今日は甲府戦。と、そして昨日の将棋のA級順位戦では「因縁の対決」が(汗)

【甲府】ルーキー今津、東京Vブラジル人コンビ制圧デビューだ!(スポーツ報知)

今日は甲府のホーム開幕戦の東京V戦です。10時過ぎの電車で行くんですが、いやあ楽しみですわー。

J2ヴァンフォーレ甲府は、3日にホーム開幕戦の東京V戦(中銀スタ)を迎える。2日は中央市内で前日練習を行い、今季、流通経大から加入したルーキーDF今津佑太(22)が先発出場することが濃厚となった。南アルプス市出身で、新人ながら“元気印”としてチームを盛り上げる今津は「守備でどれだけ貢献できるか。自分ができることを当たり前にできれば」と、東京Vの強力攻撃陣を抑えることを誓った。

 強風が吹き荒れるグラウンドに、今津の元気な声が響き渡った。ルーキーでも、臆することなく大声で最終ラインから指示。「チャンスが来たら、そこで活躍できる準備は常にしておかないといけないので」と、爽やかな笑顔で汗をぬぐった。

 開幕戦のアウェー・大宮戦(1●2)でベンチ入りした今津。ルーキー4人の中では、FW太田修介(22)=日体大=とともに18人のメンバー入りを果たした。出番こそ回ってこなかったが「すごい応援の中でウォーミングアップができて、身震いした。(試合では)バチバチな感じで、練習試合にない雰囲気だった」と貴重な経験をした。

 数か月前までは想像できなかった舞台だろう。大学3年の終わりに右膝半月板を痛め、4年の4月に手術を受けた。その影響などで当初、Jクラブからは声がかからず、1月下旬から甲府のキャンプに、練習生として参加。契約を勝ち取った。だからこそ「チャンスは転がっているが、つかめなかったらピンチに陥る」と、常に危機感を抱いている。そんな背番号34が、今季のルーキーの中では一番乗りでスタメン出場することになりそうだ。

 東京Vは昨季のJ2で18得点のドウグラス、17得点のアランピニェイロと、決定力の高いブラジル人FWコンビをそろえる。守備陣の役割も、より重要になる。それだけに「守備でどれだけ貢献できるか。自分ができることを当たり前にできれば」と気合を入れる。「ホーム開幕戦ですし、前節で負けている。勝たなければいけない試合。チーム一丸で勝てるようにしたい」と力を込めた。

前節もそうだったんですが、移籍した選手も何人かいますし、怪我人とか調子が上がってこない選手が何人かいるようで、去年のスタメン・ベンチ入りメンバーと随分入れ替わってるんですね。その中でルーキーでベンチ入りを果たすとはある意味で凄いな、と。

で、またこの煽り動画(?)も凄いし。去年の最終節、「勝ってもJ2降格」という試合の動画をふんだんに使ってるんですが、あれはDAZNの中継を自宅で見てたんですが、雰囲気が(いい意味で)「異様」でなかなか忘れ得ぬ凄い試合になりましたしね…。

しかし前節の大宮といい、今節の東京Vといい、2012年にJ2優勝した年も(この時は、現在は広島の監督の城福浩氏が監督をされてました)、終わってみれば24戦無敗とか、ぶっちぎりの優勝…という数字的なデータはありましたが、その実、毎試合毎試合、一試合とて「楽勝な」試合は全くなかった印象しかないもので(シーズン後半戦に相手にリードされていたとこから3試合逆転勝ちってのもありましたし)、「うかうかしてると、一気にクビ掻っ切られるぞ」という気持ちで油断なく挑んでほしいかなと思いますです。

そしてこのルーキー今津選手…。DFだからなかなか得点チャンスは巡ってこないかもしれませんが、背の高さもあるし、もしかしたらセットプレーで得点に絡むチャンスはあるかもしれませんね。昨年まではチームのムードメーカーとして「年イチ」保坂一成選手がゴールを決めたらチームメイトが皆嬉しそうな顔をして盛り上がってたのが印象的でしたが、退団してしまった保坂選手に代わる「元気印」としてチャンスが有ればぜひゴールを決めてほしいなとしみじみ思う次第です、はい。

スポンサーリンク

余談:まさに因果はめぐる…。

それともうひとつ、ぜひこれは記事に書いておきたいネタが。

渡辺明棋王、A級から降級決定 将棋界初の「永世竜王」(朝日新聞)

昨日は将棋のA級順位戦最終局が一斉に行われたんですが、将棋界の日程くん(←そんなのあるんか?)、そこでまた「いい仕事」を…。

2日の第76期将棋名人戦・A級順位戦の最終局で、「永世竜王」「永世棋王」の二つの永世称号資格を持ち、A級在位連続8期の渡辺明棋王(33)が、B級1組に降級することが決まった。

 渡辺棋王は中学3年生の時にプロ昇段を決めた「中学生棋士」。20歳で初タイトルの竜王を獲得し、9連覇を達成。将棋界で初めて「永世竜王」の資格を得た。タイトル獲得は計19期。羽生善治竜王ら、いわゆる「羽生世代」より一回り下の世代の代表格だ。名人戦には登場していない。

 渡辺棋王は「白星が先行しなかったので、ずっと苦しい戦いでした。他棋戦も含めて内容が悪かったので、順位戦でもそういう結果になってしまったのかなと思います」と話した。

 ほかに、行方尚史八段(44)、屋敷伸之九段(46)が降級する。(村上耕司)

で、昨日の最終局の、渡辺明棋王の対局相手というのが三浦弘行九段でした。

「あ、なるほど。」と思われた方は少なくないかもしれませんね。

というのは、

三浦九段がスマホ等でパソコンソフトを使用してたんじゃないか?という「疑惑」を「告発した側」がこの渡辺明棋王だったんですね。この結果、竜王戦の挑戦者決定戦を勝ち上がっていた三浦九段は出場辞退となり、当時竜王だった渡辺棋王との対局がなくなってしまった…という一件でした。で、竜王戦が終わった後に第三者委員会の調査の結果、疑惑が晴れた…というある意味での「因縁の相手」だったわけですね。

今年のA級順位戦は例年になく大激戦でして、

名人挑戦権かけ羽生善治2冠ら史上初6人プレーオフ(日刊スポーツ)

終わってみれば6勝4敗で6人が並んでプレーオフ、というある意味で「前代未聞」な事態になっておりました(;゚Д゚)

将棋の佐藤天彦名人(30)への挑戦権を懸けた第76期名人戦A級順位戦の最終戦は静岡市で指され、3日、久保利明王将(42)、豊島将之八段(27)、羽生善治2冠(47)、稲葉陽八段(29)、広瀬章人八段(31)、佐藤康光九段(48)が6勝4敗で首位に並び、決着は史上初の6人によるプレーオフに持ち越された。

 6勝3敗で首位に並んでいた久保と豊島が敗れたため、6人が同率首位となる大混戦となった。プレーオフの初戦は、久保-豊島で4日に行われる。

 B級1組への降級は渡辺明棋王(33)、行方尚史八段(44)、屋敷伸之九段(46)の3人。(共同)

通常のA級順位戦は、10人で9局戦い、優勝すると名人戦の挑戦者に、下位2名がB級1組に降格(勝ち星が並んでる場合は前年の順位が優先)になるんですが、今年は11人で3人降格というルールになってたんですね。

実はこの1人多い理由が、この「三浦九段の疑惑が晴れた」件でして、疑惑の調査中は三浦九段は全ての棋戦(竜王戦を含めた全ての棋戦の対局)をストップさせられてまして、当然のことながらA級順位戦も不戦敗のような扱いだったんですね。で、改めて疑惑が晴れた後に取られた措置が「三浦九段を含めて1人多い、11人でのA級順位戦」ということでして、結果、今年は降格枠が1人多い3名になった、というわけです。

で、昨日の対局、実は三浦九段が負けていれば即降格、渡辺棋王が負けていれば他の棋士との勝敗の兼ね合いで降格…という条件だったそうですが、結果的には三浦九段が勝って、渡辺棋王が負けた…という次第になりました。

いや、まさに「因果はめぐる」というべきか(大汗)。渡辺棋王ほどの将棋棋士でもあの一連の疑惑および潔白判定に関して、世間および将棋界の仲間内からの冷たい目で見られていた精神的ダメージは少なくなかったのだろうか…と(竜王位は羽生氏に取られて永世七冠達成されてしまいましたし…)。それにしてもよりによってこの「最終局」でこの対戦は凄いなあ。

とはいえ、たぶん渡辺棋王もB級1組の中では調子さえ取り戻せば…って感じなんでしょうけど。Jリーグで言えば、ガンバ大阪や横浜マリノスがJ2に落ちるようなもんでそんぐらいの実力者のひとりではありますしね。しかしそれを差し引いても「三浦九段、GJ!!」と申し上げたいですわ、はい。

…ついでに書くと、この11人のA級順位戦。当然のことながら一斉対局とはいえ「1人は余る」計算になるんですが、その対局がなかったただ一人の棋士というのが実は、

羽生竜王ってのもなんだか凄いなあ(笑)。

ちなみに羽生竜王、もしプレーオフも勝ち上がって、名人戦でも佐藤天彦名人に勝ったりすると、これがタイトル100個目になるんだそうで。それもどえらい偉業なんすけど(;゚Д゚)

↑しかし風貌が昭和の大名人・大山康晴によく似てるなー、渡辺棋王。
▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ