPA左から山崎が決定的なシュートを放ったが、これも右ポストに阻まれ、立て続けに先制のチャンスを逃した。

 徳島がボールの主導権を握って試合を進めるが、スコアはなかなか動かない。後半30分、MF杉本太郎が左サイドからのクロスを受け、PA手前から右足を振り抜くが枠の左へ。それでも37分には、内田がMF湯澤聖人の危険なスライディングを受けて、湯澤が一発退場。数的優位に立つと、このFKから岩尾がゴール前に入れる。これに対応した甲府の新井の頭をかすめてゴール右隅に吸い込まれ、均衡を破った。

 その後、徳島は甲府の反撃をしのぎつつ、後半アディショナルタイム4分にはFW島屋八徳がクロスバー直撃のミドルシュートを放ち、1点を守り抜いて完封勝ち。開幕2連敗とスタートはうまくいかなかったが、徳島が3連勝としている。

という感じでした。

スポンサーリンク

ほんとに雪…だねえ。

都下の我が家も午前中から雪が降ってましたが、甲府もやはり積雪があったそうで、試合前には雪かきが行われてたそうです。

で、DAZNの中継をよーくみると、ピッチに雪かきした跡と、バックスタンド側のアンツーカーとの境目に雪の山が…。

で、雪の試合対応で試合球もオレンジ色のボールに。いやあ高校サッカーで見たことがあるなあこういうの。

スコア的にはオウンゴール一発な試合、ではありましたが…。

試合序盤はピッチコンディションにお互い苦労して思い通りなパス回しとかができない状態だったりしたんですが、甲府の方は少しずつパス回しもできるようになった…矢先に、ツートップのひとり・リンスがハムストリングス系の怪我が発生したらしく大事を取って交代となり、金園が投入されてました。

その後はゴール前に迫るシーンもあり、オフサイドになりましたがゴールネットを揺らすシーンもありつつも前半は0-0で後半へ。

↑冒頭にも貼った画像。よく見ると後半は結構粒の大きい雪の中で試合をやってます。

すると、後半は徳島の球際の寄せが強くなり(しかも随分と「洗練されてた」感じの攻撃でもありました)、甲府が前線にあまり供給できなくなる展開に。

最終的には甲府のDF・湯澤がスパイクを見せてスライディングをしたとかで一発退場を喰らい、そのシーンからのFKにて、ゴール前で守っていた新井の頭に当たってそのままゴールに吸い込まれ、このオウンゴールの一発で0-1決着…ということにはなったんですが、実際は徳島の、後半から交代で入ってきた山崎にいきなり2回攻撃チャンスでゴールのサイドバーに弾かれてゴールにならずというシーンもあり。

結局、0-1になった後も徳島の勢いは変わらずやはり同じような惜しいシーンが見られて、まあ言ってしまえば、

…のような感想しか出ない試合でしたね。

相手は当然「敵を研究してくる」でしょうよ。

個人的には「40数試合もある中で、どんなにシーズンを圧勝しても5-10試合ぐらいは思い通りにならん試合もあれば、足元を救われる試合もあるだろうよ」と最初から思ってるんで、まあ今日の試合は「そういう試合だった」「むしろ相手の徳島がナイスプレー」な試合だったと思ってはいるんですが、まあだからといって「これを繰り返すなよ?」という気持ちも正直あるのも事実ですけどね。

まああえて厳しいことを言えば

「東京V戦と町田戦の反省と課題はどこへ?」

というツッコミは禁じ得なかったわけですねえ…。

つーか、ぶっちゃけた事をいえば「今後の全てのチームがこういう戦術を取ってくるぞ?」って事なんすけどね。球際の寄せを強くして甲府の選手に仕事をさせずに、手堅くセカンドボールをゲットして甲府のスタミナ切れを狙ってきて小さいカウンター一発で沈めに来るぞ、とか。

勿論、今後も徳島と同等もしくはそれ以上の総合力あるチームが甲府のデータや弱点を丸裸にして徹底研究してくるのは当然で、ひとまず次節以降はそういうチームに対してどういう戦略・戦術を練っていくのか展開していくのかは見守っていきたいな、と思った次第でした。

で、リンスは大丈夫なんだろか。タイトなスケジュールの中だし、まだまだ無理はさせちゃいけないけどね。

ちなみに次節はアウェイで岡山戦。やはり今季序盤好調で前節も松本山雅相手に先制ゴール決めたりいい試合をやってたチームでもありますしね。

それにしても東京方面へのお帰りの方々(乗り継いでそこから地元に帰られる徳島サポの方も含めて)、交通機関が乱れたりあまりに寒暖の差が激しく過ぎて体調管理も大変かもしれませんが…どうぞお気をつけて。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ