というわけで案の定、緊急事態宣言が3月まで延期されましたな…。

緊急事態宣言 10都府県は来月7日まで延長 栃木県は解除 菅首相(NHKニュース)

ま、これは最初からある程度は予想されてたので驚きは私自身はない…んですが、果たしてここ数日の都内の患者数3桁の数字は意図的にいじった数字じゃない事だけは祈りますわ(失笑)

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言について、菅総理大臣は栃木県は解除し東京や大阪などの10の都府県は来月7日まで延長することを表明しました。

政府は2日夜、総理大臣官邸で新型コロナウイルス対策本部を開き、菅総理大臣のほか西村経済再生担当大臣や田村厚生労働大臣らが出席しました。

この中で菅総理大臣は「先月の緊急事態宣言の発出以降、東京をはじめ全国の新規感染者数は減少傾向にあり、飲食店の時間短縮を中心とする今回の対策がはっきり効果を上げていると考えられる。今後も減少傾向を継続させ入院者数、重症者数を減少させる必要がある」と述べました。

そのうえで、緊急事態宣言について栃木県は今月7日で解除し、東京や大阪などの10の都府県は来月7日まで延長することを表明しました。

一方、感染状況などが改善した場合は期限の前でも解除する考えを示しました。

そして「必要な方が必要な医療を受けることができるように引き続き各自治体と一体となって病床の確保に全力を挙げていく。国民の命と暮らしを守るため、各大臣は引き続き対策を徹底し、感染の減少に向けて全力で取り組むようお願いする」と指示しました。

このあと菅総理大臣は記者会見し、延長の理由などを説明し対策への協力を呼びかける見通しです。

で、そのガースー氏の記者会見(ただしNHKのホームページのネット同時中継の動画ですけども)を見ながらこれを書いてる次第です。はい。

スポンサーリンク

義父の通夜・告別式やクイズサークルにも多少の影響がありました。

で、記事の続きになりますが…。

「基本的対処方針」変更

緊急事態宣言の延長に合わせて「基本的対処方針」も変更されます。

緊急事態措置を実施すべき区域から、栃木県が除外され、東京都や大阪府、愛知県、福岡県など10都府県とし、措置を実施すべき期間は、来月7日まで延長されます。

一方、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められる時は、速やかに緊急事態を解除するとしています。

具体的な対応では、宣言の対象地域で要請してきた外出や移動の自粛について「日中も含め」と新たに明記しました。

そして、都道府県をまたいだ移動や、感染が拡大している地域への移動は極力控えるよう促すとしています。

また、飲食店に対しては引き続き、営業時間を午後8時までに短縮することに加え、業種別の感染防止のガイドラインを順守するよう要請するとしていて、できるかぎり個別に施設に対して働きかけを行うよう求めています。

さらに「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、接触機会を減らすため、テレワークなどをさらに徹底することとしています。

一方、病床のひっ迫により、自宅療養する人が増えていることから、血液中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」の貸与を行うなど、患者の症状の変化を迅速に把握できるよう、環境整備を進めるとしています。

また、病床のひっ迫を改善するため、症状が回復した患者の転院先となる医療機関の確保をさらに進めるほか、高齢者施設などでの受け入れを促進することとしています。

さらに、感染者が多い地域では、高齢者施設の従事者などへの検査を来月までをめどに集中的に実施し、その後も地域の感染状況に応じ、定期的に実施するとしています。

そして、高齢者施設などで感染者が一例でも確認された場合には、感染制御や業務継続を支援するチームを迅速に派遣するなど、都道府県に、支援の仕組みを構築するよう努めることを求めています。

このほか変異した新型コロナウイルスについて、検疫の強化を検討するほか、国内の監視体制を強化するとしています。

一方、緊急事態宣言が解除される地域については、対策の緩和は段階的に行い、必要な対策は「ステージ2」相当以下に下がるまで続けることを基本としています。

具体的には、外出の自粛は当面、日中も含めて要請するとしていて、地域の感染状況などを踏まえ、段階的に緩和することとしています。

また、飲食店の営業時間の短縮についても「ステージ2」相当以下に下がるまで継続するとし、営業時間や対象地域などは知事が判断するとしています。

で、先日、一緒に住んでた妻の父が亡くなりまして、

本日、我が家の7年半にも及んだ「老人介護」が終わりました。

2021年1月25日

そのお通夜と告別式が一昨日・昨日と、隣町の斎場(火葬場と同じ施設内の)で執り行われまして、私は告別式だけ参列しました。ま、お通夜に参列できなかったのは3日前の夜に7歳の息子が嘔吐・発熱したからで、お通夜の当日は平熱まで戻ったのですがやはり大事を取って…ということで私も家で息子と留守番をしてたというわけです。そして告別式は息子ともども参列しまして、最後のお別れと火葬、更に骨上げも立ち会わせていただきました。

そしてこの通夜・告別式はこのご時世、もっといえば「緊急事態宣言下で執り行わねばならない」事になったこともあり、最初から親しい身内だけを呼んでの家族葬となり、どちらも10人そこそこぐらいの参列者となりました。で、火葬の際に控室でいつもだと飲み物や精進落しの仕出し弁当とかも出るのですが、火葬場が飲み物は別にしても食べ物は持ち込み禁止となっていて今回はお通夜・告別式ともども、参列者の皆さんに最後お弁当を手提げの冷蔵パックに入れてお渡しして終了、といういつもと違う流れの葬送でしたね。そして最終的には自宅で食べることになったんですけど。それにしても去年の今頃は1ヶ月近い入院の末に回復して帰宅できてた義父を、その1年後によりによってこのタイミングで「葬送する」ことになるとは思いませんでしたねえ…。

それともうひとつ、所属しているクイズサークルの岩Q槻に関しても、

新型コロナ禍の影響で、来週のクイズサークル岩Q槻の1月例会が中止という事に。

2021年1月5日

既に先月に発令された緊急事態宣言の影響でまず1月例会が中止となり、更に2月例会も当初「延長される前の段階の最終日(つまりは2月7日)」と丸かぶりでしてこちらも中止になっておりました。その上、3月例会が実は「今回延長された際の、その最終日(つまりは3月7日)」で、本当は中止…にしようと思ったのですが、その翌週以降の空き部屋情報を調べたらどーにか空いてまして、こちらは後日、日程変更して3月中に代替開催する予定になりました。まあこれも「緊急事態宣言が再延長」されちゃったら当然中止になってしまうんですけどね(大汗)。

いずれにしても皆々様、何卒まずは手洗い・うがい・マスクあたりの予防を徹底しつつ、我々庶民ができるレベルのとこから地道にやっていくしかないんでしょうね。早いとこ終息してくれると嬉しいんですが…たぶんワクチンが完全普及するまでの間に、第5波、第6波(?)もそれなりにやってきそうな予感しかしませんし…うーん、一筋縄ではいかんなあ。

以上です。

↑去年の今頃ぐらいからマスクが手に入りづらくなったの思えば…まだまだ今年はねえ(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ