北見工業大生協「ごめん六花亭。君より2日早く「そだねー」出願してたわ」

六花亭より2日早く、大学生協「そだねー」出願(読売新聞)

「そだねーat六花亭(をい)」の話の続きになるんですが…まさかこんな展開が(^_^;)

平昌(ピョンチャン)五輪のカーリング女子日本代表「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが口にした「そだねー」について、北見工業大生活協同組合(同)が同大職員の名義で、北海道帯広市の菓子メーカー「六花亭(ろっかてい)製菓」よりも2日早い2月27日に商標登録を特許庁に届け出ていたことがわかった。

 現在、出願者を同生協へ変更中という。

 特許庁によると、出願日は2月27日で、商標の使用区分は「文房具類、洋服、菓子など」。「菓子及びパン」で届け出た「六花亭製菓」よりも2日早い。商標は先に申請した者に権利が与えられる「先願主義」が基本。

 同生協は取材に「登録が認められれば、利益の全額をカーリングの振興に充てる。第三者の使用も利益の一部をカーリングに役立てるとの条件で許可したい」としている。

つーか、この件、本当だったら「そんなんで競っちゃって」って眉をしかめたくなるとこなんですが、

なんかこっちの方が「清々しく」て好いわ(笑)

って気になるのは、その「利益の全額をカーリングの振興に充てる。」と言い切ってるとこ、なんでしょうね、たぶん。

スポンサーリンク

六花亭の「申請すれば使わせてやる」的な態度が…ね。

というか数日前の六花亭の一件なんかは、

「そだねー」商標出願、六花亭「独占意図ない」(読売新聞/3月22日付)

取材に対して六花亭の社長はこういうことを言ってたんですね。

平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表「LS北見」(北海道北見市)の選手たちが北海道なまりで口にして流行した「そだねー」について、北海道帯広市の菓子メーカー「六花亭ろっかてい製菓」が特許庁に商標登録を出願していたことが22日、分かった。

同社は「(商標を)独占する意図はない」としている。

 特許庁によると、出願日は、銅メダル獲得5日後の3月1日で、商標を使う区分は「菓子及びパン」。審査結果は夏頃に出る見通しという。同社によると、出願について「LS北見と無関係なのに意図が分からない」などの問い合わせやクレームが寄せられている。

 同社は、いずれは商品化を目指すが、道外の業者に商標登録されてトラブルになることを防ぐ目的もあるという。同社制作部は「弊社に申請してもらえれば、自由に使えるような仕組みにしたい」としている。

…と。

でもこれも見方を変えれば、他企業(特に六花亭と同じようなお菓子業者などからすると)

「なんでお前にわざわざ申請しないといかんのじゃ」

ってツッコミも禁じ得ない訳で。要は「申請はしろ」って言ってるに等しいわけですから…同じ道内の企業とはいえ、カーリングに全くといっていいほど関係のない六花亭「様」のご許可を頂けないと使えないって意味でもありますしね。そこに恣意的な運用の可能性も否めないしで。

でも同じ「申請・許可」の手順を踏むにしても北見工業大生協さんが仮にゲットしちゃった場合は同業他社ではないだけに恣意的な運用は少なくても六花亭「様」よりかは少なそうだし。つーか、六花亭「様」も、最初からカーリング業界(?)へのお旦やパトロン…もとい、振興資金等の全面協力とかを打ち出せばよかったのにね。

なので今後、この商標出願が通るのかどうかは正直わかんないんですが、今の所は、六花亭「様」に対して、

m9(^Д^)プギャー

って気持ちが強いですね。それこそ銭ゲバ級のお役所仕事で日ハムに逃げられた札幌市に対して同じぐらいの(←ん?)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ