【千葉ロッテ】井口監督、海上保安庁に続いて千葉消防局のポスターに登場と。

ロッテ井口監督が春の火災予防運動ポスターに登場(日刊スポーツ)

昨年、2018年度の千葉の海上保安庁のポスターに登場したって話があったんですが、まさにこれで「たとえ火の中水の中」と(をい)

ロッテ井口資仁監督(43)が、千葉市消防局の18年春・火災予防運動ポスターに登場することになった。

 ポスターは市内の町内自治会、公共施設及び事業所、約4000カ所に掲示される。井口監督は「火災予防に対する意識が高まることを願っています。チームとしても勝利を勝ち取ることで、ポスターにこめられているメッセージを広く伝えることができればと考えております」とコメントした。

凄いなあ、千葉市界隈…。

スポンサーリンク

千葉界隈の118番も119番も。

で、こんなポスターだそうです(画像検索でお借りしてきました(多謝))。

「あなたが火災予防の指導者」ってのがいいっすねえ。「レギュラー選手」とか「スタメン」とかではなく。「俺も頑張るから皆も頑張ってくれ」というスタイルがまた。

で、海上保安庁のポスターはこんなんでした。

改めて見るとこれもまたいいなあ(笑)。

ついでに書くと、海上保安庁の緊急通報ダイヤルは118番、消防庁の緊急通報ダイヤルは119番。まあ1番違いなんですよね。それでいて118番の方は年間の通報件数の99%近くが間違い電話・緊急の必要性がない電話なんだそうで…。

友人にそれぞれの地元の消防団で活動してる人がいまして。

うちの地元でも時折、地元の消防団の人たちが小学校の校庭を使って訓練とかやってますね。夏場以外使われてない屋外プールに向かって放水訓練とか。

例えば私の身近な人達としては、いつもクイズサークルでご一緒してる友人の中にも、自営業の、東久留米の塗装屋の若旦那とか、(先日急逝した)岩槻の酒屋の若旦那が消防団の一員で活動してるんですが、まあいろいろと飲み食いしてる時に話も聞くんですけどもあれもあれでかなり大変らしいんですね、消防団も。火事の時はたとえ深夜でも出動しないといけないそうですし、台風の時も詰め所で待機してるそうです。

昨年の9月の台風(えらい大雨の台風でしたね…)の時は仕事関係の組合の、バス旅行の日帰り旅行が組まれてたそうですが、大雨で全く観光にならない上に、帰宅してから消防団の詰め所にいる時間のほうが長かった、と苦笑して話してましたし(大汗)。

※実は塗装屋の若旦那は、この酒屋の若旦那のお通夜・告別式が仕事の都合で行けないので一昨日の夕方、私にお香典を託しに福生まで来てくれました。そん時に西友のサイゼリヤで一時間半ぐらい談笑してたんですが…実はこの時も地元の消防団の話とかをしてたのでした。

まあたまたまロッテの井口監督がこういうポスターに採用された、というタイミングもありますので、防災意識や万が一に備えての準備や心構えなども考えるいい機会になれればいいな、と思いますです。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ