会計検査院「実は2種類の文書気づいてました。うちも忖度してました(てへぺろ」

会計検査院「2種類の文書気付いていた」(共同通信)

いやあこれ、ここまで来ると内閣、ひとつかふたつぐらいひっくり返るかもしれないな(呆)。

決裁文書の書き換えを巡り、会計検査院は12日、野党の会合で「財務省から提出された書類は基本的に書き換え後のものだった」と説明し「2種類の文書が存在することには検査中から気付いていた」と明らかにした。

すごいなー、この、

てへぺろ感が(爆)。

※はてなブロガーのアイキャッチャーでよく使われてる「いらすとや」さんから借りてきました(多謝)

財務省の森友文書“書き換え”、会計検査院「2種類あると気付いていた」と明かす 野党、ずさん検査指摘(ハフポスト)

で、もうちょっと詳しい記事がハフポストさんにありましたので。

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書をめぐる疑惑で、財務省が3月12日午前、14の文書に「書き換え」があったと認める調査結果を国会に報告した。(吉川慧・ハフポスト日本版)

これを受けて同日午後、野党6党が合同ヒアリングを国会内で実施。この中で、国有地売却の経緯を調査していた会計検査院の担当者が「2つの文書が存在すること」を検査中に把握していたと明かした。

野党議員からは、会計検査院の調査のずさんさを指摘する声があがった。

◆「決裁文書2つ存在」把握も、検査を続行

2017年2月、森友学園への国有地売却が問題視されると、その経緯について会計検査院が検査を実施。その過程において、今回「書き換え」が明らかになった決裁文書の一つ「貸付決議書」についても確認していた。

この文書について会計検査院は、財務省と国土交通省から提出を受けていた。

ところが、同院の検査担当者は、同じ文書にも関わらず「記述内容が異なっていた」ことに検査中から気づいていたという。にも関わらず、同院は検査を続行した。

ヒアリングに出席した会計検査院の担当者は「財務省の提出文書は、書き換え後のものだった」「財務省からは、提出した書類が最終版と説明を受けた」と明かした。

森ゆうこ議員(自由)は「会計検査院までちゃんとやっていないのかという話になる」と指摘した。

で、ヒアリングのやりとりは正直「どーでもいい」のと「ご想像の通り」なんで割愛しましたわ(苦笑)。

しかしまー、この一件。

まさか会計検査院までこう杜撰だったとはなー(失笑)。

スポンサーリンク

まあ麻生大臣、結局は「辞める」んだろうなあ…。

森友文書、答弁に合わせ書き換え=首相陳謝、麻生氏続投の意向―野党、学園への便宜追及(時事通信)

いやあ麻生太郎氏よ、今更「佐川氏に全責任がある」って言ったって、「はいそうですか?」と納得はしねえだろ?フツー(失笑)

政府は12日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省決裁文書14件が書き換えられたと国会に報告した。

 書き換え時期は異例の値引きが発覚した後の昨年2月下旬以降。麻生太郎副総理兼財務相は国会答弁に合わせる形で書き換えられたと認めた。安倍晋三首相は「国民に深くおわびする」と陳謝。だが、野党側は、首相夫人の昭恵氏が小学校名誉校長を一時務めた同学園に便宜を図った疑いがあるとみて追及を続ける構えで、首相は厳しい政権運営を強いられる。

 財務省は12日、参院予算、衆院財務金融両委員会の理事懇談会に調査報告書を提出。それによると、書き換えが確認されたのは学園への「売払決議書」「貸付決議書」など計14件で、変更は計200カ所を超える。籠池泰典前理事長が近畿財務局職員に対し、小学校用地を視察した昭恵氏が「いい土地ですから、前に進めてください」と話していたと紹介した記述が削除されていたことも分かった。

 このほか、土地取引を「特例的」と表現した部分や、これまで政府が否定してきた価格交渉が行われていたことをうかがわせる「価格等について協議した」といった記述も削除されていた。

 首相は国会報告後、首相官邸で記者団に「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態であり、行政の長として責任を痛感している」として陳謝。麻生氏の進退に関しては、「全容解明の責任を果たし、信頼回復に向け、組織を立て直すため全力を挙げて取り組んでもらいたい」と述べ、続投させる意向を強調した。

 麻生氏本人も記者団に「進退については考えていない」と辞任を否定。書き換えの最終責任者は当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官だとの見解を示すとともに、「理財局の一部職員により行われた」として、佐川氏の部下が近畿財務局に指示したと説明した。首相夫妻への忖度(そんたく)が働いたのではないかとの見方については「全然関係ない」と反論した。自身は11日に書き換えを知ったと述べた。

 これに対し、野党側は「誰が、いつ、なぜ書き換えたか分からない」と反発。麻生氏の辞任や、佐川氏と昭恵氏の証人喚問を求める方針だ。内閣総辞職に値するとの声も上がっている。 

「全容解明の責任を果たし、信頼回復に向け、組織を立て直すため全力を挙げて取り組んでもらいたい」とコメントした奴で、

辞めなかった奴はほとんどいない

んだけどなー。まあ官僚にはいなくはないけど、一応建前上、選挙を突破して政権を担ってる政治家や大臣でこれ言って辞めなかったやつはほとんど聞いたことないな。まあ麻生サンほどの当選回数を誇って、地元に財閥みたいなグループ企業持ってて、おまけに祖父の吉田茂の頃からの三世議員なぐらい金持ちだったら、別に一度や二度、総理大臣や財務大臣を「しくじって」も、選挙は問題ないんでしょう?

※ま、麻生大臣が財務大臣を「単独で」辞めるのか、内閣総辞職で「みんな一緒に」辞めるのかは知りませんけどねw

それにしても本当に不思議なのは、以前の記事にも書いたんですが、「こんな愛国者ゴロみたいな怪しい学校経営者にそこまでよく「便宜を図ろう」としたな、安倍総理および財務省」ってとこなんすよね。勿論、あんな怪しい奴(=籠池夫妻)が単身、財務省に乗り込んでも相手にされないのは言うまでもないわけで(ましてやタダに近い金額で国有地を払い下げてもらおうなんて図々しい事を…)、よほど、安倍総理とか、その奥さんに近い人とか、籠池氏に敏腕のコンサルタントみたいな人がついてその人の人脈等で「お近づきになった」ぐらいしか考えづらいんだけどな…。

少なくても「日本会議」ごときの圧力団体が政治家動かして財務省総出で「忖度」しなきゃならんほど力を持ってるとも思えないし(もしそうだとしたら、今よりも何倍も日本会議関係者や政治家の実名が出てるはずでしょうしね)。

野党、やるんだったらしっかり「政治家の仕事」をしろよ?

ま、野党の連中が「鬼の首を取ったかのような」はしゃぎっぷりをテレビで見るのは正直不愉快なんだけど…うーん、少しは「頭を使ってうまく」追い込めよ。これは野党の「ファインプレー」じゃなくて、与党の「ボーンヘッド」で今があるんだからな、と(単純にこれ、野球でいうとこの「1回表の攻撃」と「1回裏の攻撃」の関係に過ぎず、たまたま今回は野党の攻撃の番で、与党のエラーで得点圏でチャンスを迎えてるだけだし…)。

まあ辻元清美とか蓮舫あたりの「将来のことなんか知らん。今、この今、目立つだけがナンボ」みたいな単細胞の政治家にそれを求めるのも…ちょっと酷かな?(失笑)。少なくても国会前とかで「お仲間を動員して」デモって怪気炎を上げるのがメインにならんようにしっかり政治家の仕事をしろ。

アゴラ編集長殿の「作文」が(別の意味で)凄すぎるw

財務省が「有罪」なら、朝日新聞の挙証責任は一層重い(アゴラ)

いやあこの文章は凄い。なんといっても最初から最後まで、

「ちょっと何言ってるのかよくわかんない」

というサンドウィッチマン富澤氏のツッコミ以外何も出てこないw

…いやあアゴラ編集長殿、編集長自ら理論武装とすり替え。「誰と戦って」んだか(過去記事を見た感じ、「朝日新聞」が天敵らしいんですけどね、この人…)。とにかく必死だな、おい(失笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ