「スポーツの日大」。例のアメフト部監督は僅か3ヶ月の指導自粛をご希望…と。

※追記しました(2018/05/16 19:06)

アメフット日大選手が退部決意、反則プレー監督指示(日刊スポーツ)

あれだけのラフプレーをやらかした選手が自発的に退部するのはやむを得ない…が、パワハラまがいにこれを命じて、試合後にこれを正当化して開き直った上に、「選手を守る」と啖呵を切った日大の監督が雲隠れしたあげく「8月まで現場での指導自粛」程度でほんとうに逃げ切れると信じてるんであればこれほど「おめでたい」馬鹿はいないわとしか(爆)

アメリカンフットボールで対外試合出場禁止処分を受けた日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。日大関係者が15日に明らかにした。6日の関学大戦で、パスを投げ終えて無防備なQBに背後からタックルするなど3度のラフプレーで退場し、関東学生連盟から処分も騒動は拡大する一方。責任を感じて決意したという。関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導の自粛を申し入れていたことも判明した。

 問題の経緯は次のとおり。

 ◆5月6日 都内での定期戦で関学大が21-14で日大に勝利も、日大DLの悪質な反則プレーが起きる。

 ◆7日 関学大QBが右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間の診断受ける。後に左脚のしびれを訴える。

 ◆9日 関東学生連盟が理事会で協議。

 ◆10日 同連盟が日大DLの対外試合禁止、日大指導者に厳重注意の処分。日大は内田監督が8月末までの現場指導を自粛することを連盟に申し入れ、部のウェブサイトで謝罪文を掲載。関学大は直接謝罪がない日大に抗議文を送付。

 ◆11日 関学大が抗議文の配達証明を受け取る。夜、日大コーチから関学大に「当該選手を連れて謝罪に行きたい」との連絡が入ったが保留する。

 ◆12日 関学大の鳥内監督らが会見。抗議文への回答期限を16日とし、内容次第で来年度以降の定期戦拒否の考えを示す。鳥内監督は全体練習で部員に一連の経過を報告。日大の内田監督はこの日の関大戦以降も姿を見せず。

 ◆14日 日大が予定していた20日法大、6月9日東大、同10日立大のオープン戦中止が決定。対戦相手3校が連名で安全優先を理由に対戦を拒否した。

数日前のMBSのニュースに続いて、遂に日刊スポーツでも「あれは監督の指示でした」という記事が。ということはもうほとんど確定なんでしょうね、これ。

個人的には「やらされた」選手にも同情の余地はあるかもしれないけど…ただやるにしてもあれほどのあからさまのプレーを「日本代表」にまで選出された選手がやった以上、少なくてもこれから1-2年はアメフトのプレーは無理でしょうね。そんな日本代表にも選ばれた選手も鉄砲玉ぐらいにしか思ってない日大の監督やコーチ陣もそれ以上にクソッタレとしか思いませんけど…。

スポンサーリンク

たぶん関西学院側を怒らせる「回答」しか来ないと思う。

監督だけじゃない!関学大内部に強硬論も「コーチ陣も総辞職を」(スポニチ)

で、昨日、日大から「抗議文の回答」が届いたそうですが…まあ誠意がまったくないテンプレートコピペみたいなのしか届いてないんでしょうな。

アメリカンフットボールの定期戦で日大の選手が悪質なタックルを行った件で、負傷したQBの所属する関学大は15日、日大へ送付していた抗議文に対する返答を受け取ったことを明らかにした。返答期限の16日より1日早く、この日の夜、日大のコーチが持参したという。内容は明らかにしなかったが、これを受け、17日には関学大が会見する。

 日大はこれまでホームページ上で謝罪文を掲載しただけで、関学大への正式な謝罪や説明はなかった。そのため、関学大からは定期戦存続の条件として、内田正人監督の辞任だけでなく、コーチ陣の「総辞職」を求める強硬論も出ていた。試合前に内田監督が「相手QBにケガをさせる」と指示したという報道もあったが、関学大関係者も「(プレーは)監督の指示である可能性が高い」とした上で、「それを止められなかったコーチ陣にも大きな責任がある」と断言。また、内田氏は日大の常務理事の肩書も持っており、もし追放処分になっても、大学に籍を残し“院政”を敷く形になれば、部の浄化はできないと指摘する関係者もいる。

まあ関西学院サイドからすれば「あれを止めなかったコーチ陣って何やってんの?」って怒るのは、至極当然でしょうね。それと「あの監督、仮に辞任しても院政を敷くぜ、あれ。」って思うのもやはり当然。まあ雲隠れしてコーチに回答書を届けさせたりしてるようなヤツですからね。

しかし「スポーツの日大」よ、運動部の活躍を全面に押し出したCMを流してる癖に、体育会系体質は前近代的なクソ古いまんまなんだな。あんな指示を出した監督が常務理事とかをやってんだから大学のイメージ的にも大ダメージだと思うんだけどな…もしかしたら体育会系気質が大学本部まで浸透しまくってるから、この常務理事を「今更切れない」のかもしれないけど(呆)

将来に響かない怪我であることを今は祈るだけですわ。

反則タックル食らった関学大QBは腰椎損傷と診断(日刊スポーツ)

で、上記のスポニチの記事の最後の方にも出てたんですが(内容がだぶるんで割愛しましたが)、精密検査の結果が出たそうで、何よりお大事に…。

アメリカンフットボールの関学大は15日、日大との定期戦(6日)で日大選手による反則行為で選手が負傷した問題で、負傷した関学大の2年生QB選手は「第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷」と診断されたと発表した。

 14日に兵庫県西宮市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた。神経に損傷は見当たらず、今後は痛みが軽減すれば練習に参加できる見通しという。

 試合は6日に都内で行われ、日大選手がパスを投げ終えて無防備な状態だった関学大の2年生QBに、背後から激しくタックルするなどした。関学大は「後遺症の可能性は極めて低いと認識している。運動はしていないが、日常生活は問題ない」と説明した。この問題で関学大は17日に再び記者会見を開く。

さて、日大からの「回答」はどう来るか。

結局、数日かかっても、「監督の指示ではない。あくまでも選手が勝手にやったもの」とか「あれはあくまでもアクシデントでわざとやったプレーではない」とか、以前関西学院との公式戦等で試合の流れので日大の選手が怪我したプレーをほじくりだしてあくまでもあのプレーを正当化させるか…。

どっちにしても監督が矢面に立たずにコーチに「汚れ役」を任せて、ラフプレーした選手の自己責任的な方向に持っていってる限り、あの日大アメフト部の監督の指導力も人間的な資質も「お察し」としか言いようがないていたらくしか待ってないような気がする。

しかしあれだけの露骨なラフプレーをやらせておいてたったの「3ヶ月の活動自粛?」ふざけんな。ぜひとも回答次第では刑事告訴も辞さないように、今後の日本スポーツ界に禍根を残さぬよう、特に関西学院サイドには頑張ってほしいと思う次第です、はい。

追記:日大広報の「予想通りな」コメントに思わず失笑w

悪質タックル問題 監督指示は「あり得ない」日大が全否定(デイリー)

まあ日大側はここまで全国ニュースになってしまってるのに、危機意識がちっとも皆無のようで…。

6日に行われたアメリカンフットボールの日大と関学大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、関学大クォーターバック(QB)選手が日大守備選手から悪質なタックルを受けて負傷した問題で、日大の広報が16日、本紙の取材に応じた。問題のプレーが内田正人監督の指示によるものであったという一部報道もあるが、担当者は「それはあり得ない」と全面的に否定した。

 日大は、関学大からの抗議文に対し、15日に回答を提出した。文書の内容については明かさなかったが、日大側は内田監督をはじめ指導者、選手に聞き取り調査をしたという。その上で、指揮官が危険なプレーを指示したとされることについて、「指導者も選手も誰もそんなことは言っていない」と断言。あらためて故意によるプレーではないとし、「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデントだと認識している」との認識を示した。

 内田監督は問題が起きた試合以降、対外試合を含めて公の場に姿を現していないが、担当者は「(指揮を)自粛しているわけではなく、仕事などが忙しいので現場はコーチに任せている」と説明。また、反則を犯した守備選手は現在休養しており、練習場にも合宿所にも姿を見せていないというが、同選手が退部の意向を示していることについては「そんな事実はない。現在も部員です」と否定した。

 今回の問題を受けて、関東学生連盟は10日に暫定的な処分として、反則を犯した日大選手の対外試合出場禁止、指導者への厳重注意を発表。さらに、規律委員会で関係者へのヒアリング調査をした上で最終的な処分を決める。

 また、日大からの回答を受け取った関学大は、17日に記者会見を行う。日大もそれを受けて何らかのリアクションを検討するというが、記者会見を行うかは未定だという。

すごいねー。

日大常務理事のアメフト部監督、完全に逃げる気満々ぢゃん(爆)

おそらく関西学院側に渡された「回答」もこれとさして変わらないと思われるし、あれだけの1回目のラフプレーを「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデント」としかもう言えないんだろうな。このアメフト部の監督兼日大常務理事、おそらく日大本部ではナンバー2かナンバー3の人らしいから、日大側は全学あげて「守る」気満々なんだろうな。

でもこれら、「まあそう言うだろうね」という予想どおりの流れなんで、これで関西学院側を更に怒らせて刑事告訴とかをされて更に厄介な事になる方を選んだんであればそれでいいや。たぶんここまでくれば「無罪放免」はありえないし、もう日大アメフト部は10年は浮上するきっかけを失うでしょうけどね。しかしかの「日本相撲協会」よりも「日本大学」の方が腐った組織だったとは恐れ入ったわ。日大相撲部出身の力士や親方は物凄くたくさんいるけど、大学のほうが腐ってたとはw

では明日の関西学院側の記者会見を楽しみに待ちましょうかね。これが日大本部の「スタンス・意見」なのか、それともアメフト部は監督や当該選手を含めて全面的謝罪なのか…。とても「危機管理学部」がある大学とは思えねえ(失笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ