経済評論家の三橋貴明氏の逮捕報道…よりも10代の奥様の存在に吃驚だ(汗)

経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻殴るなどした疑い(朝日新聞)

こないだ何かの番組だったかTwitterだったかで名前や顔を見かけた記憶はあるんだけど…。いやいや。

妻を殴るなどしてけがをさせたとして、警視庁が経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)=東京都港区港南4丁目=を傷害の疑いで6日に逮捕していたことが、同庁への取材でわかった。容疑を否認しているという。

 高輪署によると、逮捕容疑は5日午後7~9時ごろ、自宅で10代の妻を転倒させて腕にかみついたり、顔を平手で殴ったりして約1週間のけがを負わせたというもの。口論が発端になったといい、妻が110番通報して発覚した。

 三橋容疑者は2010年の参院選比例区に自民党から出馬し、落選した。

「夫婦喧嘩は犬も食わねえ」なんてよく言いますけど…。確かこの人、結構個性的なキャラクターで、2chとかのネット界隈の論客からプロの評論家に転じたような経歴を見た記憶があるんですが。

スポンサーリンク

それにしても10代の奥様の存在の方が凄い…。

にしても大学のセンセイをやってるわけでもないのによくそんな若い奥さんを娶る事ができたな、この人(^_^;)。随分昔に大流行した、中山美穂主演のドラマ「ママはアイドル」を彷彿とさせるような年齢差…。

あのドラマはうちの家族(たぶん母親と妹)が好きでなんとなく私も見てた記憶があるんですが、義理の子どもたち3人(その中の娘役が後藤久美子だったような記憶が)の中で、一番上の長兄が中山美穂よりも年上だった、という設定だけは物凄く覚えてるんだけどなあ。そういえば、夫役の三田村邦彦も最近見かけないなあ。舞台とかお芝居で頑張ってんのかねえ(←遠い目でつぶやく)。でも住所的には結構いいとこに住んでるんだね。何かDVそのものよりも、このおおよそ30歳差もある夫婦の「なれそめ」の方が気になって仕方ねえ(苦笑)。今秋の木曜日の新潮か文春あたりを楽しみに待ちますかな…。

いずれにしても論理・条理を尽くして各方面に物を申す仕事の「論客」たる評論家がてめえの奥様ひとりすらコミュニケーション等で説得・納得できずに暴力振っちゃあダメだわ。そして何より暴力の方法だってビンタ(=平手で殴る)のもちろんダメだけど、特に「腕に噛み付く」って時点でフツーの暴力じゃねえし…んな、往年のプロレスラーの「噛み付き魔」ブラッシーぢゃあるまいし(爆)。たぶん処分保留か何かで数日後にはシャバに出てくるんでしょうがその後が大変だね、後始末を含めてね。