千葉ロッテの大谷投手にはぜひ「日本の大谷」を目指して頑張って欲しい(笑)

ロッテ“日本の大谷”ネタにされたけど「対戦は楽しかった」(スポニチ)

昨日の球場開きでの登場第1号はロッテの大谷投手だったそうですが…。

球場開きしたZOZOマリンに昨季チーム最多55試合登板の中継ぎ右腕、ロッテ・大谷が一番乗り。室内練習場でマウンドを使った軽めの投球も行い「1月から気持ちを上げていきたい」と意気込んだ。

 同じ名字の大谷がメジャー移籍。話題を集めた二刀流に対して「じゃない方の大谷」とネタにされることも多かったが「対戦は楽しかった。僕はメジャーに行くのは無理だけど向上心を持ってやりたい。今年は優勝したい」と“日本の大谷”として決意を固めた。

昨年は益田投手がセットアッパーからクローザーに回って結果が出ず、中継ぎに回されてもなかなか調子が上がらなかっただけに逆に大谷投手(とか、ルーキーの有吉投手などに)負担がかかってた一年だったなあって印象が強いですねー。

ま、メジャーに行った日ハムの大谷投手とは何年か前にCSでの日ハム戦で「勝ち 大谷(←日ハムの方)、負け 大谷(←ロッテの方)」で「共演」する羽目にもなってましたし(苦笑)。まあそういう意味では因縁浅からぬ(?)関係なんですけど、ぜひとも今年は「日本の大谷」と呼ばれるようなナイスピッチングを期待しておりますです。

スポンサーリンク

マレーロの10万号弾のレガシートも作るとは(驚)

ロッテ「レガシート」第3弾はオリ・マレーロ10万号着弾席(スポニチ)

対戦相手のメモリアル弾のレガシートも作るとはなかなか粋な企画を(笑)

ロッテの本拠地・ZOZOマリンに歴史的本塁打を称える「レガシート(レガシー席)」が登場する。

 昨季の鈴木の球宴アーチ、引退試合で放った井口監督の同点弾に続き、第3弾としてマレーロ(オリックス)のNPB通算10万号着弾地点(レフト8列407番)を認定。3席は色を変え、プレートを貼る。マレーロに記念弾を浴びた成田は「それを見れば悔しさを思い出す。(自分も)モニュメントをつくってもらえるような選手になる」と悔しさを糧に飛躍を誓った。

しかしこのホームランも凄かった。

打たれたのが将来の千葉ロッテのエース候補の若き左腕・成田翔投手というのがまたなんかドラマチックなものを感じるなあー。こういう経験を糧にして、将来は、今はヤクルトでプレーしてる成瀬投手のようなエース左腕になってほしいと思いますね…。

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ