大相撲。立行司・式守伊之助はホモセクハラか…もうダメだな相撲協会(呆)。

角界また激震!セクハラ式守伊之助「男色趣味ない」(日刊スポーツ)

これも日馬富士が貴ノ岩にやらかした暴力事件同様、本来は「もみ消される」事案だったんでしょう?(皮肉)

角界にまた“事件”が起きた。日本相撲協会は5日、立行司の式守伊之助(58=宮城野)が、10代の若手行司に対して冬巡業中の12月16日に沖縄・宜野湾市で泥酔し、数回キスして胸を1度触れる行為を行ったと発表した。若手行司は精神的にショックを受けているが、警察に被害届を提出する考えはないという。元横綱日馬富士関による暴行事件関係者への処分がすべて出た翌日に、行司のトップによる酒席でのトラブルが判明。近日中に臨時理事会を開き、処分を決める。

 通常は警備員以外は誰もいない、午後11時過ぎの両国国技館で異例の発表が行われた。八角理事長(元横綱北勝海)をはじめ、相撲協会執行部が数時間にわたって事実確認した内容は、立行司の式守伊之助による10代の若手行司へのセクハラだった。深夜、報道陣に対応した八角理事長は「指導する立場にある立行司として本当に情けない」と怒気に満ちた声で話した。

 協会が「非違行為」と表現したセクハラは、冬巡業最終日夜の12月16日に起きた。宿泊先のホテルで、式守伊之助が夕食の最中に泡盛を飲んで泥酔。食後、部屋まで送ってもらった若手行司に数回キスし、胸に1度触れた。これに若手行司は大きなショックを受け、謝罪を求めた。

 この事実を協会は5日夕方、行司会監督の幕内行司から報告を受け、ただちに両国国技館で高野危機管理委員長が聴取し、事実関係を確認した。式守伊之助は若手行司に謝罪した。若手行司に処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないという。

 聴取した際の話として、式守伊之助は「泥酔していたので覚えていない」や「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」などと述べていることも発表された。八角理事長は「酒の席での言動は以前から注意していた。記憶をなくすような飲み方も良くない」と、終始厳しい口調で話した。

 相撲協会は前日4日に貴乃花親方(元横綱)の理事解任を正式決定し、元日馬富士関による秋巡業中の酒席での暴行事件は、一定の決着がついていた。初場所(14日初日、両国国技館)に向けて、土俵に目を向けるべく新たな1歩を歩まなければいけない矢先に、またも酒席のトラブルが起きた。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は「近々、臨時理事会を開いて処分を決める」と話し、初場所初日までの臨時理事会開催を目指すという。力士の最高位である横綱が1人減った初場所は、行司の最高位の木村庄之助が不在で実質トップの式守伊之助も出場停止などの重い処分が科される可能性がある。

いやああの、かつて40代でセミヌード披露してた評議員会の議長に質問したいわ。「これもまた被害者のペナルティの方が大きくなるんですか?」とね(失笑)

スポンサーリンク

差し違えも多いダメな立行司だなあとは思ってはいたけど。

もともとこの人、幕内格の行司に昇進してから他の先輩行司が病気などで亡くなったり業務ができなくなったりで異様に早く三役格・立行司に昇進したという経緯があったんですね。そのせいかどうかはさだかではないんですが式守伊之助になってから行司差し違え、つまり「誤審」があまりにも多すぎて、一昨年は3場所連続4回ほど行司差し違えで出場停止も食らった、というある意味で不運でもあり、経験不足が災いしてる立行司でもあったんですが…。

その他にも、進路妨害とか土俵下に落ちたりとか、あくまでも不必要な「待った」をやらかしたり、その逆で力士が「待った」をしてるのにスルーしたり…など、近年の立行司の中では著しくレベルがアレで「いやあもうちょっといい行司の抜擢も必要なんじゃねえの?」って思ってた矢先だったんですけどね。

で、記事も書いてありますが、実はもうひとりの立行司である木村庄之助が現在不在で(2015年5月以来2年半以上)、おそらく次の順番としては、現在の式守伊之助が次の38代木村庄之助になって、三役格の行司が次の41代式守伊之助になる…と思われるんですけども、下手すると今の伊之助が出場停止やら下手すると引退やらに追い込まれると、それこそ二人の立行司が一斉に不在になる、という可能性も、まあ多少はあるんでしょうね。

それにしても…確か日馬富士の騒動の後(貴乃花親方のダンマリの一件も相まって)、春日野親方が巡業部長代行として巡業先で力士に「夜、飲みに出るな」とかいろいろと訓示を垂れてたのをよく覚えてるんですが、あれは行司は別だったんだろうか…。

あれ、春日野親方が「訓示」してなかったっけ?

春日野親方「小さい事でも報告」別行動は認めない(日刊スポーツ・2017/12/03付)

いや行司も一緒に聞いてたようですな(呆)。

大相撲冬巡業が3日、長崎・大村市で行われ、貴乃花親方(元横綱)に代わって巡業部長を務める春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が、朝稽古前に訓示を行った。訓示には十両以上の力士らに加え、呼び出しや行司なども参加。私生活の徹底や、土俵の上でもしっかりと稽古を行うよう呼びかけ「何かあった時は小さいことでも帯同している親方衆に報告してほしい。服装や言動などが注目される巡業だから慎んで欲しい」と注意した。

 支度部屋入り口の横には「別行動は一切認めません」と書かれた張り紙があった。次の巡業先へ移動する際は、全員一緒にバス移動するのが原則で「バスには乗れ。別行動は認めない」と集団行動を義務づけた。

…で、飲酒については「宿泊先のホテル」だったんでとりあえず「別行動ではない」のでセーフ、としても、「何かあった時は小さいことでも帯同している親方衆に報告してほしい。服装や言動などが注目される巡業だから慎んで欲しい」…は、事件があったのは昨年の12月中旬、そして報告があったのは新年5日か。

…こいつら本当にダメだろ(爆)

「どこがただちに」やねん、と。お前らもみ消す気満々だったじゃん、としか言い様がないわ。

にしても、力士の最高位の「横綱」が一人消え(ま、白鵬は別にして、更に怪我がちな鶴竜とか稀勢の里あたりも正直わかりませんけどね)、更に行司の最高位の「立行司」も2人のうち1人が不在な上、もうひとりも不祥事で「消え」かけてる始末か。

行司の世界はほぼ完全に年功序列で、たまに実力(特にその立ち振る舞いや軍配で「ミスをしない」という側面など)で抜擢もあるそうですが、基本的に先輩が定年とか病気等で辞めないと上には行けない・行きづらいものなんだそうです。ゆえに、式守伊之助・木村庄之助になるのは定年の65歳の手前で…という事が多いんですが、この当代の式守伊之助はある意味で「幸運」が重なって50代で立行司になれた(というか「なってしまった」)がゆえに、そのプレッシャーとかもあったんでしょうかね。しかしホモセクハラ疑惑はこれは痛打も痛打だわ。同情の余地もない。

というか今は何より、もしかしたら半世紀後に木村庄之助・式守伊之助になるかもしれない「被害者」の10代の行司さんの将来の芽を摘まないように精一杯配慮しろ、相撲協会(呆)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ