なるほどねー、吉本興業の社長はあの会見で「昼行灯の大石内蔵助」を演ったのかw

計算ずくだった?吉本興業・岡本社長のグダグダ会見(東スポ)

世界の東スポさんより(笑)。確かに吉本の大崎会長が「あの会見はそんなに悪くない」って言ってた話はあの記者会見の後にネットのニュースで見た記憶があったんですが…そういう意味ではしたたかなおっさんなんだなあ、この社長(失笑)

 吉本興業の一連のお家騒動で、「極楽とんぼ」加藤浩次(50)の上層部批判を収めた“陰の立役者”と言われるのが、なんと「芸能史に残るグダグダ会見」を行った岡本昭彦社長だという。

 岡本社長は7月22日、5時間半にわたる会見を行ったが、質問にまともに答えようとせずグダグダの発言を連発。各方面から大きな批判を浴びたが…。

 社長会見の2日前には、宮迫博之と田村亮が謝罪会見で岡本社長のパワハラを告発。会見当日の朝には「スッキリ」で加藤が、会長と社長の退陣を迫った。

「そうした中で会見した岡本社長だが、宮迫、亮、加藤を含め誰一人責めるような発言はなかった。自身のパワハラは『冗談だった』と言ってあきれられたけど、それ以外はノラリクラリとかわし続けた。もし会見で誰かを攻撃していたら、言われた芸人はもちろん、『一人も辞めさせない』と言っている松本も怒らせることになる。最初から『まともには答えない』と決めていたのでは? まぁそのせいで“グダグダ”と言われてしまったのだけど」(芸能プロ関係者)

 この会見について大崎洋会長は「そんなに悪いとは思っていない」と話したというが、事態を早く収束させるため、最初から「まともに答えない」という狙いがあったようだ。

 また吉本興業は9日、反社会的勢力の宴会に出席して金銭を受け取るなどした「闇営業」問題で、謹慎中の所属芸人11人について、19日に処分を解くと公式サイトで発表した。

 処分解除が決まったのはレイザーラモンHG、「ガリットチュウ」福島善成、くまだまさし、「ザ・パンチ」パンチ浜崎、「天津」木村卓寛、ムーディ勝山、「ストロベビー」ディエゴ、スリムクラブ(真栄田賢、内間政成)、2700(八十島宏行、常道裕史)の11人。吉本運営の劇場で活動を再開する。

 復帰が決まった11人は、闇営業で3万~10万円のギャラを受け取っていた。なお宮迫、亮については、吉本との契約状況を含めて触れていない。

なんつーか、昨年の日大アメフト部の監督とホモビコーチの記者会見と変わらねえじゃん、なんてあん時はツッコミを禁じ得なかったんですけど、これらも終わってみれば「最高のガス抜き」って意味での企業防衛の方法の一つだったんかもなあ。良くも悪くも。

スポンサーリンク

つまりはしたたかに「バカを演じて」たんでしょう。

これで思い出すのが、「忠臣蔵」で赤穂浪士のリーダーだった大石内蔵助が、吉良邸に討ち入りする前の段階で「浅野家の再興」か「吉良上野介への復讐か」で二分されていた赤穂藩の連中をよそに茶屋や郭に入り浸って放蕩しまくっていた…という話なんですねえ。「忠臣蔵」では、これを吉良側(および吉良上野介の息子が養子に入った大名・上杉家側)の目を欺くための「演技」だったという話が有名なんですが、あの話がどこまで本当かどうかは別にしても、なんかこの吉本興業の社長は「わざと」ああいう演技をやったんじゃないか…って気がしてならんのですね。

第一に「あの会見をやった理由は→何を守るために矢面に立ったのか」というのを考えると、あそこで世間が沸騰し(世間が沸騰、ネットが炎上するのは百も承知だったでしょう)、むしろ世の中が怒り心頭になったあと、「熱しやすく冷めやすい」国民性を冷静に見極めて、「まあ怒ってれば?俺らは何も変わらないし、物事の本質はそこじゃないけどね」と、たぶんどこかで考えたんだろうな、と。

ま、例えに使うのは申し訳ないですが、悲惨な事件や事故があった際に、例えば加害者が未成年で本名も出ない(ネットを探せば出てくることは多いですけど)、刑罰も大人よりも軽い、被害者や遺族は浮かばれない…で、世間がその理不尽さに対して少年法とかについて怒りが沸騰すればするほど、「冷めていくのも早く、世の中の連中が忘れるのも加速度に早くなる」のも事実で(最近では池袋の「上級国民」の交通事故とかもそうでしょう?結局あの爺さん、現時点で逮捕も何もされてないし…)、まああの社長からすれば「命までは取られるわけじゃないし…大石内蔵助みたいな昼行灯を5時間ぐらい演じてればいいや」って判断であの記者会見をやっていた…すれば、逆に「そうか、そういう意味で大崎会長は「あの会見はそんなに悪くない」って評価したんだな」とむしろ感心しちゃうわけですな。もしかしたらあの記者会見で軽いトラウマ抱えて3日ぐらい悪夢にうなされてた可能性もあるかもしれんけど(^_^;)

で、これが本当に「いい人」が社長で記者会見場で吉本興業の本当にヤバい部分までポロッと口に出しちゃったら(例えば反社会的勢力と現在進行系でズブズブでしたー、みたいな)大変な事になっちゃったんでしょうが、しょせんは「(芸人に対してパワハラ的な事を)言った、言わない」の水掛け論でしたしね、あの会見。

まさに「人の噂も七十五日」ってやつで。

逆に「そういう計算もなしで記者会見に応じちゃった」例が、NGT48の事件の時の運営側の連中でしょうね。

おそらく主目的および途中まではこの吉本の社長と同じ流れで、「我々が記者会見という辛い時間をひとまず過ごせば、後は世間が忘れた頃に活動再開すれば万事OK。何も変えないし変わらない」と余裕をぶっこいてたとこに、まさか当事者の山口真帆嬢のツイートが記者会見場に質問に出る…という、想定外な出来事が発生しちゃって運営側が慌てふためいたんでしょうね。その後、グループのリーダー格らしきメンバーがSNSで誤爆したりと自ら傷口を広げちゃってましたけど…。

なので「if」で想像したらアレですが、もしあそこに当事者のタレントとか、反社会的勢力で吉本に恨みを持ってる勢力とかがリアルタイムでTwitterで「岡本、それは違うだろ。本当は××だろうが」とかアップして、それが流れたら果たしてどうなってたか。

まあそれでもなんとなくですがあの社長のことだから、いけしゃあしゃあとそばにいる顧問弁護士みたいな人に話を丸投げして、引き続き「昼行灯」を演じてたんじゃないすかね。それはなんかちょっと見てみたかったような気がする…んですが(笑)、まあ吉本興業のタレント自体も、決して「一枚岩」でなかったし、物事の本質的に、「そもそもは宮迫氏の脇が甘いとこから始まったんだろう?」からスタートしてるんで、吉本興業的には「(本当にヤバい部分)はあの会見で徹底的に守ることができて結果オーライ」だったんだろうなあ、とは思います、はい。

てか、「もし本当に、あえてああいう記者会見を開いて”演じてた”」としたら、逆に吉本興業の上の人たちは世間の怒り方とか沸騰の仕方とかをよくわかってんなーって感じですね。まさに「人の噂も四十九日」もとい「人の噂も七十五日」ですな(苦笑)

江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)
静霞 薫 藤科 遥市 加来 耕三
ポプラ社
売り上げランキング: 150,342

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ