さすが政治家様たちだ。この緊急事態に呑気に「和牛商品券」なぞ…(呆)

[新型コロナ] 和牛消費へ商品券 経済対策自民が検討(日本農業新聞)

「わーいパンデミックだー、非常時だー、利権のチャンスだー」って呑気にもウキウキしてる自民党の政治家様たちを、この新型コロナウイルスの最前線に無防備でパンツ一丁で送り込め。話はそこからだ。

自民党が検討している新型コロナウイルスの感染拡大に伴う農業分野の経済対策の骨格が24日、判明した。和牛などの需要を喚起するため、購入を促す商品券を発行。肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)の負担金免除、花きの次期作支援、人手不足解消に向けたスマート農業の推進などを盛り込む方向だ。

 党農林幹部での調整を経て、農林部会が26日にも取りまとめる。その後、同党全体で対策を集約し、政府に提言する。これを見据え、安倍晋三首相は27日に予定される2020年度予算案成立後、経済対策の財源となる補正予算案の編成をただちに指示する見通しだ。

 インバウンド(訪日外国人)の減少や外食の自粛で、和牛の需要は激減。牛肉など品目を限った商品券で効果的に消費を促したい考えだ。ただ、党内には他の分野でも商品券の発行を求める意見があり、調整が難航する可能性もある。

 牛マルキンの負担金免除は、肉牛農家の資金繰りを支援するもの。卒業式などの中止で需要が激減した花きは、次期作の支援、公共施設を活用したPRなども進める。

 出入国規制で外国人技能実習生の受け入れの見通しが立たない問題については、スマート農業の推進、JAによる人員派遣などの支援策を盛り込む方針だ。

 中国産のタマネギなど加工・業務用野菜の輸入減少を受け、国産への転換も推進する。皮むきなどの一次加工や花きのコールドチェーンといった生産・流通・加工の体制を整備。この他、需要が減った農畜産物の販促活動や在庫増に備えた対策なども盛り込む方針だ。

いやーこれはさすがにツッコミを禁じえないわ。

冗談は顔だけにしろよ(呆)

てか、国会の会議室とか、ホテルの会議室とか砂防会館(←いやもうないけど)みたいなとこで新型コロナウイルスのどさくさに紛れてこんなくだらねえ事を話し合いして決めてたのか。

しかしいくら野党がクソ弱いからって言ったって、かつての民主党の鳩山由紀夫政権ができたのは「野党が勝った」んじゃなくて「麻生政権があまりにもお粗末すぎて自民党が負けたからだからな。その時の総理大臣様が今では長期政権の財務大臣をやってるようですけども…やはり権力って腐敗するもんなんだなあ。

いずれにしても馬鹿は学習能力はないし、政治家様たちは高学歴な人が多いけどもこの手の事については、学歴と頭の善し悪しは全く関係ないってのがよーくわかる愚策としか思えんわ。

 

↑ちなみに私は和牛よりもミルクボーイのほうが好きです(←聞いてねえよw)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ