「弱い犬ほどよく吠える」ウーマン村本の今度の相手は小林よしのりか(失笑)

ウーマン村本、小林よしのり氏を批判「お前みたいなバカがひとりひとりの発言を萎縮させる」(スポーツ報知)

なんつーかウーマン村本のやり方はビーフステーキで言えば「香ばしい」とかレア以前の肉の中が生焼け感ありありの中途半端さしか感じないのはなぜだろう…やはり「無知」だからか?

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が25日、自身のツイッターを更新。漫画家の小林よしのり氏(65)に痛烈な言葉を浴びせた。

 村本は21日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)のインタビューで、「テレビは不安を解消するための道具で、真実を伝えるための道具ではない」などと発言。自身のツイッターが度々炎上することにも「自分の見たものを発信することが誰かの何かを刺激する。炎上したら広がる。広がったら考える人がいる」と持論を展開。この発言にMCの羽鳥慎一アナウンサー(47)は「僕は違うと思う。広めるために炎上させようというのはダメだと思う」と反論していた。

 小林氏は23日にブログで「そもそも村本の炎上ツイッターは『真実』を伝えているのか?炎上したら議論のきっかけになるという論法は単なる無責任でしかない」「羽鳥慎一が村本の無責任発言に『違うと思う』と言い張った根性は大したものだ。羽鳥はプロの覚悟を持っている」など見解をつづった。

 村本は25日のツイッターで、小林氏の発言を報じるネットニュースを貼り付け、「お前みたいなバカがひとりひとりの発言を萎縮させる」と小林氏を猛批判した。

なんつーか、以前、フジテレビの演芸番組で社会風刺のネタをまくたてるように喋ってた時は「最近こういう芸人はいなかったから、おもしろい奴が出てきたなあ」ってちょっと期待もしたんだが、その後、SNSなどでケンカ売ってる方向があまりにも全方向すぎて、単なる「かまってちゃん」だったんだなと気づいた時のガッカリさがねえ。

スポンサーリンク

「相手」にする小林よしのり陣営も大変だな…(苦笑)

通常の著名人だったら「バカには何を言っても仕方がねえ。ほっとけ。そのうち消える」…と、例えば立川談志師匠とかはその無知さを即座に見抜いて相手にはしないでしょう。本当に有能な芸人だったら、その間に談志師匠と懇意の構成作家やベテランの関西芸人が介入して、一緒に飲んで「盛り上げていこうや」って意気投合とかするのかもしれないですけどね。

ただ、残念ながら同じ社会風刺をするにもしても、「爆笑問題」には知識も知恵も到底及んでないし、爆笑問題の場合、太田光氏が全方位でケンカを売りそうなところを田中裕二氏がしっかりと手綱を離さずにツッコミしてコントロールしてるわ、太田氏の奥様であり事務所の社長さんがかかあ天下ばりに尻に敷いてるから「本当にデンジャラスゾーンなことはしない」わけで。せいぜい世間の反対側に駒を置く程度で、そこで物議を醸してるぐらいの話で「抑えている」ところが、やはりクレバーだな、と。

…で、ウーマン村本の次の「相手」は小林よしのりか…。あの人も基本的に「相手は選ばない」人だからなあ。しかし以前は漫画でこてんぱんに書いてたけど、今はブログとかで「気軽に」持論を書いちゃう時代になったもんだから更に泥沼になる可能性も高いわけで。でもそれを見越してウーマン村本が「選んで」小林よしのり陣営にケンカを売ったような気もするし、そう考えると、「めんどくせえのを相手にするんだな、あんたら」と、同情を禁じ得ないのはなぜだろう(苦笑)

しかしウーマン村本、なんと38歳なのか…やり方がいかにも中二病こじらせたっぽいのがガキというか、青臭いというか。ケンカ相手が居て、そういう血の気が多い著名人に「相手」してもらっているうちが華、なんでしょうな。きっと。いやあ私は仮に論壇に居たらこんな「めんどくせえ、無知な輩」は相手にしませんわ。「弱い犬ほどよく吠える」と皮肉ってオシマイでしょうな…。

村本論: 妬み恨みを強みに変える、ネガポジ365日
村本 大輔
小学館
売り上げランキング: 143,903

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ