さだまさしカウントダウンコンサートで買ってきた「湯呑み」が凄かった(笑)

昨日の記事の続きになります。本当は昨日更新しようと思ったんですが、夕方から深夜まで救急外来に行ったりしてましたので…。

一昨日の夜は、両国国技館のさだまさしカウントダウンコンサートに行ってきました。

実は国技館のカウントダウンコンサートは今回が2回目で、8年前に1回目の公演が行われた時は妻がお友達と見に行ってました(私は当時前職の仕事で某年賀状業務に忙殺されてました(苦笑))。升席のかなりいいとこで見れたそうなんですが…。

スポンサーリンク

妻に頼まれて買ったもの、というのが…。

この2009-2010年の時に妻がおみやげとして買ってきてくれたのが、

湯呑み、でした。

この当時のファンの人気投票で上位だった曲ごとに番付にして、それを湯呑みに書いたのを売ってたわけです。東西番付が書かれた2セット(もうひとつの湯呑みは少し赤っぽい黒文字で書かれてました)で、そのうちひとつを貰ってから8年館、今も緑茶とかほうじ茶とか飲んだりする時に愛用させてもらってます、はい(笑)

で、この湯呑みが今回も発売されるということで、妻に頼まれて購入来ることになったわけです。

ところが、

右下のドアの向こう側に見えるんですけど売店への長い行列が(汗)。

最初は開演前に買おうかなと目論んでたんですが現地に行った時点で「うーん、これは無理。」と判断し、22時台に30分ぐらいの長い休憩時間が入るので、第1部の終了時と同時に席を立って列に並べばどーにかなるだろう、と考えてたらそれがうまくいきまして(第1部の最後の曲のあとに協賛企業等の懸賞幕の紹介が入ったんでそこのタイミングで売店に行ったんですわ)、そしたら7番目に並ぶことができまして、待ってる間に長蛇の列になってました。

で、2000円で売られてた湯呑みを買ってきました。

8年たってサイズが大きくなってました(^_^;)

帰宅後、箱の中身を見せてもらったらこんな感じになってました。

へー、前頭に入るぐらい「関白失脚」って人気があるんだなー(←そこをツッコむなw)

「東」の横綱、つまりは「さだファンに取って最も人気があるさだまさしの楽曲」は「主人公」という歌なんですがこれは全く変わってませんでした。というよりも、「主人公」という曲、確かさだ氏が25歳とかそんぐらいの頃に作った曲なんですが65歳になった今でも人気が不動ってのはある意味凄いというかなんつーか。



↑年齢を減るごとに、風貌も歌い方も変わってきてるんですけどね。最近はオペラ歌手のような低音域で勝負するような力強い歌い方になってきましたな…。

と同時に一昨日の公演の際に入り口で貰ったサイリウムとか手ぬぐいのおみやげなど入ってたビニール袋の中に、

この湯呑の番付の大元のデータとなった、こんな番付表も入ってました。個人的には「序の口の下位」つまりそれほど人気がないマイナーな楽曲はどういうんだろうな、というのを眺めるのも大好きなんですけど(←こらこらw)。昨日は自室のドア、数年前に誤って穴をあけちゃったとこにダンボールとガムテで補修してる上にこれを貼ったんですが、思えばトイレのドアに入って用を足してる間に眺めるようにすりゃよかったんかもしれないなーなんて考えもしちゃったりと(苦笑)

で、8年前のそれと変わったのが、番付の楽曲だけではありませんでした。

ちょっとどころか「かなり」サイズが大きくなってんスけど(爆)

でもまあ今回も妻から2つある湯呑みのうちの1つを譲ってもらえたので、こちらも末永く愛用したいかなと思います。一方が緑茶用、一方がほうじ茶用とかで使い分けて…いやいや、ローテーションでうまく使いたいと思います。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ