西城秀樹氏の訃報を知り、思わず唖然とする私が…(泣)

By: gigile

西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」(日刊スポーツ)

数日前から家族が立て続けに発熱とか風邪をひき、最後に私が発熱して今しがたまで寝込んでたんですけども…寝起きにTwitterでこの訃報を知って思わず飛び起きてしまい、そして唖然と…。

昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本竜雄=きもと・たつお)が16日に死去したことが17日、わかった。63歳。広島県出身。

 2度の脳梗塞に倒れ、懸命なリハビリを続けながら、最期まで「生涯歌手」にこだわった人生だった。

 「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルと、ダイナミックなステージで、多くの女性たちをとりこにしてきたヒデキが旅立った。

 72年に「恋する季節」で歌手デビューした時のキャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。目鼻立ちが整った顔立ちと、ハスキーな声でシャウトする歌唱はまさに“ワイルドそのもの”。翌年には「ちぎれた愛」が初のオリコン1位。トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ(62)野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。79年発売の代表曲「YOUNG MAN」は、人気音楽番組「ザ・ベストテン」で唯一、最高点の9999点をたたき出し、歌謡界の頂点に立った。

 俳優としても活躍した。TBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」(74年)では、父親役の小林亜星(85)と毎回のように“お約束”の激しい親子げんかが話題を呼んだ。小林に投げ飛ばされた際に腕を骨折してしまったエピソードは有名だ。

 ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気に。「ヒデキ」の愛称は芸能界の枠を超え、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛された。

 15年前からは病気とも戦ってきた。歌手として脂の乗っていた48歳の時に最初の脳梗塞を発症。8年後の11年に再発した。それからは、右半身のまひと、会話をする際の言葉に障害が残った。09年の日刊スポーツのイタビューには「終止符を打つまでは人生を楽しみたい。自分だけでなく、周囲のみんなを楽しませたい。『一生懸命』という言葉はあまり好きじゃなかったけど、一生懸命に、今できることをやっていきたい。病気のおかげで多くのことに気付くことができたから。人に希望を与えていく歌い手になりたい」と話した。

 筋力強化トレーニングやリハビリに務めながら、60歳をすぎても歌への意欲は決して衰えなかった。15年に発売した還暦記念アルバム「心響-KODOU-」では、ライブで歌唱してきた「蜃気楼」を3120日ぶりの新曲として収録。デビュー45周年の節目となった昨年まで、精力的にコンサートのステージに立ち続けた。

 ヒット曲は「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」など枚挙にいとまがない。紅白歌合戦にも18回出場した。記録と記憶を残した国民的スターが、短すぎる63年の人生に幕を下ろした。

「ヒデキ、還暦!!」と「やっぱりあんたそのネタをやるか」と思わず笑ってしまったのが3年前だったんですな…ついこないだのような感じがするんですけど。FM横浜の「イーネ」(←平日昼間の番組。DJのミツミさんの声がかわいい(←この場ではどうでもいいわ(汗)))だったか、たまたまゲストで来て病気の話とかをしてたのを運転中に聴いてたんすけどね。あと、川崎フロンターレの試合にゲストに来てたりとか。

スポンサーリンク

「ヤングマン」がもう39年ぐらい前のヒット曲だったんですな…。

個人的には、幼稚園に入った頃(1979年)、私に当然のようにテレビのチャンネル権とかなんてない時代に、やたらと母親と一緒に見てたTV番組にこの西城秀樹氏や、郷ひろみ・野口五郎の両氏…つまりは「新御三家」と呼ばれてた3人が出てた(というか「出まくってた」)印象が物凄く強かったんですね。

その数年後、私が小学校に入った年(1981年)ぐらいに、たのきんトリオ(田原俊彦・近藤真彦・野村義男)の3人が更に台頭してきてからは少し頻度が下がるんですが、それでも当時のバラエティ番組とかに積極的に出てましたし、やはりある意味では事務所は違うんでしょうけど、SMAPやTOKIO、嵐とかの売り方の「原形」だったんでしょう。歌もバラエティもドラマもコンサートも…と。

こちらが紅白歌合戦で「ヤングマン」を唄った1979年の動画。ひとりあたりの持ち時間が少ない(同じ年に「関白宣言」のヒット曲でやはり紅白に出たさだまさしが持ち時間でNHKと軽く揉めたという逸話もありました)んで、曲のテンポが物凄く早いです(笑)

しかし凄いのはWikipediaではこの「ヤングマン」の曲の項目が独立して設置されてまして、

「「Y」「M」「C」「A」を全身で表した図」…という図解説明も(爆)。芸が細かい…。

そういう意味では、この西城秀樹氏とかの「御三家」などは、当時30代だったうちの母親が好きなTV番組を一緒に見てた影響で、物凄く身近な親近感のようなものを覚えた最初の芸能人だったわけですね。

それを思うと、40年弱の時間が経過して、うちの親なんかも去年あたりに古稀・70歳を過ぎてまだまだ元気なんですけども、あの当時のトップアイドルの人がこうして大病を患ったりしていろいろな事を経験して、亡くなっていく…というニュースに接すると、やはりいろんな事を考えてしまいますね。幼稚園ぐらいの頃に「なんとなく」見てた私ですらこうなんですから、それこそもうちょっと上の世代の、自発的に自分からチャンネル権を持ってTV番組を見ていた人たちなんかはもっと寂しい思いに浸ってるんではないかな、と。

それにしても、享年63か…。30年前に昭和が終わったその前後3年も、やたらと「昭和の顔」のような人たちの訃報が多くて(主なところでは、石原裕次郎・手塚治虫・美空ひばり、松下電器の松下幸之助とかもそれに含まれると思いますが)びっくりした記憶が今でも強いんですけど、平成が終わる前後3年も、やはり似たようなことが起きるんだなあ、と、それはしみじみと思いますね。

ご冥福をお祈りいたします。