Jアラートの訓練サイレンにすらクレームつけてくる藤沢の「プロ市民」たちw

Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が要請(神奈川新聞)

いやあ平和ボケここにありw

ある意味で何でも「飯のタネ」や「存在意義」にするたくましさはすごいねプロ市民(皮肉)

31日に県内全33市町村で予定されている「全国瞬時警報システム」(Jアラート)発動を想定した国民保護サイレン再生訓練について、藤沢市の市民グループが19日、同市に対して訓練の中止などを求める要請書を提出した。

 提出したのは「藤沢市のJアラート訓練に抗議する藤沢市民の会」(樋浦敬子代表)。「いたずらに恐怖心をあおる放送、合理的に説明できない行動への協力要請。音声再生に加えて避難行動についても協力を求める市の訓練に強く反対する」と中止を求めている。

 Jアラートは緊急情報を市民に伝達するためのシステム。情報には国民保護と自然災害に関する情報の2種類があり、今回は国民保護に関する警報のサイレン音再生を予定するが、放送方法や避難行動訓練実施の有無は各自治体に委ねられている。

 藤沢市は昨年11月に同訓練への参加を決定し、市内の保育園、幼稚園、市立小中学校、防災関連団体など約550施設・団体に対して、訓練周知の文書を配布した。防災行政無線と防災ラジオでサイレン音を放送するとし、「弾道ミサイル落下時の行動についてご協力をお願いします」と避難行動訓練への協力を求めている。

 これに対し、樋浦代表は「訓練の根拠が乏しく、情報も不十分な中で訓練をすれば、市民や子どもたちは混乱する」と指摘。訓練の想定が弾道ミサイル落下に絞られている点についても「外敵をつくりだし、市民に戦争やむなしとの感情を抱かせることにつながる」と強調した。

 市危機管理課は「要請書を精査した上で近日中に文書で回答する」としている。

いやあこういうのを、

平和ボケの言いがかり

って言うんだろうな。

スポンサーリンク

「被害」が起きたら全部国と自治体のせいにするくせにw

それにしても左翼運動。全学連とか新左翼とかの過激派のせいで何も変わらなかったし、挙句に内ゲバもやったりして世間にそっぽを向かれて、おまけに東西冷戦で左翼そのものの「理想郷」も「存在意義」もなくなっちゃってもうすぐ30年。こういうチマチマとしたクレームやいちゃもんをつけないとレゾンデートル、日本語で言えば存在意義・意味が見いだせなくなっちゃったプロ市民の人たちがねえ…。

いやあ凄いね、言い分が。

「外敵をつくりだし、市民に戦争やむなしとの感情を抱かせることにつながる」

…だってさ。つまりは「そんな事やってると本当にミサイルが落ちてきたらどうすんだ」といういかにも日本人が大好きそうな「言霊的」な言い分。なんつーか昭和30年台の日教組が大好きだった「日本国憲法第9条をお題目で唱えてれば外国から攻めて来ません」みたいな「空想的平和主義」から一ミリたりとも変わってないのが…いやあ凄いね。

でも、これで「万が一」、この界隈にミサイルが落下して被害が起きたら…国や自治体のせいにする気満々なんでしょう?

いやあ「世の中が平和なのは我々の存在のおかげ。戦乱が起きたら世の中のせい」っていう生き方。これほどラクな行き方もないだろうなー。あたかも「市民の代表」みたいなホルホル顔してるのも実に痛いし…、だったら北朝鮮、遠いんだったら横浜か都内の朝鮮総連に頼みに行けよ。イデオロギー的には「近い」ハズだから、話だけは聞いてくれるかもしれないよ。その願いがミサイルをぶっ放つ「偉大なる指導者様」にまで届くかどうかは知らんけど(爆)

…ま、百歩譲って私自身が思うのは、結局誤報で済んだけど先日流れてきた「スマホの緊急地震速報」、あれ結構心臓が痛くなるほど怖いんで少しマイルドにしてくれません?(泣)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ