日本、惜敗するも決勝トーナメント進出…コロンビアさん本当にありがとう。

フェアプレーの勝利だ! 日本が16強 ポーランド戦敗戦も2位通過で2大会ぶり突破(スポニチ)

しかしまー、セネガルとの差が「フェアプレーポイントの差」ってのが凄いですわ。

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第15日は24日、1次リーグ最終戦が行われ、H組の日本(FIFAランク61位)はポーランド(同8位)に0―1で敗れたが、H組2位で2010年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目となる決勝トーナメント進出が決まった。前回大会8強のコロンビアが1―0でセネガルを下して勝ち点6とし、3位から首位に浮上して1次リーグを突破。日本はセネガルと勝ち点4で並んだが、反則ポイントの少ない日本が2位となり、16強入りが決まった。日本は日本時間7月3日午前3時キックオフの決勝トーナメント1回戦でG組首位(イングランドかベルギー)と対戦する。

 初戦で強豪コロンビアに2―1で勝ち、第2戦でセネガルと2―2で引き分けた日本は、ポーランド戦に勝つか引き分ければ自力で1次リーグ突破が決まる1戦。西野朗監督(63)は同じ先発メンバーで戦った1、2戦目とは先発6人を入れ替え、フレッシュなメンバーで臨んだ。主将の長谷部、これまでの2戦でゴールを決めた香川、大迫、乾、本田は全員ベンチスタートとなり、岡崎、宇佐美、武藤、酒井高、山口、槙野が今大会初先発。武藤、酒井高、槙野はW杯初出場となった。

 3試合連続先発となった柴崎がこの試合でも何度も効果的なパスを配給。2戦連続でミスしたGK川島も前半32分にグロシツキの決定的なヘディングシュートを右手一本で止めるなど存在感を見せ、前半を0―0で折り返した。

 後半に入ると、2分には負傷した岡崎に代わって初戦で決勝ゴールを決めた大迫を早くも投入。8分には相手のカウンターに遭いゴール前がぽっかり空く決定的なピンチを迎えたが、GK川島が飛び込んでキャッチしピンチをしのぐ場面もあった。だが、ポーランドは後半14分、クルザワがキッカーを務めた左FKにベドナレクがダイレクトで右足を合わせシュート。GK川島も必死に手を伸ばしたが、ボールはゴール右隅に突き刺さり、日本は欲しかった先制点を相手に奪われた。

 日本は後半20分、2人目の交代カードを切り、宇佐美に代えてセネガル戦でゴールを決めた乾を投入。37分には武藤に代えて主将の長谷部もピッチに入った。その後は無理に攻撃せず、突破のためブーイングに耐えながらボール回しに終始。アディショナルタイムの3分間もしのぎ切り、試合に敗れながらも決勝トーナメント進出をもぎ取った。

昨日の韓国対ドイツ戦の、「既に予選GL敗退が決まってた韓国が、ドイツを道連れにした」試合を見てたので、「いやあ日本、下手すると同じシチュエーションでポーランドに喰われるぞ?」と一言書いてたんすけど…まさかこんな僅差で予選GLを突破できるとは思わなかったすねー。

で、最初は「リモコンいじるのがめんどくせー!!」と、日本対ポーランド戦をテレビ(フジテレビ)で、コロンビア対セネガル戦をネット(NHKの動画のライブ中継)を見てました。

日本対ポーランド戦が比較的「静かな」感じで試合が進んでたんですが、コロンビア対セネガルの試合はもう肉弾戦のようなぶつかり合いで、むしろ後者の方がサッカー観戦的にはおもしろかったですね。

スポンサーリンク

そしたらコロンビアがセネガル相手に先制してました。

で、日本が後半に入ってセットプレーから失点しまして、さてこのまま引き分けだと日本アウトなんだっけ?とか思いながら見てたら、

コロンビアが先制点を入れまして、「…あれ?」と。

日本、ボールを持ったまま攻めに行かずに…。

そしたら、

このリアルタイムでの順位が2-3位の日本とセネガルが入れ替わってました。どうも勝ち点も得失点も総得点も全くおんなじで、この場合は「フェアプレーポイント」、つまりはイエローカード・レッドカードの数が「少ない」方が有利になるという事でした。

そしたら、日本、長谷部が3人目で投入された途端に「あー、もう攻めねえでいいぞ」と。残り時間をほぼ全て自陣でパス回しという「いやあこんな日本代表戦、見たことねえわ」という試合になってました。さらに言えば「イエローカードも貰ってはいけない」と。いやあこれは見た目以上に難しいミッションを…。

なので私もチャンネルをNHKに切り替えまして(パソコンの画面は切って)、ちょいちょいフジテレビをチェックするようになりまして、

NHKの方でこういう速報が。ロスタイム3分もあのままだったそうです。

で、大喜びするコロンビアの皆さん。

フジテレビに戻しますと、

安堵の表情をしている日本代表の関係者の面々が。

西野監督がなんとも言えねえような表情でインタビューに答えてました。

まああくまでも個人的に一番驚いたのは「日本がこういう試合をする日が来るとは思わなかった」ってことでしょうかね。相手が同条件で試合を迎えて「ヤラレる方」ならまだしも「やる方」に回る日が来るとは。勿論、チケットを買って生観戦してた両国以外のサッカー好きならば「カネ返せこのやろう」になるしブーイングもするでしょうけども…。そして甲府サポ的には去年「試合には勝ったのにJ2降格が決まった」身としては、この展開だと、仕方ないけど「粛々と遂行した」選手たちを褒めてやりたいですね。

そしてコロンビアさんに感謝、大感謝(苦笑)

とりあえずコロンビアさんにはこのまま優勝を狙って貰うとして…。まあ日本は次はイングランドでもベルギーでもさすがに厳しいだろうな(汗)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ