宮川選手の記者会見後の「日大広報部のコメント」に失笑…駄目な大人共だ(爆)

「つぶせ」は「思い切って当たれ」の意味 日大がコメント(NHKニュース)

で、午後の「ラフプレーをやってしまった」宮川選手の会見を踏まえた、日大広報部のコメントが出てましたが…あまりにも予想通りの「言い訳にもなってないコメント」で、あー、これはもうアメフト部どころか、日大自体が完全に終わったんだな、と(爆)

日大広報部は、反則行為を行った選手の会見を受け、「厳しい状況にありながら、あえて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申し訳なく思います」というコメントを発表しました。

そのうえで、反則行為の指示の有無について、「コーチから、1プレー目でクオーターバックをつぶせ、という言葉があったことは事実です。ただ、これはゲーム前によく使う言葉で、最初のプレーから思い切って当たれ、という言葉です」と説明し、「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」として意図的に反則行為を指示したということを改めて否定しました。

また、「選手と内田前監督は、話す機会がほとんどない状況でありました。選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております」とコメントしました。

このコメントを読んで「やっぱりな」と思ったのは、

「この馬鹿ども、生徒よりも前監督兼常務理事を守る気なんだな」

という「実にわかりやすく」「あからさま」な態度にパソコンの画面に向かって指さして失笑した…のと同時に、「どうせこれだって前監督兼常務理事が無理やり大学本部の広報に仕事丸投げして、アメフトの「ア」の文字も知らない職員にテンプレート丸写しで作らせたんでしょう?」ってことも失笑でしたね、これ。

で、おそらくこの前監督兼常務理事は、ラフプレーを一緒になって指示した井上というコーチを「俺はそんな事を言ってない。あいつが俺の指示をそう解釈して宮川に伝えたんだ。だからコーチのあいつの言い方が悪い」って、ほぼ確実に井上コーチを「切る」つもりだぞ?

さあ、次は井上コーチの「告白」でも待とうかな。どうせこのままだと自己保身の前監督兼常務理事の手で日大を追われるんだろうし、文春や新潮あたりが高く買ってくれるかもよ。一緒に巻き添えにしちゃいなよ、と。で、あの前監督に「飼い犬に手を噛まれる」思いでも(謎)

…っかし、もうこんな状況になったら絶対に日大アメフト部とて一枚岩ではないはずでしょう。だって「選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していた」んでしょう? ざっと100人も部員がいれば「廃部にでもなったらもう俺らもおしまいだ」とばかりに「沈みゆく船から逃げ出す」奴だって少なくないだろうし、小遣い稼ぎと日頃の恨みから多少話を盛って週刊誌に「売る」選手だって出てくるでしょう。そんなもん、部内に敷かれた箝口令なんて意味ないじゃないですか(失笑)。

スポンサーリンク

この関西学院側の「配慮」の0.001%でも日大側にもあればな(呆)

関学大は日大の加害選手に配慮し、謝罪の公表せず(日刊スポーツ)

そうか、関学はそこまで配慮してくれてたんだな。

アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で、日大の宮川泰介選手(20)から2年生QBが負傷させられた関学大は22日、宮川選手が被害QBに直接謝罪していた件について「不利益を被る可能性がある」と配慮し、公表していなかった。

 この日、宮川選手は会見で、今月18日に、負傷選手のもとへ直接、謝罪に訪れていたことを口にした。宮川選手は6日の定期戦から5日後の今月11日に、負傷選手と家族への謝罪を日大側へ求めたが拒まれ、ようやく18日になって直接の謝罪が実現したとも明らかにしていた。

 関学大はこの日、この一連の流れについて「日大選手(宮川選手)は最初から謝罪に来ようとしていながら、部に止められていたこと、謝罪に来たことを明らかにすると、日大選手が何らかの不利益を被る可能性がある」として、事実を伏せていたと説明。

 真相については「本人の口から明らかにしてもらうことが大切と考えた」などとコメントし、謝罪の事実を非公表としていたことをわびた。

確かにあの宮川選手のやらかしたラフプレーは、一歩間違えば、下半身不随や命も奪われかねないプレーだったのは間違いないし、スポーツ選手としては完全に「一線を越えてしまい、許されない」ものではあるのだけど、関西学院側は「まあ、それはそれとして」で、ちゃんと加害者側の生徒のことも考えて「守って」くれた事は本当にありがたいなーと思いますね。

ともすればこれを公表すると、あんなトチ狂った日大監督兼常務理事に何をされるかわかんない、というとこまで考えてくれてたのか。噂ではこの常務理事の「親分」である理事長は某有名暴力団との繋がりを堂々と隠さない「大学のトップとしては」実に恥ずかしい人物だそうですしね。

いや、この関西学院アメフト部の対応こそが本当の「教育機関たる大学のスポーツ」のあり方だと思うんですけどね。だって彼らは「被害者」ですよ。被害者の気持ちで対応がひどすぎる日大サイドに対して本当らキレて感情的になってこの話をマスコミにリークして、更に日大サイドのイメージダウンと共に追い込むことだってできたのに、それをあえてやらなかったわけですから。

勿論、関西学院とて少なからず先輩後輩の関係では上下関係が厳しいとこもあるかもしれませんが、厳しい代わりに「守るとこは守る」という配慮はさすがだな、と。逆に「監督は神様、上級生は人、下級生は奴隷か虫けら」みたいな関係だった日大アメフト部を、「スポーツの日大」であちこちに広告やCMを出している日大の本部が必死になってこの前監督兼常務理事を「庇っている・守っている」図ね。

たぶん24日の「報告書」も誠意の欠片もないでしょう(←断言?)

そりゃ日大本部の連中はてめえらの権力が安泰であれば数多くの付属校や、他校の推薦受験から安定した数の新入生が「供給」されるし、別に大学のイメージなんか世間は「人の噂も七十五日」みたいな感じで呑気に構えているんだろうけど、いやあこのままで済むとは到底思えないわな。

で結局このままだと、24日に出てくる「報告書」を見て、まあこれもどうせ「木で鼻をくくった」ようなテンプレートコピペ丸出しな作文を関西学院に出してきて更に怒らせるんでしょうし、このまま被害届から刑事告訴に踏み切って、あの「そそのかした」前監督兼常務理事とか井上コーチとやらが警察に連行されるのを見てみたいわ。いやあ、このタイミングで前監督兼常務理事、「ボクはココロの病気になりました」とばかりに休暇取ってハワイとかにバカンスに出かけたりしてな(爆)

しかし本当に「駄目な大人」共だ、日大…。日本一の学生数を誇る大学で現役学生が、更に何十万人いるOBの皆さんが泣いてるぞ、これ。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ