やはり予想通り、貴乃花親方は平年寄に2階級降格の懲戒処分になりました。

貴乃花親方を2階級降格の懲戒処分 相撲協会(NHKニュース)

先程の記事の話の続きになるんですが、まあ予想通りのペナルティでしたね。いくら親方衆の反発が強いからといってもさすがに解雇とか業務停止とかになることはねえだろとは思ってましたが…。

日本相撲協会は、29日午後、東京 両国の国技館で理事会を開き、元横綱 日馬富士の傷害事件をめぐって相撲協会と対立を続けてきた貴乃花親方を2階級降格の懲戒処分としました。貴乃花親方は、春場所中に暴行問題を起こした十両 貴公俊の師匠としての責任も問われました。

貴乃花親方は、ことし1月に理事を解任され役員待遇委員に降格したあと、28日の職務分担で慣例に従い役員待遇を解かれ1階級下の委員に位置づけられていて、今回の降格処分で、わずか3か月の間に理事から5階級下で親方として最も下の階級となる年寄に降格しました。

また、暴行問題を起こした貴公俊については1場所出場停止の懲戒処分としました。

親方の階級

日本相撲協会が定める親方の階級は6つです。

最上位の「理事」と、続く「副理事」は、役員候補選挙ですべての親方による投票で選ばれ、理事については、その後、評議員会が選任します。また、理事長は理事の互選で決まります。

3番目は「役員待遇委員」で、理事会に出席することができます。次いで「委員」、「主任」、「年寄」となっています。

現役を引退したばかりの若手の親方は、通常、「年寄」からスタートしますが、横綱や大関の経験者は委員待遇年寄として事実上、「委員」からスタートします。

懲戒処分の種類

日本相撲協会では、平成26年の公益財団法人化に伴い、賞罰規程を設け、7つの懲戒処分を定めています。

処分は軽い順に、
将来を戒めることを意味する「けん責」、
減給にあたる「報酬減額」、
本場所などへの出場を停止する「出場停止」、
相撲協会の事業への従事を停止する「業務停止」、
現役力士の番付や親方の階級を下げる「降格」、
引退を勧告する「引退勧告」、
「懲戒解雇」の7つです。

「引退勧告」と「懲戒解雇」を受けた場合は、再び相撲協会に所属することはできないと定めています。

で、本場所開場の支度部屋で付け人に暴力をふるった貴公俊は1場所出場停止なので、7月の名古屋場所ではおおよそ幕下30-50枚目あたりから最短2場所程度での十両復帰を目指す、ということになりますね。

スポンサーリンク

今はひとまず、一生懸命「与えられた仕事」を全うしましょう。

こないだの職務分掌では審判部と指導普及部に配属されたというニュースが有りましたが、いずれにしても巡業・本場所共に「現場に顔を出して雑務」をこなす仕事に従事するってのは間違いないようですね。となると、引退したばかりの元力士がウインドブレーカー着て場内整理をやったり、きっぷのモギリをやったりという仕事とかも、まさに大横綱から引退したての頃(それこそ断髪式前でちょんまげを頭に結ってた頃)以来の仕事が待っている…のかもしれませんが、逆にそれも他の親方たちとコミュニケーションを取る、いい意味での経験を得た、と思えるような一生懸命さで頑張って欲しいですね。まあ夕刊紙や週刊誌はあることないこと書いてくるでしょうし、一緒に働く親方や、「上司」になる親方衆から嫌味のひとつふたつぐらいは言われるかもしれませんけど…。

少し前にたまたま某YouTube(←某になってねえ…)で出ていたんで観てしまった「情熱大陸」の貴乃花親方編の回で、夕方にちゃんこを食べてる親方以下お弟子さん一同のとこに、関取になれずに引退したの元力士の方が介護施設かどこかに再就職するんでそれで必要なので自動車教習所に通って無事に免許が取れました、という報告の電話を受ける、というシーンがありました。

そこで貴乃花親方がどぶ掃除や便所掃除だって手を突っ込んで洗えばいいだけの話なんだからなー、それだけ簡単な話なんだ。お前、何でもやってがんばれよー」と、常日頃、稽古中はお弟子さんに鬼のように物凄く怖い親方の顔をしている貴乃花親方が実に嬉しそうな顔をしてそれを元お弟子さんに伝えていた、というシーンで番組がエンディングを迎えた…という話があったんですね。

個人的にはあれが非常によく印象に残っているんで、

いや、まさにあなたが今「その状態」なんだよ?

…と申し上げたいぐらいで。まあ横綱ってのは頭が良くなければなれないし務まらない「仕事」らしいですから(これは漫画「ああ播磨灘」で播磨灘のライバルだった「大横綱」太刀風が言ってたセリフなんですけどね)。痛いほどわかってるでしょうね。

しばらく逆風の中に晒されて心が折れる時もあるかもしれませんが、逆に理事職や協会幹部職の頃に比べれば部屋にいる時間は長く取れて、お弟子さんへ直接指導する時間はかなり多くなるハズですから、ぜひとも「心の稽古も含めた」強いお相撲さんを育てていってください。

しかしふと考えてみれば、いままでの長い歴史で開かれては消えてきた数多の相撲部屋、そしてその数の分だけ部屋持ちの親方がいる中で「現役引退後、独立して部屋設立から十年、何十年かけても65歳の停年までひとりも関取を育てることができなかった」親方が数え切れないいる中、40代なかばでもう4人(貴ノ岩、貴景勝、貴源治、貴公俊)も、「貴乃花部屋」を自分で部屋を開いてから入門してきた直弟子を関取ないし関取経験者として育て上げた経験はそれだけでも凄いと思いますけどね。だいたい入門してきた相撲取りが関取(十両以上に昇進)する確率は、「ほぼ12人に1人」の割合ぐらいらしいですから。

なの部屋の稽古場の土俵上での、「スポーツ・格闘技としての相撲の」猛稽古のその方針は間違ってないと思います。あとはそこにプラスして精神面や心のケアも含めた力士を育てていってほしいと切に願う次第です。

…あ、それと変なブレーンは早く切ったほうがいいですよ?元「相撲協会の顧問」とか(大汗)。

↑あと、次の展開で見えるのが某「大川総裁」が貴乃花の守護神に(以下略)
▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ