ちょっと「命の洗濯」をしに、故郷の佐原と成田に行ってきた(前篇)

こないだの日曜日に、ちょっと千葉の佐原と成田の方にプチ一人旅をしてきました。実は本当はこの日は、クイズサークルの定例会が入ってたんですけどね。まあサークルが活動休止になってしまったのと、「命の洗濯」とでもいいましょうか…(苦笑)

きっかけは先々週、クイズサークルで25年来の付き合いだった親友が急逝したことでした。かなり精神的にまいってたのと、妻を含めて周りの友人筋が「ちょっと息抜きをして忘れたほうが良いよ」と言ってきたもので…。ただ、家では介護と育児を抱えていて泊まり旅行にいくほどの余裕はなく、「じゃあ、じいさんの墓参りと、35年来のつきあいの幼馴染に会ってくる」ということで日曜日に日帰りででかけたのでした。

前日の段階で「休日おでかけパス」をクレジットカードで買っておきました(笑)

朝8時すぎに家を出て、牛浜から青梅線で立川まで。立川から新宿行きの特急「かいじ」に、更に新宿で6分乗り換えで館山行きの臨時特急「新宿さざなみ」に乗り継ぎました。一応、どちらも自由席で510円。幸いなことにどっちもフツーに座れました。

「新宿さざなみ」の座席のバックポケットにはこんなシートが。いやあ観光ですなー(笑)

スポンサーリンク

田園風景に目が和む(感涙)

で、千葉で降りて、次は成田線へ。駅のコンコースが一変していて「ん、ここは立川駅のエキュートがある方か?」と勘違いするような作りになってました(汗)。で、千葉から成田空港行きの快速に乗りまして、

四街道を過ぎたあたりからこんな田園風景に。これを見たくて故郷に来たようなもんで…。

そして成田…では降りずに、成田始発の銚子行きに乗りました。

クロスシートだったんですが隣も対面も誰も乗っておらず、昨日、西友で買っといたお菓子を出して(゚д゚)ウマー

成田を過ぎると、成田線は単線になるんですが更に心地よい田園地帯が待ってました。

佐原に着いたのは11時すぎ。福生の自宅からおおよそ3時間の旅でした。ここでは休日おでかけパスは範囲外なので、飛び出た成田-佐原間の500円を払って改札の外に。

佐原に来るのも結構久しぶりでした。電車とかだと、東日本大震災の前年(2010年)以来だから7年半ぶりぐらいになります。

駅前に何もないなーと思ってたら。

佐原、最近は市町村合併で「香取市」になったんですが、水郷とか川沿いの小江戸と呼ばれるあたりの観光客は増加傾向にある反面、ほとんどが高速バスや車で来るようで(なので後で遠景が少し出てくる国道沿いの「道の駅」は大繁盛してるそうで…)、JR佐原駅は、祖父母宅があってよく遊びに行ってた20数年前に比べて随分とシャッター街になってしまってました。

以前は、デパートが2軒もあったんですけどね。跡地には、ひとつは更地に、ひとつはセブンイレブンができてましたわ。

そんな中、お墓方面に歩き始めて最初に見つけたのが、

「おお、とんかつがうまそーだ」と(苦笑)。

で、時刻は11時15分。ちょっと早いんですが、まあお昼ごはんを食べちゃえ、とここの店に入りました。

広々としたお店、勿論私は記憶がなく、「あれ、ここの店の建物、前は何だったかなー」と思い出せないんですが、よくよく見ると左手側の奥の方はお土産屋さんにもなってました。

で、この1200円のとんかつ定食を。

いやー、本当にころもがサクサクしていて、お肉も甘みや味わいがあって、なかなか食べたことがないぐらいおいしいトンカツでした(笑)

その後は20分ほど歩いてお墓参りを。

で、お昼ごはんのあと、腹ごなしを兼ねて祖父のお墓のあるお寺方面までぽくぽくと歩きました。

小野川の小江戸と呼ばれる町並みはこのあたりでした。夏祭りと秋の大祭は物凄い観光客が押し寄せるんだそうです。

通りに面した石材屋にこんな器用な(苦笑)

で、佐原駅前から20分ほど歩き、県立佐原高校近くのお寺の墓地へ。

着いたらご町内の町内会で餅つきをやってました。

その奥が墓地になります。

一応、自宅からはお線香とマッチを持参したので、墓地のバケツと杓子を借りて水道で水をくんでから、祖父の墓へ。お墓に水をかけて、花や湯呑みの水を取り替えたりしてからお線香をあげて、手を合わせました。

そして「こないだ、25年来の友人がそちらに行きました。もし偶然出くわしたら、メシでもおごってやってください」と「ひ孫のカズ坊(←うちの息子です)を守ってやってください」と言ってきました。まあついでに「ただそいつ、じいさんの顔を見たら「ほんとーにむろかつそっくりっすねー」とか失礼なことを言うかもしれませんが」とも付け加えておきましたが(爆)。

その後、父方の祖母(←91歳の現在も元気です)の両親、つまりは私の曾祖父母のお墓参りも同じ墓地にあるんでやってきまして、同じように「友人がそっちに行きましたので」という報告と、「玄孫のカズ坊を守ってやってください」とお願いして、墓地を後にしました。

ついでに祖父宅の跡地も見てきた。

その墓地から歩いて15分ぐらいのとこに、かつての親父の実家がありました。ま、祖母がグループホームに入る時に取り壊しちゃったんで今は更地になってるんですけど…。さきほどの小江戸の風景が広がる「小野川」の下流、利根川に通じる水門の近くにありました。

利根川の河川敷をぽくぽくと歩いていきました。右手側にちょいと見えるのが小野川の水門です。

向こう側が利根川で、右側には昔はなかった「道の駅」ができてました。先程も書きましたがここは駅前と違ってとても繁盛してるそうです。

このあたりが。もともとこの祖父宅は借地で、祖父母と、祖母の両親(つまりは私の曾祖父母)が住まなくなったら築60年以上の家を取り壊して更地にして返す、という約束になってたんだそうです。

さらに言えば、実は東日本大震災でこのあたりは液状化現象で住めなくなってしまったエリアだったそうで、この震災を境にして、住民の数が激減したご町内でもありました(逆にいえば、祖母は震災の半年前に引っ越すことができたんで命拾いしたという話にもなるわけですが…たぶん築60年の家、全壊してたんでしょうね、きっと)。

で、この時点で佐原駅の次の成田方面の電車は25分後。それを逃すと1時間待たねばならないことが判明し、「確か俺が子供の頃、うちのじいさんが俺の足でここから佐原駅まで20分、とか言ってたなー」と思い出して、小野川ぞいに駅方面までやや早歩きで戻ることにしました。結果、佐原駅まで15分で歩き通し、成田までの500円の切符と、ニューデイズで妻への甘いもののおみやげも買うことができまして、次の電車に無事に乗ることができました。

続きます。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ