吉澤ひとみがひき逃げしたドラレコの動画を見た…のだが、信号無視もか(呆)

By: Ethan

吉澤ひとみ容疑者 逃走後110番するまでに夫とSNS(テレビ朝日)

どうもこの人、昨晩「だけ」酒を飲んでたって量でもなさそうだし、警察等への証言も「なにか隠してる部分なくない?」という気がするのだが…。

元「モーニング娘。」メンバーの吉澤ひとみ容疑者(33)が酒を飲んで運転したうえ、ひき逃げをしたとして逮捕された事件で、吉澤容疑者が逃走してから110番通報するまでの間に夫と連絡を取っていたことが分かりました。

 吉澤容疑者は6日朝、酒を飲んだ状態で車を運転し、東京・中野区の交差点で自転車に乗っていた20代の女性をはねてそのまま逃げた疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、吉澤容疑者は女性をはねてから自らが110番通報するまでの15分の間に、夫にSNSで連絡を取っていたことが分かりました。事故について相談をしていたとみられています。吉澤容疑者は通報の際に「駐車している車が多くて停車できなかったので今、電話しました」と説明していました。警視庁は事故前後の行動を詳しく調べています。

いやー、普通だったら5-10メートル先に車を止めて、すっ飛んできて平身低頭おわびしつつ、救護作業と110・119番通報でしょうよ。その「15分」の間にひかれた人が死んじゃったらどうしてたのよ?って感じなんだけどね。

スポンサーリンク

と思ったら、ドラレコの動画がアップされていた。

いつ消えるかどうかわかんないんで、念の為、検索して探してきたYouTubeのと、Twitterにアップされてたのを両方載せておきますが…。

↑YouTube

↑Twitter(お借りしてきました(多謝))。

で、「現場」はこんな感じになってたようですね。

↑やはりお借りしてきました(多謝)。

要は、この上空からの図および説明がないと、歩行者のほうが信号機が赤なのにフライングして渡ろうとしたとこに、右折表示が出ている交差点を直進してツッコんできた吉澤ひとみの車が轢いちゃった…という「フライングしてる歩行者にも責任があるだろ、コラ。」的な議論になりかねない話ですからね。つまりは右折の表示が出てる時はもう横断歩道の信号は青になってるんでしょうね。

…で、一応これも調べたんですが、この通りって都道317号線、別名を「山手通り」と呼ばれていて、地下には首都高速の中央環状線の「山手トンネル」が走ってるあたりなんですね。で、事故現場は東中野駅前…とのことで(だからこそ横断歩道を優先的に青にしないと東中野駅に向かう歩行者をさばけないんでしょう)。

ついでに書くと、吉澤ひとみが走ってたのは南(代々木・初台・西新宿・中野坂上方面)から北(中井・椎名町・北池袋)の方向で、人を轢いた横断歩道の先は橋になっていてJR総武線・中央快速線が走っているんですが、ストリートビューで見た感じ「駐停車禁止」の標識はなく、止めようと思えばすぐにでも停められる場所でもあったようでこの時点でも「これだけ大きな交差点で信号無視して直進する時点でおかしい」し「逃げる気満々だったんだな」って感じがどうも否めないんすよね…。

よくぞ死亡事故にならなかったな、と思うぐらいの事故で…。

なのでその「通報するまでの15分」という長い時間が「加害者としての誠意が全くねえなあ」と。

事故について相談って自体が「どうやってごまかそう」「どうやって(加害者たる自分サイドへの)被害を食い止めよう」にしか見えないし。

これが例えば駐停車禁止の標識があったとしても、慌てて横断歩道の先で止まって、本人が居りてきて救護活動なり110番・119番をしていれば「すみません。遅刻しそうで慌てていて信号をよく見てませんでした」で済んだかもしれないのに(むろん、飲酒運転云々は別としてね。でも被害者側には多少でも誠意は見せることができるでしょうよ…)。もしかしたらその15分の間にアルコールチェッカーでひっかからないように水をがぶ飲みして「ごまかそう」としてたのかもしれないなあ(なんかこれと似たようなことを誰かがコメンテーターとしてテレビで言ってましたね。確か西川史子センセイあたりだったか…)。

なんか実際は早朝3-4時まで「痛飲」してて、目が覚めたら遅刻確定な時間で、タクシーを呼ぶ余裕もなくとりあえず車で猛ダッシュで仕事の現場へ…ってのが現実っぽいなあ。

それにしても「飲酒運転+信号無視+ひき逃げ」というひとつでも確実に「芸能人としては」アウトな行為を3つ重ねたトリプルプレー的な交通事故。あれだけ豪快に轢いていて、よくぞ被害を食らった方が亡くならなかったものだ…とその不幸中の幸いだけは思いますわ。

たぶん芸能界への復帰は無理だろうなあ。仮にこれ、公務員だったら一発で懲戒免職モノな交通事故でしょうからね。同じドライバーとして思うのは、もう二度とハンドルを握っちゃ駄目だわこの人、と。