実家が銭湯だった、大の川崎サポの友人は大喜びだろうなー(笑)

初タイトルの川崎F“らしく”喜び爆発 シャーレの代わりに風呂桶掲げる(スポニチ)

Twitterで写真を拝見して、

「なんで風呂桶掲げてんだろう」と思ったらそんな理由が(笑)

◇明治安田生命J1リーグ最終節 川崎F5―0大宮(2017年12月2日 等々力)

 明治安田生命J1リーグは2日、最終節の9試合が行われ、川崎Fはホーム等々力で大宮に5―0で快勝。磐田と0―0の引き分けに終わった鹿島と勝ち点72で並び、得失点差では上回って、J1リーグ初優勝、クラブ初の主要タイトルを獲得した。

 前節首位の鹿島と勝ち点2差で最終節を迎えた川崎Fは開始直後の前半1分、FW小林のドリブル突破からMF阿部が左足でミドルシュートを決めて先制。前半ロスタイムにはMF家長のクロスに飛び込んだ小林がヘディングシュートを決めて2―0とリードを広げた。

 後半15分には再び家長のクロスに小林が右足で合わせて3点目。同36分には車屋が倒されて得たPKを小林がきっちり決めてハットトリックを達成し、終了間際には長谷川が左足で5点目を決めてダメを押し、5―0で完勝した。

 試合後はホームに詰めかけたサポーターの前で優勝セレモニーが行われたが、優勝シャーレは鹿島が試合を行ったヤマハスタジアムにあるため、川崎Fにはシャーレの写真がプリントされたパネルが授与された。パネルを掲げて喜んでいた選手たちだったが、その後スタッフがシャーレの絵が底に入った風呂桶を選手に配布。クラブが川崎浴場組合連合会と実施してきた川崎市内の銭湯の利用促進キャンペーン「いっしょにおフロんた~れ」にちなんだもので、選手たちは“らしく”風呂桶を掲げて喜びを爆発させた。

川崎フロンターレも、なぜかタイトルにビミョーに届かない感じで、J1もナビスコ杯→ルヴァンカップもそして天皇杯も…「七不思議のひとつ」みたいな感じでいつも首を傾げてたんですが、いやあ良かった良かった。優勝の条件が「川崎が勝って、鹿島が引き分けか負け」という結構鹿島相手にとっては厳しい条件だったんですが…あ、甲府の残留条件と同じだったんすけど、甲府の方は「甲府も勝って、清水の兄貴も勝っちゃったん」で(大汗)。

スポンサーリンク

友人に、川崎サポの元「風呂屋の息子」ってのがいまして。

もう20数年の付き合いになるんですが、鉄道サークルとクイズサークルでいつもご一緒させてもらっている友人(仮にMさん、と表記します)が、大の巨人ファンであり、大の川崎ファン。そして一昨年の年末までは「風呂屋の息子」だった人がおりまして…。

以前は大田区の大鳥居の、羽田空港の近くに実家があってそこで銭湯をやってたので、函館旅行に行く際に近くの京急大鳥居駅前の東横インで前泊して(朝早い便で行ったので…)、宿にチェックインしてからそこから徒歩で彼の実家の銭湯に入りに行ったってことがありました。

ところが長年使ってた風呂釜がどうも限界に近くなってしまい、修繕の見積もりを出したら300万円ほどかかるというので廃業(お父上は既に亡くなられていて、番台にはお母上がいらっしゃいました)を決意し、一昨年の大晦日に閉店し、建物を取り壊して今は等価交換を経て家を購入して横浜に引っ越して今に至ってるそうです。

※そしたら去年の夏ぐらいにそこの跡地に10数件の新築一軒家が建つっていうネット広告を偶然目にして「そんなに広かったのか…」と(汗)

で、その友人が銭湯で使ってた「ケロリン」の洗面器を大量に残してまして、それをしっかりと洗った上で、

「賞品」として提供してました(左側の灰色のジャンパー着てるのがその川崎サポの友人です)。そしたら、貰い受ける人たちがみんな喜んじゃって(笑)。しかもちゃんと電車で持ち運べるように手提げのビニール袋も用意していて「さすがだなあ」と。

この友人は熱狂的な巨人ファンであり、川崎フロンターレのサポーターなんですが、何よりいい人だなあと思うのは「勝った時には大いに喜び、負けた時は軽くぼやいてすぐに切り替える。間違っても他人や選手を口汚く罵らない」タイプでしてサークルでも人望を集めてる人だったりします。

↑数年前に銭湯に行った時に銭湯に貼られてたFC東京のポスター。本人曰く「浴場組合が貼れ貼れ、って」と(爆)

某クイズサークルでは私の妻も子供が生まれる前までは参加してたんですが、この友人や、あと別の巨人ファンのメンバー(この人も実は巨人と川崎を掛け持ちしてました)と一緒に「巨人党」を名乗って東京ドーム応援ツアーとかサークルの例会オプションで組んでやってました(で、野球観戦しない人向けにはその野球の試合の前に東京ドームホテルでスイーツバイキングツアーとかをやったりして(汗))。で、ちなみにこの時は巨人が阿部慎之助のサヨナラ満塁ホームランという大劇的な決着で、妻が「さすがMさん。あの人と一緒に行くといいことがあるね♪」と帰宅後ご満悦でした…。

で、そんなMさんにとっても川崎の大逆転優勝と、川崎浴場組合連合会とコラボ(?)した風呂桶は嬉しかったろうなあ。自分よりかは8つぐらい年上の鉄道サークルの大先輩にあたる人なんですが、もう20数年もお世話になってまして(13年前の結婚式披露宴にも友人として出席してくれましたし)、もはや頭の上がらない次第なんですけど…いやはや、本当におめでとうございます。我がことのように嬉しいです(笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ