おお、大久保嘉人は川崎に戻るのかー。それが一番「最善」だと思うよ(笑)

By: yoppy

大久保嘉人1年で川崎F復帰はACL制覇への本気度(日刊スポーツ)

去年、FC東京に移籍するという噂話を聞いた時に「勿体ねえ。中村憲剛という最高の相方がいて、親和性とか彼の使い方もよくわかってるのはやっぱり川崎なのにねー」と苦笑いしてたんですけども。

FC東京FW大久保嘉人(35)が古巣の川崎フロンターレに復帰することで大筋合意したことが24日、分かった。大久保は13年から4年間、川崎Fに在籍し、今季から東京へ移籍。東京との契約はあと1年残しているが、複数の関係者によると、条件面を含めて移籍することで基本合意に達したという。近日中に正式決定される見通しとなった。

 川崎Fは今季リーグ戦で悲願の初タイトルを獲得、来季はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場する。リーグ連覇とアジア制覇を狙うべく、攻撃の補強としてスタイルを熟知する大久保に白羽の矢を立てた。川崎Fでは3年連続で得点王に輝き、4年間で82得点と実績は十分。今季はけがによる離脱もあり28試合8得点だったが、FWピーター・ウタカと並びチームトップで決定力は健在だ。

 大久保を巡っては01年にプロ生活をスタートしたC大阪や、母校の国見高があり来季J1に初昇格する長崎も水面下で獲得調査をしていたが、川崎Fへの復帰となった。J1最多通算179得点と、今も記録を更新し続ける大久保が、慣れ親しんだ等々力の地で再び輝きそうだ。

甲府サポな私としては、今季、優勝した川崎に実は甲府は負けなかったんですね。といってもアウェイで1-1、ホームで2-2のドロー決着だったんですけど。ただ、その前の年にはえらくボロ負けしていて、やっぱり大久保嘉人がいるといないとではかなりの違いはあるチームなんだなあ、と思った次第です。

というのは、やはり大久保を徹底マークしてれば他の選手へのマークが甘くなりますし、中村憲剛がミドルシュートを狙ったりもできますしね。ま、将棋で言えば「角がそこにいるだけでも睨みが効いてるのに、それを捨てちゃうん?」みたいなもんで「惜しいなあ。FC東京に大久保嘉人の使い方を熟知してる監督や選手がいるといいんだけどな」と思ったもんでしたわ。

スポンサーリンク

出戻りを大歓迎するフロンターレの懐の広さも(笑)

あとはかつてセレッソや神戸などに居た頃に比べて「レッドカードが減った」ってのも川崎との親和性を感じるんすよね。これは長年、ブラジル人のエースストライカー(かつてはエメルソンやフッキも在籍してましたし。短期間でしたが)がプレーしていて、「彼らの扱い方を慣れている」のも大きいんじゃないでしょうかね。それをうまく応用して行くとかは行かせて、引くとこは引かせる、と。

競馬の世界なんかでも悍馬(かんば。暴れ馬という意味です)をあれやこれやとうまく手なづけて走らせる名ジョッキー・名調教師がいて初めて才能が活きるということもあるようで(例えば周りに馬がいると興奮して走りづらいからあえて先頭に立たせてペースを握っちゃうとか…あー、昨日の有馬記念のキタサンブラックみたいだ(爆))、おそらく大久保嘉人が川崎在籍時に3年連続で得点王を取れた要因はそこらへんにもあるんだろうな、と私は考えてる次第です。

そしたら朝日新聞の記事でこんなのが。

FC東京の大久保、古巣・川崎復帰へ 大筋で契約合意(朝日新聞)

一部抜粋で申し訳ないんですけど…。

J1最多の通算179得点を挙げているFC東京のFW大久保嘉人(35)が、J1で初優勝した川崎に来季から復帰することで大筋合意したことが25日、分かった。大久保は今年からFC東京と2年契約を結んでいたが、1年を残して古巣へ戻ることになる。関係者によると、移籍金分を大久保の年俸から差し引くかたちで交渉がまとまった。新たな契約は1年。

いやあ川崎、商売上手(笑)。たぶん出来高(出場給+勝利給+ゴール給のような出来高オプション)も契約で付け加えられてるんでしょうが、これは決して「FC東京に行ってたのは無駄な一年だったね」というペナルティでは決して無く、「これはもう活躍して差し引かれた分の元を取りに行かざるを得ないよね?」っていう大久保嘉人の勝負師としての「漢心」をくすぐるようなメッセージですもの。

無論、初のJ1優勝まで果たしたぐらいの戦力は持っているわけですから、大久保嘉人をしてもジグゾーパズルのピースをはめるがごとくすぐにそこのスタメンにポンを入る…ってのはなかなか考えづらく、他のFWとの選手との競争の末にという順番を踏むんでしょうけど、殆どの選手たちは顔なじみで、勝手知ったる古巣だし、しかも彼の使い方をよーく知ってる「相棒」の中村憲剛もいるし…で、なんかACLが楽しみですねー、これ。

それでも金銭的な問題は別にして、「彼の使い方はやっぱし俺らが一番わかっとる」という確固たる自信と、「アジアで戦うには何かが足りない。だからあいつを呼び戻そう」としっかり思慮してちゃんと動く川崎フロンターレというチームの懐の広さと行動力は凄いな、と思いますね。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ