女性巡査が操作情報を漏らした「彼氏」は暴力団組員…って昔のB級映画か(爆)

女性巡査が捜査情報漏えい=交際の組員に、書類送検―警視庁(時事通信)

なんつーか、この女性側の身の崩し方。「黄昏流星群」とかの弘兼憲史先生の漫画とか、安いB級映画やVシネマとかでありそうな「ベタ」な話だな、これ(苦笑)

警視庁新宿署の女性巡査(23)が捜査対象者の暴力団組員と交際して捜査情報を漏らしたとして、同庁は19日、地方公務員法違反容疑で巡査を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。

 同庁によると、女性巡査は昨年11月下旬から今年1月下旬まで捜査対象者の組員と交際。昨年12月中旬に新宿署内で自分の携帯電話を使用し、この組員に対し、捜査の進捗(しんちょく)状況などを漏らしたとされる。 

なんか本当に映画とかでありそうな話。話の途中でヤクに溺れたりとか、タトゥー背負った愛人と女性巡査がベッドの上で組んぬほぐれつをやってた上で、どんどん身を崩していきそうな…。なんか20年ぐらい前の映画だと中谷美紀に「身を崩していく女性巡査」とかの役が似合いそうだな。「嫌われ松子の一生」みたいな(苦笑)

…でもさ、実際はこんな「末端の」女性巡査なんか使わなくたって、どこぞの暴力団の上の連中と、警察署の偉いやつとかが「なあなあ」な「ズブズブ」な関係な奴だって幾らでもいるんでしょう? だって歌舞伎町なんか当然新宿署の管内だろうし、あそこらへんを取り仕切ってる「組」なんかはその昔、闇市を仕切っていた頃の連中から、警察署の歴代の幹部のお歴々と「大の仲良し」なこともあるんだろうし…。

だったらそっちからの情報のほうが「確度」や質が高いやつが入るだろうに、なんでこんな末端の女性巡査を「籠絡」して情報を取ろうとしたんだろうね。謎だ。まあたかが2ヶ月しか付き合ってないから捨てられたんだろうかね?

いずれにしても停職6ヶ月…これは事実上「退職金ちょっとは出すから自分から辞めなさい」という諭旨免職みたいなもんだし。馬鹿だねえ。

スポンサーリンク

一方、同じ「停職6ヶ月」ではこんな「不祥事」も。

“教え子と外泊”…中学校男性教諭を停職処分 東京都(東京MXテレビ)

まだこっちの方が可愛げがある話だわ(勿論やっちゃいけない話ではあるんですけども)。

東京都教育委員会は15日、教え子だった女子高校生とレンタルルームに宿泊した33歳の中学校の男性教諭を停職6カ月の処分としました。これを受けて男性教諭は当日付で辞職しました。

 都教委によりますと2017年11月、東京23区内の公立中学校に勤務する33歳の男性教諭は、都内の飲食店で以前勤めていた高校の女子生徒と食事をした後、保護者の同意を得ずに午後11時ごろからカラオケ店に入りました。その後、眠るためにレンタルルームに女子生徒と宿泊し、翌朝まで一緒に過ごしたということです。

 都教委は男性教諭を停職6カ月の処分としました。これを受けて男性教諭は当日付で辞職しました。

レンタルルームか…。ラブホぢゃないんだな(爆)。

そういえばレンタルルームで教諭が…っては↓こういう話もありましたね。

仕事帰りにレンタルルームで盗み働いて逮捕・懲戒免職になった53歳教諭…。(2018/02/26付)

確かにレンタルルーム。ド平日の真夜中であればラブホよりも安く借りられるとこもあるし(しかもネットから予約とかもできるし)、下手すればそれこそラブホなんかよりも設備が充実してるとこもあるそうですしね。まあ「翌朝まで一緒に過ごして何をしてた」のかは…聞くのは野暮ですが、これで停職6ヶ月、こちらも「退職金少しは出すから自分から辞めろ」って意味では一発レッドカードなのかー。

ま、俺がこの教師だったら上記の女性巡査の事件の記事を見たらこうぼやくだろうね。「俺の方は情報漏えいはしてねえよ」って(意味不明)

以上です。