遂に日大アメフト部監督が矢面に立たずに雲隠れ、か…早くクビにしろよ(呆)

悪質タックル問題の日大監督は“雲隠れ” 12日関大戦に姿現さず(デイリー)

先日の記事の続きになります。まあ日大アメフト部の監督。その「雲隠れ」云々は、自主的に謹慎してるのかそれともチームや偉い人の判断で謹慎を喰らってるのかは知りませんが、それ以前に監督クビにするか、こいつが辞めないんだったらチームまるごと対外試合禁止にした方が好くね?(;゚Д゚)

「アメリカンフットボール定期戦、日大48-21関大」(12日、富士通スタジアム川崎)

 日大は、6日の関学大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、守備選手(3年)が悪質で危険なタックルなど3度の反則行為で退場処分を受けてから初の試合となったが、内田正人監督の姿はなかった。

 代わりに指揮を執った森琢コーチは、「まだ(選手、監督への)処分が正式に決まったわけではないので答えられない。また適切な場所、適切な形で対応させて頂きたい」と、監督不在の理由についても語らなかった。また、関学大からの抗議文書については確認したことを認めた上で、「また届いたばかりなので、それもこれから(対応する)」と説明した。

 定期戦を主催する関東学生連盟によれば、6日の試合以降に、内田監督側から「当面試合には出ない」という意向が伝えられたという。関係者は「うちが試合を主催していることと、(関東学生連盟は)日大が加盟している連盟という2つの意味で(この問題を)放置できない」と話した。

 同連盟は10日、この問題を受け、退場処分を受けた日大選手に対し対外試合出場を禁止する処分を発表。また、監督に対しても厳重注意とした上で、規律委員会で調査を行った上で最終的な対応を決定する方針を発表している。

こちらの記事の続きになります。

まあ前回の記事も書きましたが、いずれの「3度の反則行為」も勿論論外なんですけど、

↑またお借りしました(多謝)

本来であればこの1回目の「必要性がないラフプレー」の時点で審判は試合を止めて(もしくは審判の判断で試合を止めて他の審判に確認するなりビデオチェックするなりして)、この日大の選手を一発退場にすべきぐらいの「ひどい」プレーなわけですわ。

それを看過して2回目も許して3回目でやっと退場宣告をした…という時点で、審判団もそもそもアウトなんでしょうけど、その審判への批判よりも、やはり日大の監督やコーチ陣がなぜ1回目のあれだけのプレーをやらかして(しかも15ヤード後退だったかのチームにも迷惑かけたシーンでもありますから)2回目・3回目も何も言わなかったのかが謎、ですよね。そこで「日大の監督よ、お前それを黙認どころか奨励してたな?」って言われても仕方がないという次第ですわ。

スポンサーリンク

ひとまず全治三週間程度で済んだらしいけど…。

アメフット関学大・鳥内監督怒りの会見「あってはならない」日大選手の悪質タックル(デイリー)

昨日の記事で紹介した関西学院側の記者会見の記事もデイリーに出てました。

関学大アメフット部が11日、6日に行われた日大との定期戦(東京・アミノバイタルフィールド)で、先発出場したクォーターバック(QB)選手が相手守備選手から悪質なタックルを受け、負傷退場した件について同大学内で会見を行った。

 試合中はボールを追っていたため、判断できなかったと言うが、翌日にビデオで当該プレーを確認した鳥内秀晃監督は、「まさか、え?と思った。あってはならないことだと思う」と納得がいかない様子。小野宏ディレクターは「これまで弊校と日大はお互いに敬意を持って戦ってきた。激しい憤りを持っている。アメリカンフットボールだけでなく、スポーツを冒とくする行為。真相を究明することが重要だと思っている」と話した。

 日大選手のプレーについて、関学大アメフット部は「競技プレーとはまったく関係なく当該選手を傷つけることだけを目的とした意図的で極めて危険かつ悪質な行為」とし、10日付けで日大アメフット部に対して抗議文書を送付。チームとしての見解と謝罪を求めると同時に、監督に対しても試合後のコメント等に対する見解と謝罪を求めているという。

 加えて11日付けで関東学生連盟に対しても要望書を提出した。

まあ関西学院の監督さんが「これまで弊校と日大はお互いに敬意を持って戦ってきた。激しい憤りを持っている。アメリカンフットボールだけでなく、スポーツを冒とくする行為」と怒るのは当たり前ですわ。

で、怪我した選手と「やらかした」日大側の対応とは、というと。記事に続きがありまして。

負傷したQB選手は試合翌日、右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間の診断を受けた。数日後から左足にしびれが生じ、現在も残っているため、後遺症の可能性も含めて再度精密検査を受ける予定という。関学大アメフット部は「生命にかかわる重篤な事故につながる可能性がある行為だったと考えます」としている。

 6日の試合では、自陣46ヤードからの関学大の攻撃1プレー目で、QBがパスを投げた約2秒後、無防備な状態だったところに背後から守備選手がタックルをし、負傷交代していた。さらにその後も反則が重なり、最終的には関学大の選手のヘルメットを殴ったとして資格没収(退場)。10日に関東学連から当該選手の対外試合の出場を禁止と日大の指導者を厳重注意とする処分が発表されていた。

 またそれを受けて日大アメフット部は10日、ホームページで「今回の事態を厳重に受け止め、今後はこのようなことがないよう、これまで以上に学生と真摯に向き合い指導を徹底してまいります。このたびのこと、重ねてお詫び申し上げます。」と謝罪している。

 しかし日大側から関学大側への正式な謝罪や説明はない。11日20時15分頃、反則をした守備選手をつれて謝罪に向かいたいという旨の電話がコーチからコーチへという形ではあったというが、日大側がその段階で抗議文書を確認していなかったため、断ったという。

 日大アメフット部は昨年12月の全日本大学選手権決勝(甲子園ボウル)で関学大を23-17で破り、27年ぶり21度目の優勝を達成。

 関学大アメフット部は甲子園ボウル最多23度の優勝を誇る名門だった。大学日本一を決める甲子園の舞台での両校の対戦は過去29度にのぼり、ファンの間では“赤と青”と形容される。アメフット界をけん引していたライバル同士だった。

い、いや関西学院のQB、あれだけのラフプレー喰らって、全治3週間で済んだのか?(^_^;)。足のしびれがあるとのことですが、本当に徹底的に精密検査をしないといけませんよ? その選手の今後の人生に及ぼすのような怪我が隠れてるかもしれないわけですし。だって言うなければあれだけ無防備な状態で、猛ダッシュしてきた日大の選手(しかもこちらも屈強な、日頃から人一倍トレーニングを重ねている選手なわけですし)にトラックの追突事故のようなタックルを食らったわけですから。

日馬富士騒動の伊勢ケ浜親方の対応よりも遥かにひどい。

…しかし日大側の対応もそれもひどいな。「反則をした守備選手をつれて謝罪に向かいたいという旨の電話がコーチからコーチへという形ではあったというが」って、それって、

貴ノ岩をフルボッコにした後の日馬富士と伊勢ケ浜親方

よりも対応がひどいじゃないですか。なんでコーチからコーチなんだっつーの、監督から監督に連絡するのが礼儀なんじゃねえの?

結局この貴ノ岩の件は貴乃花親方が憤慨して事を公にすべく動いたんで、伊勢ケ浜親方の謝罪を受け付けず日馬富士は現役横綱の座、さらに言えば帰化して日本相撲協会に残ることですら、それらを全て棒に振る結果になったわけですが…。そんなもんこれほどの大怪我を追わせておいて、コーチからコーチじゃなくて監督から監督に伝えるようなもんなんじゃねえの?っとて思うんですよね、なにせ「定期戦」をやる間柄なんですから。

記事によれば「赤と青」と呼ばれるような日本の大学アメフト界を牽引する「二強・ライバル」同士のやりとりにしてはあまりにもチープな対応すぎやしないかな、と。そういう意味では、当該のラフプレーをした選手、それを奨励ないし黙認した監督は数年間出場停止処分にして、更にチームとしての日大アメフト部は出場停止処分、もしくは対外試合禁止処分ぐらい食らわせて、この日大の監督は辞任かクビにでもしないともう「収まらない」と思いますけどね。しかしこんなやつの名前が「歴代優勝校の優勝監督」の中に列記されること自体、もう駄目だろ。

果たして監督本人は単純に謹慎をしてるだけなのか、それとも矢面に立ちたくなくて本当に「雲隠れ」しちゃってるのか…それはさだかではないんですが、まあアメフトという競技の範疇をとっくに超えて、日本スポーツ界でも有数の最低最悪な騒動ではありますね。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ