沖縄県警の58歳警視殿、式守伊之助ばりのホモセクハラ行為で依願退職か…。

知人男性にキスした男性警視、停職6カ月に 沖縄県警(朝日新聞)

折角定年までカウントダウンに入ったとこで、それも警視まで出世したのにまさかこんなホモセクハラ行為(?)で全てがパーになっちゃうとは…。

20代の知人男性にキスをするなどセクハラ行為をしたとして、沖縄県警は16日、県警本部勤務の男性警視(58)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。警視は同日付で依願退職した。

 県警によると、警視は2016年11月、那覇市内の居酒屋で知人男性にキスをした。また、17年4月には、沖縄市内に止めた自分の車の中で、同じ男性にキスをし、ズボンの上から下腹部を触った。男性の同意はなかったといい、警視は事実を認めた上で「体育会系のノリで悪ふざけのつもりだった」と話したという。

 県警は、男性が立件を望んでいないため事件にはしない、と説明している。

 県警の平良英俊(たいらえいしゅん)首席監察官は「幹部職員による事案で誠に遺憾。県民の信頼回復のため、再発防止に取り組む」とコメントを出した。

いやあ知人相手にこれをやらかしたのか…。最初記事を見た時に「これで停職6ヶ月=事実上の諭旨免職処分、は重いかもなー」とおもったんですが、それでも「体育会系のノリで悪ふざけのつもりだった」でホモ行為は無いわ(爆)

スポンサーリンク

っかしどこの式守伊之助だw

そういえばこんな記事もありましたな…。

青学大・原晋監督が相撲研修会、体罰問題へ持論展開(日刊スポーツ)

相撲協会もいろいろとこねくり回して…もとい、再発防止策の一環でこういうのをやってるようなんですけど…。

日本相撲協会は「研修ウイーク」最終日の16日、東京・両国国技館で全年寄、力士を対象に、箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)を講師に招いて研修会を行った。年寄、力士の2部構成でそれぞれ約1時間ずつ行われた。

 力士に向けた講習会では冒頭に「マスコミに来てもらえるのは当たり前のようで当たり前ではない。箱根駅伝も注目を浴びるがその代わり、逆に何かやらしかたらバッシングをされる。なぜなら多くの皆さんに愛されているから。皆さんも多くの皆さまに愛されているんです。そういうことは裏切られない」と強い口調で訴えた。

 冒頭のみの公開となった研修会後に原監督は、覚悟、コミュニケーション能力、ビジョン、目標設定の4つの視点で話をしたことを明かした。コミュニケーション能力に関しては「体罰の1つの要因が双方の思いが通じ合っていない。コミュニケーションが欠けているんじゃないかと思う」と、角界で途絶えることのない暴力問題の原因の1つと分析した。

 最後に「今の若い子が不祥事が続く中(角界に)魅力を感じるでしょうか。かっこいい力士、強い力士、国民から愛される力士、尊敬される力士、そういう世界に若者は夢を感じて入り込むんじゃないですか」と持論を展開した。

で、気になったのは

「全年寄、力士を対象に」

の部分。ん、式守伊之助のホモセクハラ行為は問題にならんの?? 出場停止の末にもう辞めるからいいのか?(汗)

※いやあたぶん、「研修ウィーク」っていうぐらいだから、その他の日には、親方・力士だけじゃなくて、裏方役の行司・呼び出し・若者頭・世話人・床山…の各種のスタッフさんも勿論一同に集めていろいろと「研修」とやらをやってるとは思うんだけどさ…、万が一こういうのを一切やってなかったら、「なんだ沖縄県警の方が一発アウトで、こっちの方が意外に処罰が厳しいじゃねえか」とかツッコミを禁じ得なくなりそうだ(失笑)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ