遂に日大アメフト部の前監督と前コーチが「除名処分」になりましたか…。

内田前監督 井上前コーチを除名処分 日大アメフト問題で関東学連(NHKニュース)

いよいよ「除名処分」喰らってしまいましたか。日大アメフト部の前監督とホモビの…もとい前コーチのふたりは。

日本大学アメリカンフットボール部の選手が重大な反則行為をした問題で、試合を主催した関東学生アメリカンフットボール連盟は29日に臨時の理事会を開いて、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチを、最も重い「除名」とする処分を決めました。

今月6日に行われた日大と関西学院大学の定期戦で、日大の選手が、無防備な状態だった相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をして全治3週間のけがを負わせました。

試合を主催した関東学生連盟は規律委員会を設置し、「反則行為を指示された」とする日大の選手だけでなく、「意図的に指示はしていない」とする内田前監督などから直接、聞き取りをして事実関係の調査を進めてきました。

関係者によりますと、規律委員会は日大の内田前監督と井上前コーチを「除名」、反則行為をした選手とチームに対して「公式試合の出場資格の停止」などとする処分案を理事会に提案したとみられ、理事会は内田前監督と井上前コーチを「除名」とする処分を決めました。

規定によりますと、処分は重い順に、「除名」、「資格のはく奪」、「団体活動の一時的または無期限停止」などの8種類です。

「除名」は永久追放に相当する最も重い処分で、理事会での決定のあと、各チームの代表が集まる総会の承認が必要となります。

関東学生連盟は29日の理事会のあと、理事がスポーツ庁を訪れ、内田前監督と井上前コーチの処分などについて鈴木大地長官に報告を行っています。

ま、誤解を恐れずにいえば、

極めて当然な処分結果

としか言いようがないんだけどな…。

スポンサーリンク

さて、理事長はいつまで彼を庇うつもりなのかな?(皮肉)

それにしても…と思うのは、「いつまで、前監督兼常務理事を”庇(かば)える”んだろうね、理事長?」ってとこですかねえ。ここまで来ると。

確か理事長って日大相撲部を大きくした人だそうで今は総監督をやってるそうですが、以前は監督として名門・日大相撲部を引っ張ってきて、現役力士はもとより、現在は親方をやってるような元力士ですら頭が上がらない「スポーツの日大(笑)」の貢献者だそうですけど…。でも相撲で言えば学生アメフト界から除名されちゃって「死に体」になってる子分を意外に「あっさりと見限る」ような気がしてならんのですけどね、この展開は。

まあ少なくても「白い巨塔」みたいなドラマだったら、確実にこの理事長は、ナンバー2とか言われていた、内田前監督兼日大常務理事に全責任を押し付けて理事解任に追い込むとこですけどね。だって「大学のイメージが完全に失墜」しちゃって、巨人戦とか阪神戦みたいなプロスポーツに出してる広告も引っ込める始末、あげくに一歩間違えれば来年の受験にも、現役学生の就活にも影響しかねない…とくれば、

全部こいつのせいにして、大学から追い出すのが一番楽。

ですもの。

刑事告訴→逮捕と同時に「切る」と思うけどね。

思いっきりざっくりと書けば、いわゆる内田前監督一派(コーチ陣とか、広報部の日大職員等も含めて)を「一掃」しちゃえば、とりあえず理事長自身のてめえの首は繋がる可能性はあるでしょうしね。むしろ理事長からすれば、当該の日大の選手には気の毒な書き方をしますけど、「あんな鉄砲玉もロクに扱えない役立たず(=前監督兼常務理事)」をいつまでも自分の手元に置いてると、あいつの巻き添えになっててめえの首や理事長って立場もやばくなるんじゃないすかね…。前監督兼常務理事は呑気にも雲隠れして、今や大学の系列病院に入院という名の「雲隠れ」を続けてるようですが、まあいつまでご自身の立場が安泰だと思ってることやら、と。

個人的には、このまま関西学院の選手サイドが被害届を出して、刑事告訴まで至った場合、当該のタックルした選手に司直の手は及ぶ反面(関西学院の選手の親御さんは減刑嘆願に動いているそうで、私もそれに協力させてもらおうかなとは考えてるとこです)、この前監督と前コーチにも「それをやらせた」という理由で司直の手が及んだ段階で、おそらく日大の理事長は自己保身も兼ねて「前監督兼常務理事を切る」んじゃないかなあと見ている次第です。そこまでしてあの前監督兼常務理事が理事長にとって、大学当局にとって「替わりのいない欠かせない大学幹部」とは思えないんだけどなー。むしろ今や「幹部」どころか「患部」に成り下がっちゃってるあの人を(以下略)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ