昨日の日本対ポーランド戦の視聴率は、平均44.2%にも達してたらしい。

W杯ポーランド戦 深夜で平均44・2% 瞬間最高54・0%!列島が日本の16強入り見守った(スポニチ)

ここ数年、「嫌なら見るな」「はいそうします」の結果(?)低視聴率に悩まされてるフジテレビにとっては大ラッキーボーナスとなった模様で。しかし44%なんてフジテレビぢゃサッカーW杯以外ぢゃもう二度とないんじゃね?というぐらいの(爆)

サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)1次リーグ最終戦、ポーランド戦を生中継したフジテレビ(後10・40〜深夜1・10)の平均視聴率は44・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが29日、分かった。

 19日の初戦、コロンビア戦(NHK総合、後9・53)で記録した48・7%には及ばなかったが、24日深夜に放送された第2戦、セネガル戦(日本テレビ、後11・40)の30・9%を上回った。引き分け以上で10年南アフリカ大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる大一番だっただけに、深夜ながら高い注目を集めた。

 瞬間最高視聴率は午後11時46分に記録した54・0%。前半を0−0で折り返した場面だった。

 同局のサッカー中継の視聴率では、02年W杯日韓大会のロシア戦(6月9日)でマークした66・1%、98年W杯アジア地区第3代表決定戦のイラン戦(11月16日)での47・9%に次いで歴代3位の記録となった。

 西野監督が24日のセネガル戦から先発6人を入れ替えて望んだ大一番。0−0で迎えた後半14分、警戒していたセットプレーから失点。終盤は、他会場の試合経過をにらみつつ、リスクを冒すことなく後方でボールを回しをして時間を稼いだ。0−1で敗れたものの、勝ち点で並んだセネガルにフェアプレーポイントで上回り、決勝トーナメントに進出した。

たぶんこれでフジテレビは…まあそうだな、社員食堂がタダになるぐらいかな?(苦笑)

スポンサーリンク

ただCX特有の内輪受け=渋谷の中継はいらんかったな。

ただ、中継を見てて「あー、フジテレビ。やっぱり内輪受けが大好きなんだなこいつら」と思ったのが、ハーフタイム中(試合は見てなかったんですが、たぶん試合前も中継を入れたんでしょうね)に「JOY」とかいうタレントらしき人が渋谷のスポーツバーに出向いて馬鹿騒ぎしてるギャラリーと馬鹿騒ぎな中継をしてたり、試合後、盛り上がってるだろう渋谷駅前に向かえというテレビ局からの命令がありつつも、混乱を避けてロケバスからの中継でお茶を濁したり…と。

そういう中途半端なノリが「凋落」を招いたんだよ、ボケ。

と視聴者が失笑しそうな「いかにもフジテレビらしい」やり方も繰り広げてまして…。

やはりあいつらは「人気者出してパアパアやってれば馬鹿な視聴者は勝手に見るわ」的な視聴率ナンバー1だった頃の「バブル」の時代のやり方を捨てられないんだろうね…。逆にああいうのをやるんだったらもうちょっとまじめに番組作れば良かったのにねえ。やはり中継はNHKだけでじゅうぶんだわ(←なお意見には個人差があります(byさだまさし(をい)))

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ