凄い。日本相撲協会は「人が死ぬ」よりも「女性」の方が「ケガレ」が強いのか。

救命女性が降りた土俵に大量の塩まく 複数の観客が目撃(朝日新聞)

凄いなこれ。もし本当だとしたらもはや「国技」でもなんでもない。ただの「神事の名を借りただけのカルト宗教」だわ…。

京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に倒れた多々見(たたみ)良三市長(67)を救命中の複数の女性に対し、土俵から降りるよう場内アナウンスがあった問題で、救命行動後に、大量の塩がまかれていたことがわかった。

 複数の観客によると、女性を含む救護にあたった人たちが土俵から降りた後、相撲協会関係者が大量に塩をまいていた。

 大相撲では、稽古中や本場所の取組中に力士がけがをしたり、体の一部を痛めたりしたようなときに塩をまくことがよくある。日本相撲協会の広報担当は取材に「確認はしていないが、女性が上がったからまいたのではないと思う」と話した。

 観客の60代女性は「周りにいる男性がおろおろしている中で、複数の女性がすばやく救命措置をしていたので立派だった」。場内アナウンスについては「女人禁制の伝統があるのだろうが、人命救助にかかわることであり許されない。救助の手を止めていたらどうなっていたことか」と話した。

 多々見良三市長(67)はくも膜下出血と診断された。手術を受け、1カ月ほど入院することになった。

んな、ラーメン屋とかに嫌な客が来て、そいつが帰った後に店主が「塩まけ、塩!!」ってほざくて塩まくのと同じレベルですやん…。

スポンサーリンク

まあ親方衆か巡業部の上の方の連中の「命令」なんでしょうね。

今回は幸いにも「勧進元」の代表格でもある舞鶴市長さんがくも膜下出血とはいえ、手術を受けて入院で済んだからいいけども、これだって本当は「おい、この市長を土俵からおろせ。神聖な土俵からどかせろ」って巡業部の連中は吠えてたのかもしれないし、それを実践する前にいろんな人が救護活動に「迅速に」動いたために、慌てた行司の場外アナウンス担当が「女性は降りてください」なんていう呑気なことをほざいた…っていう図式が見えるんだけどなあ。

でも、こういう事書くと申し訳ないけどさ、

もしあの市長さんが、倒れたまま亡くなってたらどうしたんだろう?

ってのはこう今のところは助かったからこそ、今後の課題としては考えたくなるんですよね。

たぶんその場合は、巡業はその場でほぼ確実に中止になるだろうし、お客さんが出払った後にこういう「清めの塩」をやるか、改めて次の巡業先で、行司が土俵祭りのようなスタイルで、黙祷とか土俵に塩をまいて「ケガレ」を追い払う儀式をやるんでしょうけどね。でも今回は不幸中の幸いにも市長さんはその女性の方々も含めたいろんな人たちの手によってかろうじて「蘇生」して命だけは今のところは助かった、という現状を見ると、

ははーん、「死ぬ」よりも「女性」の方がケガレてるのか?

っていう考え方が、少なくても日本相撲協会で飯を食ってるスタッフ(親方衆や行司、呼び出しなど)には「理由はよくわかってないけど、昔から業界の先輩から言い伝えられてるから」ってんで、固く固く信じられてきたんだろうかね?という気がしてならんのですけどね。

最早、「国技」ではない「神事の名を借りたカルト宗教」だ。

ちなみに私は今の相撲も好きなんですが、昔の力士や相撲話も大好きで文献やらネットの情報やらも結構読んだりする「好角家」の部類だと自分では思ってるんですが、これらに関しては、「相撲本編」の話ではなく「日本相撲協会のシステムが伝統という名の因習に溺れすぎててもうアウト」だとも考えています。

なので、個人的には白鵬が土俵上で猫騙しをやろーが、日馬富士や朝青龍がオフの場で暴れようが、貴乃花がどこぞの「イスラム原理主義者」みたいな幼稚な言動をしようが、そりゃツッコミは禁じ得ないけど、ぶっちゃけ「お前らがひとり消えたどころで角界の活性化には何も影響はねえよ」みたいな考え方は持ってるし、逆に「もうちょっと横綱に対していたわりの言葉をかけてやってもいいじゃないか」という気持ちも勿論あります。

が、こういう「組織の連中タガが緩んだ」だけの現状はさすがに…ねえ。そりゃ横野レイコとか、東京相撲記者クラブの相撲記者・ジャーナリストみたいな連中は、常日頃から相撲部屋の稽古に取材しに行ってそこでちゃんこや酒をタダ飯タダ酒をごちそうになって、相撲の型もわかんねえのにスポーツ記事に好きなことをかいて、挙げ句にワイドショーでテキトーにパアパア言ってればカネが貰える…みたいな人はそりゃいいですよ。提灯記事でも書いてれば安泰なんだから。

でも本当の好角家はこの現状はたぶん強かれ弱かれこう感じてると思いますよ。「国技という権威に溺れやがって」と。

まあ「国技」って言ったって、明治の頃に両国に初代の国技館(後の日大講堂となり現在はありません)ができた時に、大相撲のパトロンだった政財界の偉い人の後押しで勝手に「国技」って名乗っただけで、法的根拠も何もないわけですから。

第一、戦前に財団法人化する時だって当時からあまりにも杜撰な会計制度などでお役所から却下されるのを恐れて、年末の忙しい時にどさくさ紛れに申請書を出してそれで「お役所もお役人もマヌケにもそれを通しちゃった」だけのことで、本来だったら現在の数多のプロレス団体のように「株式会社」で国技館経営や本場所・巡業などの興行収入を得て、ちゃんとそれなりの法人税を払うべき組織なのに、いろいろと恩恵与えて「公益財団法人」なんかにしちゃってるから問題が余計にこじれてるだけで。

ま、個人的には「刑事事件に発展するような行為さえしなければプロレス団体なみに好きにやれ。ただし財団法人なんか即返上して、株式会社に移行して好きにやれよ。」という気持ちが強いですね。そうじゃなきゃこんな団体・組織は「国技」でも「神事」でもないですわ。もう「カルト宗教」みたいなもんでしょう。

プロレスラーの力道山やアントニオ猪木、ジャイアント馬場が私生活でもなかなかワイルド過ぎるパーソナリティだったのは有名な話ですけど(馬場氏は猪木氏に比べればまだ常識人だったそうですが)、まだ彼らはプロレス団体の経営者としては大相撲ほどは国の庇護や恩恵を受けずに「会社経営者」としてその組織の合従連衡はあれども日本プロレス界を育て上げたのは否定できない事実ですしね。そのやり方には賛否両論はありますが、それを差し引いても、なんやかんやで今ではインディーズも含めると数十団体ある盛況っぶりを思うに、彼らが「とにかくテレビ等を使って知名度アップに貢献した」事実はこれは認めざるを得ない点ではあるでしょうね。

※むしろ「株式会社」日本相撲協会の方が、経営のプロを外部からどんどん招聘して多角的な経営ができて、意外に米国のWWEのようなワールドワイドな大成功をおさめるかもしれませんね。そしたら困るのは意外に既存の日本のプロレス団体や総合格闘技団体かもしれないね(苦笑)

もっと臨機応変な「融通の利く」協会幹部はいないのか。

というか、現役の相撲協会理事の連中自身も、行司や呼び出しのような現場の連中も、「なんで土俵に女性を上げちゃいけないのか」とか「ケガレに繋がるのか」というのを理路整然と(協会が用意したカンニングペーパーを見ずに)答えられる奴なんてはっきりいって何人いるんだろうな。なんつーか、「手段」と「目的」を履き違えてるというか、先輩に言われるがまま何も考えずに漫然と仕事しかしてねえというか。

これが双葉山(→時津風理事長)とか栃錦(→春日野理事長)とか北の湖(→北の湖理事長)クラスの一時代を築き上げた大横綱で、しかも弟子の育成にも長けていて、協会運営にもかなり辣腕を奮った歴代理事長が存命だったらどうなってたんだろう。たぶん「そういう因習はもこのような緊急時は無視していい。とにかくあの市長サンを助けることに全力を尽くしなさい。責任は勿論私が取る。」の一言で終わりだと思うけどね。で、塩をまくにしても、全ての取り組みや巡業が終わった後に、土俵を取り壊す時に部外者がいないとこで撒けばいいだけの話でしょう?

つーか、貴乃花親方も、ご自身が将来、理事長になる宿命を感じてるんだったらそんぐらい視野の広い融通の利く理事長を目指しなさいよ、とは言いたいですね、今の時点では平年寄から上り詰めるのは本当に大変なことかもしれないけどさ。こういう「因習」に嫌気を指してる若い親方衆は少なくないらしいし、やり方を間違えなければ「復活」するチャンスは全然有ると思いますけどね。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ