【千葉ロッテ】そりゃ今は球団売却を完全否定するよ。山室「球団」社長だもの。

ロッテの山室社長 球団売却を完全否定 ZOZO前沢氏が「プロ野球球団を持ちたい」表明も(スポニチ)

先程の記事の話の続きになりますが…。そりゃそう言うだろうよ。剛腕の山室さん、あくまでも「球団」社長だもの。ロッテの社長じゃないんだから(爆)

ロッテの山室晋也社長(58)は17日、衣料品インターネット通販「ZOZO TOWN」を運営しているスタートトゥデイ社長の前沢友作氏(42)が、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです」と表明したことについて報道陣の取材に応え、球団売却を完全否定した。

 「絶対に売却はありえないし、今後についてもありえない。(交渉の)テーブルにつくこともありません」

 本拠地ZOZOマリンは2016年12月から10年間、同社と年間3億1000万円のネーミングライツ契約が結ばれているが、契約は千葉市と結んだもの。山室社長は「(前沢氏と)ごあいさつは何度かさせていただいたが、込み入ったことは話したことはない。引き続き、地元企業として一緒にやっていきたい」と話した。

まあ球団社長としては及第点なコメントだと思いますけどね。てか、仮に売却が進んでたor既にZOZOさんからそういう話を貰ってた、としても、ああいうコメントに終始するのは球団の社長としては「当然」でしょう。

スポンサーリンク

「ロッテ球団誕生から50年目」の意味とは。

去年の秋、大阪旅行に行った際に友人ご夫婦とロッテの話にもなったんですが、その旦那様の方(熱心な中日ファンの方なんですが、野球にも物凄く精通してる方でもあります)いわく「(元総理の)岸信介氏の斡旋で大映から買い取った経緯を考えれば、あのロッテの創業者が存命のうちは身売りはないんじゃないか?」との事でした。

※ついでに書くとその奥様の方は2004年以降のボビー・バレンタイン監督の時代に千葉マリンとかに行きまくって踊りまくってたコアなロッテファンだったと後日知って私自身、驚愕する次第だったんですけども(苦笑)

もともと今の千葉ロッテマリーンズは、最初は2リーグ分裂期に毎日新聞が巨人=読売新聞同様に新聞拡張の一環で親会社となってチームを持った(=毎日オリオンズ)のがきっかけで、実際はこの毎日参入を巡って賛成・反対で分かれたのがパ・リーグとセ・リーグでもあったのですが、後年、映画会社の大映が所有してるチーム(=「大映ユニオンズ」)と合併して「大毎オリオンズ」となり、後に毎日新聞が経営から撤退して「東京オリオンズ」となるも、映画業界が斜陽化して大映自体が経営が悪化、そんな折に、球団を持ちたいと言ってきた菓子メーカーのロッテを、大映のオーナーの友人だった元総理の岸信介氏(今の総理である安倍晋三氏のお祖父さんにあたります)の斡旋で紹介してもらい、業務提携して「ロッテオリオンズ」となった経緯がありました。

ただ、最初の数年間(1969年から3年間)は、大映側が経営権をもって、ロッテが冠スポンサーという形だったそうで今でいうとこの「ネーミングライツ」のような形だったそうですね。そして1972年から大映が球団経営から撤退し、ロッテが経営権を握って今に至る…という事になりました。

なので、8月21日に行われる、

この記念試合は「50周年」ではなく「50年目」という意味で、おそらくロッテが業務提携して「ロッテオリオンズ」というチーム名になった1969年から指して「50年目」の記念試合、という位置づけなんでしょうね(なので来年もロッテが引き続き「千葉ロッテマリーンズ」として球団経営をしていれば、改めて「50周年」の記念試合は企画されるんじゃないでしょうか)。

…という経緯があるので、友人氏は「まあ球団に思い入れがある創業者(=球団オーナーの重光武雄氏)の目の色が黒いうちは売却はないだろうねえ」と言っていた次第です。

明らかに、近年のロッテには球団経営の意欲が感じられない。

ただ、個人的には、仮にZOZOさんが球団を買い取ってそれなりの資金提供や意欲を持った球団経営をしてくれてもありがたいなーと思うし(それはZOZOさんと共によく名前が出て噂になっているLIXILさんでもいいんですが)、逆にロッテさんが、ここ数年の体たらくを反省して、然るべき資金提供と、球団経営の意欲を持って今後臨んでくれるんだったらそれでもいいや、とも思っている次第です。

でもまあ去年のぶっちぎりの最下位の時の及第経営の意欲のなさ、ここ数年のオーナー含めて創業家が揃って「母国」で、チームに投下してる資金の何十倍もの金額を脱税して収監されり裁判沙汰になったりしてるのを見ると、

まあ親会社ロッテはやる気がねえな。

と思われても仕方がない「傍証」は幾らでもあるだけに、それはいくら球団そのものがナイスなアイデアを出して宣伝して、注目されてスタジアムに観客を呼び込んで動員数を増やしても、そりゃみずほ銀行の辣腕サラリーマンだった山室球団社長の人望や辣腕さや行動力があっても、親会社があれじゃなあ…というのはもうどうしようもないとこまで来てますしね。

というかこれを書いている現在進行系で、親会社のロッテとZOZO、もしくは他の球団経営に意欲のある企業などがどこまで水面下で交渉してるのかはさだかではない…ですが、どっちにしても球団社長はそこまで高度なレベルの交渉事には関われないでしょう(球団そのものがどのようなバランスシートで保っているかみたいなデータは出すことはできるでしょうけど)。なので、球団社長からすれば「いや親会社からはそういう話は何も聞いてない」が実情なのか、それとも「実は経営陣の内紛でロッテが球団を手放したがっていて、かなりの所まで話が進んでいて、あのZOZOの社長さんのツイートが」みたいな話になってるのかもしれないし。

そこらへんを想像すると、なんか実はえらいことになってそうだなあって気もするんですが、とりあえず今のところはマリーンズも上手く行けばAクラスも見えてきてるいい順位、ほどほどの勝率のとこにいるんで、現場はとにかく今与えられた仕事を粛々とこなしてほしいなあとは思う今日この頃です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ