関西学院戦でラフプレーした、日大アメフト部の選手の記者会見を視てました。

アメフト日大選手が顔出し会見「監督から反則指示」(日刊スポーツ)

昨日、選手本人が記者会見に出てくるというニュースを聞いて実際にNHKの中継を見てるんだが…、なんつーか「監督よりもしっかりした態度・服装で記者会見に応じてるじゃないか」と思ったのが最初の感想ですかね、これ。

アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた日大の選手が22日、都内の日本記者クラブで会見が始まった。

 会見に出席したのは日大の宮川泰介選手(20)。丸刈り頭で報道陣の前に現れた。

 冒頭で西畠正弁護士は、今回の会見について「顔を出さない謝罪はないと会見を決意した」と説明。また「反則行為の指示があったことを明らかにするのが会見の趣旨」と述べた。

 この選手は6日の試合で、パスを投じた後に無防備だった関学大QBに背後から激しくタックルした。内田正人前監督(62)は、今回の件の責任は自分にあるとして、19日に辞任を表明したが、この危険なプレーを指示したか否かについては、言及を避けていた。

 21日には関学大QB選手の父親が記者会見。「(日大選手が)なぜあそこまで追い詰められたのか、(内田前監督が19日に行った)会見で一言いただきたかった」と話し、大阪府警池田署に被害届を提出したことを明かしていた。

これは最早、日大アメフト部を「解体」した方がいいかもな…。

スポンサーリンク

選手を守れずに、矢面に立たせるとは何事だ。

しかし…まあ本当に「ヤクザの抗争の鉄砲玉」のような命じられ方をしてたんだな、日大アメフト部の監督とコーチは…。

個人的には「監督やコーチが選手に矢面に立たせるとは何事か」という憤りの方が強いですね。先日のTOKIOの山口達也元メンバーの一件で、ジャニー喜多川氏とかの事務所のトップが出てこずにTOKIOのその他4人を矢面に出してきたりとそれと全く同じじゃないか、と。

あと、記者会見を途中から見始めたので、Twitterで落語家の立川談修師匠がツイートで知ってびっくりしたんですが、

い、いや全然「ドアップ」ですやん…。私が見てるのはNHKですが、NHKも遠慮なくアップで生中継してますし…、

記者会見中にニュース速報のテロップも入れる念入りっぷりで(大汗)。

ただ、改めて「ひとつだけ解せない疑問」もある。

しかし記者会見を見ていて改めて「これだけはわかんない」疑問も正直言ってあるんですけどね。

それは、

↑1回目のラフプレー(これが最も物議を醸しているプレーではあるんですが)。

↑2回目のラフプレー

…ここまでは「鉄砲玉」として命じられてプレーをやったというのはわかるんですが、

↑3回目のラフプレー(これで退場になります)。

この3回目のプレーの、「相手とぶつかって尻もちをついた後に、その当該選手と揉み合いになって殴りかかって」のシーンが、改めてよくわかんないんですよね。

というのは、言葉は悪いんですが、1-2回目のプレーは「鉄砲玉」としては「それを命じた上の連中」が与えたミッションを実に冷静に「遂行」してるんですよね。誤解を恐れずに言えば「相手を潰すだけのミッションに関してはほぼ完璧に遂行」してるわけですわ(勿論、ここで日大の監督・コーチ陣が注意も説教も交代もしなかったことがあからさまだったんでバレたわけですけど)。

しかし3回目の尻もち→もみ合って殴りつけたのプレーに関して、仮にこの選手が「もういい。退場になってやれ」とやけっぱちになって起こした行為だとすれば「過去2回のプレーに比べてあまりにも温度差がありすぎる」し、あんだけ散々「的確に」相手を痛めつけるプレーをしといて、自分がちょっと反撃を食らって尻もちをついた程度で殴りかかるというこの「構図」が余計にわかんなくなっちゃったんですけどね…。

ここらへんの選手本人の心理状況や事情はもうちょっと「深く」聞いてほしいかなと思ったのも事実です。

↑あー、TBSラジオの「たまむすび」の火曜日によく出てくる映画評論家の町山智浩さん、いい事を言うなー。

いずれにしてもこの記者会見でこの選手が大嘘こいてるとは考えづらい(むしろそんな事をしたら文字通りこの人のアメフト選手のキャリアどころか、人生そのものが終わりかねない)ので、日大アメフト部や日大当局自体がもう「逃げ」の姿勢で、(前)監督・コーチなどが矢面に出てこない以上は、もう日大アメフト部自体がアウトかもしれないね。もう廃部・解体やむなしなんでしょう。

できれば半年から数年の出場停止で「勘弁」してやってくれ…。

この選手自身は、さすがに一連のプレー(特に最初のレイトタックルで)があまりに前代未聞すぎて、もしかしたら刑事告訴されて警察のお世話になったり、「主犯」として永久追放とかの厳罰になるかもしれないが、

少なくても日大アメフト部の監督みたいな「チームカラーのピンクのネクタイ」とかをしてきたわけではないし、ちゃんと会見場では「かんせいがくいん」とも呼んでいるしで、まだ20歳の学生さんなんだから、ちゃんと関西学院の選手サイドのお許しを得てから、せいぜい半年から数年ぐらいの出場停止で勘弁してやってほしいとも思う。それとちゃんとこうして「矢面に立った」選手のことをちゃんと周りの大人がフォローしてやれよ、とも思う。

ちなみに個人的には「彼ら(選手本人、そして監督・コーチ)」が刑事告訴されて逮捕されるのはやむを得ないとも考えてます。ただこの選手がこういう数百万人、数千万人単位の視聴者の前に出てきて悔悛の意思を示している以上、任意の事情聴取程度や、監督・コーチとまるごと逮捕…までは行くかもしれないけど、コーチや監督がお咎め無しで彼だけが逮捕という事は、警察当局もしないとは思うんですけどね。

そしてその上で、もしこの選手を「主犯」としてさばくのであれば、彼を追い込んで唆した奴らを「共同正犯」として、具体的には日大アメフト部の(前)監督兼大学常務理事やコーチ陣もそれ以上の厳罰に処さないと、たぶん世間は納得しないと思うけどね?

とんかつ屋さん、えらい。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ